CBcloud、荷主と一般貨物自動車運送事業者をつなぐ「PickGo」新サービスを本格開始

~ モノのMaaS実現に向け一般貨物領域のマッチングにも進出 ~

ITを活用し運送業界における新たな価値の創出を目指すCBcloud株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:松本隆一、以下「CBcloud」)は、2020年2月5日より、フリーランスドライバーと荷主を即時につなぐ配送マッチングプラットフォーム「PickGo」のサービス領域を拡大し、荷主と一般貨物自動車運送事業者つなぐ新サービス「PickGo一般貨物」(仮称)の提供を本格開始いたしますので、お知らせいたします。


 CBcloudは、「PickGo」を活用し、陸空海の各輸送手段を組み合わせ、荷主と最適な輸送手段をシームレスかつ瞬時につなぎ、“モノのMaaS”(Mobility as a Service)を実現するプラットフォームの構築を目指しております。2016年6月には、フリーランスドライバーの労働環境や条件等の改善を目的に、荷主と軽貨物自動車を有するフリーランスドライバーを即時につなぐマッチングプラットフォームサービスを開始し、15,000名以上(2019年10月時点)のフリーランスドライバーが登録、緊急配送をはじめとした様々な荷主のニーズに対応し、日本最大規模のプラットフォームに成長しました。

 この度、新たに本格提供を開始した「PickGo一般貨物」(仮称)は、一般貨物自動車運送事業者と提携し、荷主と一般貨物自動車運送事業者をつなぐマッチングプラットフォームサービスです。本サービスのローンチにより、軽貨物自動車では対応できなかったサイズ、重量の積荷(2m以上、350Kg以上)の配送依頼も可能となり、より多様な荷主ニーズに応えることができるようになりました。なお、一般貨物自動車に空きがない場合にも、15,000名以上のフリーランスドライバーが登録する軽貨物自動車のマッチングプラットフォームを併用いただけるため、より柔軟な配送が可能となります。

 また、本サービスは、限られたリソースを最大限活用し一般貨物自動車運送事業者のドライバー不足という社会課題を解決するソリューションの一助を担うものと考えます。一般貨物自動車運送事業者が、各々のタイミングで案件を選択し受注できる環境を構築することで、空車回送率の低下や車両稼働率の向上を可能とし、車両リソースの有効活用と収益の最大化を実現します。

 2020年2月5日時点では、300社以上の一般貨物自動車運送事業者と提携し、6,000台以上の一般貨物自動車とのマッチングが可能です。一般貨物自動車運送事業者への案件提供プロセスにおいて、モバイルアプリを活用することで、案件情報の自動的な受信を可能とし、迅速・確実な受注を実現。2020年1月におけるマッチング率は約90%、さらにマッチングした案件の約90%において5分以内に運行可能な運送事業者からエントリーがありました。車格は、小型(2tクラス)、中型(4tクラス)、大型(10tクラス)を取り揃え、箱車や平ボディ、冷凍冷蔵車など、用途に合わせ様々なタイプをお選びいただけます。例えば、大型の建築材料や住宅設備の建築現場への緊急配送や、納品漏れのあった生鮮食品等の店舗への大量配送ニーズにも対応可能となります。

 また、荷主及び一般貨物自動車運送事業者の登録や継続は無料であり、物流に関わる多くのユーザーに公平なサービスを提供します。現在は関東エリア(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県の1都6県)を出発、または到着する配送のみ依頼可能。全国展開を前提に、対応エリアを順次拡大していきます。(※軽貨物自動車は全国の配送依頼に対応)

 なお、本サービスでは、下請け多重構造を防ぐため、受注した事業者が別の事業者に運送再委託を行うことを禁止しております。実際に配送を行う事業者が、より多くの報酬を受け取ることができ、透明性の高い運行が可能となるマッチングプラットフォームを目指します。

 CBcloudは、運送業界における“モノのMaaS”の提供を見据え、陸空海の各輸送手段を組み合わせ、荷主と最適な輸送手段を、ITを活用しシームレスかつ瞬時につなぐプラットフォームの構築を目指します。また、引き続き、ITの活用により運送業界における自動化・効率化を促進するとともに、運送業界の構造改革および全国の登録貨物自動車(一般+軽貨物)の94%を占める中小運送事業者に属するドライバーの労働環境の改善をはじめとした業界が抱える各種課題の解決に取り組んでまいります。

【 PickGo 新サービス 】  
サービス名称:「PickGo一般貨物」(仮称)
サービス概要: 荷主と一般貨物自動車運送事業者をつなぐ配送マッチングサービス(小型〜大型トラックの配送依頼が可能になります)
提供開始日: 2020年2月5日
荷主向けサービスページ: https://pickgo.town/business
運送事業者向けサービスページ: https://pickgo.town/business/general/
利用方法:
・ 荷主の皆様はサービスページよりユーザーの事前登録が必要です。(無料)
・ 既にご登録済みのユーザーは、そのままご利用いただけます。
・ 一般貨物自動車運送事業者様はサービスページより事前登録が必要です。(無料)
利用イメージ:
 一般貨物自動車運送事業者

 荷主
・「PickGo」画面から軽貨物、一般貨物ともに依頼可能です。万が一、一般貨物車両が見つからなくても軽車両で 迅速にカバーできます。

【 運送業界の“モノのMaaS”構想イメージ 】
「PickGo」を活用し、陸空海の各輸送手段を組み合わせ、荷主と最適な輸送手段をシームレスかつ瞬時につなぎ、“モノのMaaS”(Mobility as a Service)を実現するプラットフォームの構築を目指しています。


【 配送マッチングプラットフォーム「PickGo」とは 】 


「送りたい人」と「届けたい人」を直接つなぐ配送マッチングプラットフォームです。2016年より、軽自動車を保有するフリーランスドライバーが配送を担う軽貨物領域からサービス提供を開始、ドライバー登録数は日本最大の15,000名以上(2019年10月時点)の規模まで拡大しました。2020年より一般貨物自動車を保有する一般貨物自動車運送事業者とのマッチングも開始、小型トラックから大型トラックまでを網羅し、より多様な荷主のニーズに応えることが可能になりました。物流業界には、情報の取り次ぎのみを行う中間プレイヤーが数多く存在しており、コミュニケーションや費用面において非効率的な状況が発生しています。PickGoは荷主と「ドライバー」、「実運送会社」を直接つなぐことで、この多重構造を打破することを目指す、唯一の配送マッチングプラットフォームです。荷主には、見積もり金額が即時提示される点、マッチングのスピードも早く、配送状況がリアルタイムにわかる点、突発的に発生する「緊急便」や、日時指定した単発の依頼ができる「スポット便」、定期的に同じドライバーに配送してもらえる「定期便」など様々な用途で利用できる点をご評価いただいています。各種メーカーの工場や配送センター、個人宅までお荷物をお届けするサービス事業者など様々な業種業態、大手企業から中小企業の方まで幅広くご利用いただいております。
「PickGo」サービスページ: https://pickgo.town/

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. CBcloud株式会社 >
  3. CBcloud、荷主と一般貨物自動車運送事業者をつなぐ「PickGo」新サービスを本格開始