導入のしやすさで地方公共団体のテレワーク推進を後押し。2つの方式から選べるLGWANリモートアクセスサービスを提供開始

テレワークプラットフォーム「moconavi(モコナビ)」を提供する株式会社レコモット(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:東郷 剛、以下「レコモット」)は、総合行政ネットワーク(Local Government Wide Area Network、以下「LGWAN」)向けの2つのリモートアクセスサービスを、2021年12月28日より開始したことを発表します。(地方公共団体情報システム機構 LGWAN-ASPサービス認定登録番号:A831508)
新型コロナウイルスの感染対策を機に、主に民間企業で導入が進んだテレワークは、場所にとらわれない柔軟な働き方を実現する方法として、従来のオフィスワークと組み合わせた働きやすい環境の整備への活用が急速に進んでいます。
 一方で、多くの地方公共団体では、セキュリティの観点から保護されたLGWAN環境の中に様々なシステムを構築していることが多く、外部から可能な業務が限定されているため、なかなかテレワークが推進されない状況が続いてきました。
 今回LGWAN-ASP認定の公式サービスとして提供される「LGWANリモートアクセスサービス」は、LGWAN環境内のパソコンやWebシステム、サーバ群への安全なアクセスを可能にし、停滞していた地方公共団体のテレワークの推進を支援します。
 また、スマートフォンやタブレットのようなモバイル端末での利用もできるため、在宅勤務はもちろん、出張先や外出先でできる業務の範囲を拡大し、生産性の向上や業務の効率化の実現に貢献します。 

■状況に応じて選べる2つの方式
レコモットでは、外部からLGWAN環境内へ安全にアクセスするLGWAN-ASP認定のセキュアなゲートウェイサービスを、2つの方式から選べる形で提供いたします。利用するシステムの構成やテレワークで行う業務の状況にあわせて、2つの方式から選択いただくことで、多様な働き方や、BCP対策などの課題の解決を実現し、テレワークの利点を最大限活かせる組織の構築を支援いたします。
 


<ゼロトラスト方式: moconavi(モコナビ)>
支給端末はもちろん、BYOD *1も含めたPCやモバイル端末から専用アプリを利用して、LGWAN環境内のシステムに安全にアクセスできるテレワークプラットフォームサービスです。
電話帳やカレンダー、セキュアブラウザ、ドキュメントビューアなどの機能を標準で備えているほか、100種類以上のビジネスサービスとの連携も可能です。VPNなしで全ての通信を制御するネットワークサービスと、メール・添付ファイルの無害化や画面キャプチャ抑止などのゼロトラストなセキュリティ機能も標準で装備しています。
すべての操作をアプリ内で完結し、接続元端末には一切データを残さないことにより、閉域SIMなど専用の接続手段を用意する必要がないため、BYODであっても安全な利用を行うことができます。

<画面転送方式: moconavi RDS(モコナビ アールディーエス)>
支給端末はもちろん、BYODも含めたPCやモバイル端末からLGWAN環境内の端末にリモートでアクセスし、操作が可能になるリモートデスクトップツールです。
毎秒30フレームの画像転送でも快適なリモート接続を実現。画面のみを転送する方式のため、接続元端末にはデータが残らず、BYODでも利用することができます。
また、地方公共団体のテレワークには欠かせない、リモートデスクトップ画面のウォーターマーク(透かし)機能により、万が一画面キャプチャ等で情報が漏洩した際にも、流出の検知や流出元の特定等が可能になります。

※その他の特徴や機能の詳細は下記のサービスサイトをご参照ください
https://lp.moconavi.jp/lp/lgwan

■新サービスリリース記念キャンペーンを実施
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・期間:2022年01月12日(水)~2022年2月28日(月)
・対象:期間中に「LGWANリモートアクセスサービス」をお申し込みいただいたお客様
・内容:2022年3月31日(木)までの同サービスの利用料金が無料
・詳細:別途お問合せください
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■テレワークプラットフォーム「moconavi(モコナビ)」シリーズ
「moconavi」は、スマートフォンやタブレット、WindowsPCなどの端末にデータを残さないで、社内システムや各種クラウドサービスへセキュアにアクセスするためのリモートアクセスサービスです。会社支給端末や個人所有端末の業務利用(BYOD)を問わずに1,000社30万人以上に利用されています。モバイル管理市場(MAM *2)において3年連続市場シェアNo.1 *3を記録し、「今いる場所がオフィスになる」をコンセプトに、企業のモバイルワークやBYODの積極活用を支援しています。
「moconavi RDS」は、外部から職場のPCにリモートでアクセスし、画面転送技術を使用して普段と同じように業務アプリやソフトを使ったデータ閲覧・編集ができるリモートデスクトップツールです。職場のPCに専用のエージェントソフトをインストールし、操作元のPCやタブレットには専用アプリをインストールするだけで、安全なリモート接続を実現。自宅でも外出先でも、職場にいるときと同じようにPCを活用した業務が可能になります。

■株式会社レコモットについて
レコモットは「人を中心にワークスタイルを変革する」をコンセプトに、コミュニケーションサービスおよびソフトウェアを提供するITベンダーです。
クラウドコンピューティングと、その入り口となるスマートデバイスを活用した革新的サービスを世界に提供し、ダイナミックかつ多様性を求める社会の生産性向上に貢献します。

会社名:株式会社レコモット
所在地:〒102-0083 東京都千代田区麹町3−3−8 丸増麹町ビル8F
代表者:代表取締役CEO 東郷 剛
設立:2005年11月
URL:https://recomot.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*1:BYOD(Bring Your Own Device)個人が所有するスマートフォンやタブレット、ノートパソコンなどを業務に活用する仕組み。
*2:MAM(モバイルアプリケーションマネージメント)モバイル端末上のアプリケーションを管理するシステム。
*3:出典 株式会社テクノ・システム・リサーチ2021年3月発刊、「2020-2021年版 エンドポイント管理市場のマーケティング分析」の「Ⅱ.市場動向編」、「2.モバイル管理市場」より。

※本リリース中に記載の会社名、商品名、ロゴは、それぞれ所有する各社に帰属します。
※報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがあります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. レコモット >
  3. 導入のしやすさで地方公共団体のテレワーク推進を後押し。2つの方式から選べるLGWANリモートアクセスサービスを提供開始