デジタルツイン開発のシンメトリー、静岡県のオープンデータを活用した都市のデジタルツイン構築及び、都市インフラの老朽化問題解決のための実証実験を実施しました。

都市空間のデジタルツイン構築及びプラットフォーム開発を行うSymmetry Dimensions Inc.(本社:米国デラウェア州、CEO:沼倉正吾、以下シンメトリー)は、静岡県がオープンデータとして提供を行う3次元点群データを活用し、都市インフラのデジタルツインを構築することで、社会インフラの維持管理を効率化するための実証実験を行いました。
【取り組みの背景】
先進国の社会インフラは老朽化が進み、インフラ維持管理コストの増大、少子高齢化と業務の難しさによる人材不足といった課題に直面しています。この課題を解決するため、インフラが壊れた後に対処を行う事後保全の考えから、壊れる前に対応する「予防保全」「予知保全」の考えをベースに、デジタル技術を活用し作業の効率化が求められています。

【取り組み概要】
静岡県が構築した3次元データ保管管理システム「PCDB」(Point Cloud Data Base)及びG空間情報センターで公開されている点群データをベースとし、静岡県伊豆東部エリアの上下水道3次元データ、管理情報、図面、ハザードマップ、2次元地図データなどの情報を統合し、都市インフラのデジタルツインを構築することで、社会インフラの維持管理を効率化する実験に取り組みました。

【社会インフラの予防保全計画作成業務での活用】
今までは社会インフラの予防保全計画を立てる際、別々の部署で紙で管理されている膨大な情報を集め、分析、計画の作成を行っていました。デジタルツインを活用することで、計画作成に必要なデータをプラットフォーム上で統合することで、災害時のインフラ被害予想箇所、耐用年数が迫っているインフラなどの情報が可視化され、優先的に点検が必要な箇所を明確にし、計画作業の効率化を実現します。


【工事現場での活用】
工事現場でのデジタルツインの活用として、建設現場における遠隔管理の実証実験を行いました。
現場管理者は遠隔から、現場の様子をデジタルツイン上で確認、指示、現場注意事項を入力することが可能です。デジタルツイン上で入力された指示内容はARグラスなどを通じて、現場で確認することが出来ます。
また同じように、現実空間でARグラスなどを使用し入力した内容は、デジタルツイン上に反映されます。
これにより現場経験の浅いスタッフでも現場管理者と遠隔で連携し、現場管理をスムーズに行うことが可能になります。
また今まで紙面上で行っていた重機計画などもデジタルツインを使うことで、3次元空間内で精度の高い計画作成が可能になります。

 


【Symmetry Dimensions Inc.について】
Symmetry Dimensions Inc.は2014年10月20日に設立された、都市空間のデジタルツイン構築及びプラットフォーム開発を行う企業です。空間や都市における人流、交通、IoT、BIM/CIMなど様々な種類のデータをプラットフォーム上で統合、解析することで、誰もが簡単にデジタルツイン上での仮説・検証・計画を行うことを可能にします


​【会社概要】
会社名:Symmetry Dimensions Inc.(シンメトリー・ディメンションズ・インク)
所在地:108 West, 13th Street, Wilmington, Delaware 19801 USA(米国本社)
    東京都渋谷区代々木3-45-2 西参道Kハウス 4階(日本事務所)
資本金:622万USドル(約6憶7,000​万円)
設 立:2014年10月20日
代表者:CEO 沼倉 正吾
SYMMETRYオフィシャルサイトURL:https://symmetryvr.com/jp/

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. シンメトリー >
  3. デジタルツイン開発のシンメトリー、静岡県のオープンデータを活用した都市のデジタルツイン構築及び、都市インフラの老朽化問題解決のための実証実験を実施しました。