AnyPayがシェアリングエコノミーなどを対象とする投資会社「Harbourfront Capital」を設立 インドのカーシェアプラットフォームに1億ドル以上の投資。

AnyPay株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:井上貴文、大野紗和子。以下、エニーペイ)のグループ会社であるAnyPay Pte.Ltd.は、投資会社「Harbourfront Capital」(以下、ハーバーフロントキャピタル)を設立いたしました。ハーバーフロントキャピタルを通じて、国内外のシェアリングエコノミーなどのアセットへ投資していきます。

第一弾として、インドのカーシェアリングプラットフォーム「Drivezy」上で運用される車両(自動車、バイク)へ今後3年間に渡り、1億米ドル(約110億円)以上を投資する計画です。

【背景】
エニーペイでは、17年度より投資事業を立ち上げ、フィンテック・シェアリングエコノミー領域を中心に、国内外の技術革新が期待できる企業へ出資してまいりました。特に不動産や自動車分野のシェアリングエコノミーは収益性が高く、大きな投資機会と捉えております。両分野のアセットへの投資を拡大すべく、新たに投資会社を設立いたしました。

【Drivezyへの投資について】
現在、インドの人口は加速度的に増加しており、モビリティへの需要も急速に拡大しています。Drivezyは、プラットフォーム上で、車両オーナーが自身の保有する車両を掲載し、ユーザーに貸し出すシェアリングサービスです。現状は個人間取引が中心ですが、車両の保有世帯は富裕層等ごく一部に限られ、需要に対し貸し出す車両が不足しています。この需給のギャップを解消するため、現地NBFCs(Non Banking Financial Company)と連携して、自動車とバイクを取得し、サービスに投入していくことを決定しました。

<Harbourfront Capital 株式会社について>
主にシェアリングエコノミー、IoT等のデジタル領域において、技術革新が期待できる分野に対するアセット投資を主な目的として、2018年10月に設立いたしました。今後も国内外の成長が期待できる様々な領域に投資育成を行っていきます。

<AnyPay株式会社について>
「テクノロジーに包まれた社会を実現する」をミッションに、決済やブロックチェーン領域で事業を展開しています。決済事業では決済サービスを提供。ブロックチェーン領域では、ICOコンサルティング事業を展開しているほか、ブロックチェーンに特化した合弁会社LayerXを株式会社Gunosyと設立いたしました。また、事業開発だけではなく投資事業も展開しており、フィンテックやシェアリングエコノミーの領域で、国内外の企業やプロジェクトに投資を実施しています。

<Drivezyについて>
2015年4月に設立され、Y Combinator,LLC.、Google Inc.、IT-Farm Corporation、DasCapital SG Pte.Ltd.など、有名VCから25億円以上を調達。インドにて、自動車・バイクの国内最大のシェアリングプラットフォームを運営しています。現在は、8都市にてサービスを展開しおり、月間利用者数は約4万人と急成長を続けています。

■会社概要
会社名:AnyPay株式会社 (https://corp.anypay.jp/
本社所在地:東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー8F
設立:2016年6月27日
代表者:代表取締役 井上貴文、大野紗和子
資本金:9,000 万円
事業内容:決済サービスの提供/ブロックチェーン関連事業/投資事業

<本件に関するお問い合わせ先>
AnyPay株式会社
TEL:03-6804-1308
e-mail:pr@anypay.jp
広報担当:中根
  1. プレスリリース >
  2. AnyPay株式会社 >
  3. AnyPayがシェアリングエコノミーなどを対象とする投資会社「Harbourfront Capital」を設立 インドのカーシェアプラットフォームに1億ドル以上の投資。