AIを活用したFAQ検索ツール『sAI Search』でRPA連携が可能に

株式会社サイシード(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:中村 陽二)は、AIを活用したFAQ検索システムである『sAI Search』のRPA連携が可能になったことをお知らせします。


■『sAI Search(サイサーチ)』とRPA連携の概要
『sAI Search』を通じて社員IDをRPAに受け渡すことで、RPAがパスワードリセットを行い、社員のメールアドレスにリセットされたパスワードが通知されます。
質問検索からパスワードリセットの自動化まで一気通貫して社員が自己解決することができるようになりました。


■『sAI Search』とRPA連携の開発背景
各企業の情報システム部門では、対応業務の中でもパスワードリセットに関する問い合わせが特に多い傾向があります。その一方、パスワードを自動でリセットするシステムがない企業が多く、有人で対応せざるを得ないケースが多く見受けられていました。
そこで当社は各企業の業務効率化を推進すべく、『sAI Search』とパスワードをリセットするRPAシステムを連携させることで、『sAI Search』からワンクリックでパスワードのリセットが可能な仕組みを開発しました。


■『sAI Search』について
『sAI Search』は、入力された話し言葉(=自然文)をリアルタイムで認識し、適切な回答を提示する高速・高精度の検索エンジンです。
社員はヘルプデスクに問い合わせる代わりに、社内イントラに埋め込まれた『sAI Search』で検索することで、目的の回答を得ることができます。
ヘルプデスク業務において、生産性の向上や働き方改革で労働時間を削減することを目標に掲げている企業が増えたことで、業種関係なく多くの企業でご活用いただいています。
http://ai-chat-supporter.com/product/saisearch/


■Sciseedの今後の展望
問い合わせ対応を効率化するために、AIを使ったチャットボットやFAQシステムの領域は、業界問わず活用が期待される分野です。
当社は、2015年4月に設立して以来、自社で言葉を理解するAIエンジンを開発し、各社の課題に合わせてオリジナルにカスタマイズしたシステムを提供してまいりました。これにより、AI事業では毎年300%の成長を遂げています。
今後も、コールセンターと社内ヘルプデスクをメインに、不動産業界・ゲーム業界など問い合わせが特に多い業界内のシェアを高め、2020年には300社導入を目指してまいります。


■sAI Searchの特徴
当社が提供するAIサービスの根幹となる、自社開発のAIエンジンは、以下のような特徴を有しています。
①最初から賢いAI
世の中のほとんどのAIサービスは学習が働くほどのデータ量が溜まるまでかなり精度が悪く、その状態で数ヶ月~数年間運用する必要があり、現実的ではありません。
弊社では、保有する業界固有の辞書と独自のアルゴリズムを組み合わせることで、実用開始時から賢いAIを利用することが可能です。

②FAQの整備から運用まで一気通貫で導入・運用支援
AIサービスを導入して実際に成果を出すには、障壁がいくつもあります。
企業内にあるデータから初期FAQの作成、オペレーターへの研修から運用のアウトソースまで、業務プロセスの設計も含めて一気通貫でサポートいたします。

③サービス横断のAIエンジン
チャットボット、FAQシステムともに共通のAIエンジンを採用しているため、コールセンターのオペレーターが運用の中で学習させたFAQデータを、そのまま顧客向けのチャットボットやFAQページで利用することができます。


【株式会社サイシード 会社概要】
本社:東京都新宿区西新宿7-5-25 西新宿木村屋ビル15F
代表:代表取締役 中村 陽二
設立:2015年4月
事業内容:AIソリューション事業、広告・メディア事業
Webサイト:http://www.sciseed.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. サイシード >
  3. AIを活用したFAQ検索ツール『sAI Search』でRPA連携が可能に