ジラール・ペルゴ新作 ホワイトゴールド製「ラ・エスメラルダ トゥールビヨン」

新作「ラ・エスメラルダ トゥールビヨン」は、コンスタン・ジラールが製作し、1889 年にパリ万国博覧会に金賞を獲得した懐中時計にインスパイアされています。

シンメトリーのムーブメント構造が、この時計の最大の特徴となっており、このムーブメントは、香箱にプラチナ製マイクロローターを備え、 構成する310 個の部品は伝統的な方法で磨かれ手彫りが施されています。スリー・ゴールド ブリッジのデザインは、有名になった1889 年のエスメラルダのデザインに由来し、熟練した技術によって5種類の仕上げが手作業で施されています。

2019 年、ジラール・ペルゴが発表するラ・エスメラルダ トゥールビヨンは、ホワイトゴールド製です。タイムレスなデザイン、より現代的にアレンジされた独自のシグニチャーを備えた時計です。 ラ・エスメラルダ トゥールビヨンは、メゾンの時計製造の卓越性を証明し高い評価を得た時計の継承モデルであり、美しさと精密さを追い求めるメゾンの情熱を表現しています。

マニュファクチュールの優れた技術を表すスリー・ブリッジのトゥールビヨン
コンスタン・ジラールは、マニュファクチュールの創設以降、さらには最初のスリー・ブリッジのトゥールビヨン時計を開発した 1860 年より完璧な時計製造を目指し続けてきました。そして、トゥールビヨンの構造とその部品の形状を改良しました。その結果は、時計製造の歴史に革命をもたらし、技術的な機能面だけでなく、デザイン性をも兼ね備えるという新たな時計のメカニズムを確立しました。

無駄のないこの構造は、1867 年のヌーシャテル天文台のコンテストの時計学部門で優勝しました。その後、ジラール・ペルゴは 1889 年のパリ万国博覧会で金賞を獲得することができました。この受賞の後、パリとメキシコのラグジュアリーブティック「ラ・エスメラルダ」オーナーである、Hauser, Zivy & Cie. が、この類いまれな懐中時計の販売を託され、それが現在の時計の名前の由来となりました。

2016 年、創立 225年祝賀イベントでジラール・ペルゴは、この有名な懐中時計にインスパイアされたピンクゴールド製のラ・エスメラルダ トゥールビヨンを発表しました。そしてGPHGジュネーブ・ウォッチ・グランプリの 2016 年トゥールビヨンウォッチ賞を獲得。メゾンが目指す、究極の精度と完璧な美しさの追求が体現された時計です。

アイコンとなったキャリバーの品質
独自の優れたデザインにより、威厳と風格を感じさせるスリー・ブリッジ キャリバー付トゥールビヨンは、業界の歴史で現在も製作されている最古のムーブメントとしての地位を確立しています。これは 1860 年以来、その構造が変わっていないためです。審美的、技術的、そして象徴的な要素が巧みに組み合わされ、ゴールドブリッジ、香箱、輪列、トゥールビヨンが地板に取り付けられています。矢型のブリッジは、すべて手作業で装飾が施され、これまでのエスメラルダのデザインにインスパイアされています。矢の表面はポシッリュ 仕上げで、縁は手作業で面取りされています。

視覚的なコントラストを高め、光をキャッチするためにブリッジアームには、研磨器による手作業で丁寧に丸みが付けられていま。その中央には、ダイヤモンドで磨かれたシャトンが 2 本のネジで取り付けられており、香箱、センターホイール、トゥールビヨンケージは、同じ平面上に一列に並んでいます。

80 個の部品から成るケージ全体には、手作業による仕上げが施されます。そのため、組み立てを行う時計職人には、最高の技術が要求されます。マニュファクチュールを象徴する、手作業で研磨された特徴的な竪琴型のケージは、完璧なバランスで魅惑的に回転します。
21,600 振動/時(3Hz)で振動する、慣性モーメントの高いテンプを内蔵しています。
この 16 リーニュのキャリバー(直径 36.60 mm)は厚さ 8.41 mm で、その 310 個の部品の組み立てには 1 か月を要します。地板が 3 部構造であることは、一目でわかります。

自動巻き機構は、マイクロローターが香箱の下に配置されています。この巧緻な構造により、時計職人は、より大きい直径の香箱とより長いヒゲゼンマイを使用して 約60 時間以上のパワーリザーブを確保することができました。

製品詳細
ラ・エスメラルダ トゥールビヨン
リファレンス:99275-53-000-BA6E(税別価格:23,410,000円)

ジラール・ペルゴとは
ジラール・ペルゴは、1791年まで起源を辿ることのできるスイスの高級腕時計マニュファクチュールです。メゾンの歴史は、コンスタン・ジラールによって制作された1889年のパリの万国博覧会で 金賞を受賞したスリー・ゴールドブリッジ トゥールビヨンのような先鋭的なデザインと革新的な技術が融合した伝説の時計の数々にいろどられています。また、コンスタン・ジラールの義弟フランソワ・ペルゴによって、1864年に日本に正規代理店を開設、長きにわたって日本市場で販売されてきました。
ジラール・ペルゴは、影響力のある「ラグジュアリー」と「スポーツ&ライフスタイル」ブランドの集合体が築く、アパレルとアクセサリーの分野で世界をリードするケリング(Kering)グループの一員です。

公式サイト     :https://www.girard-perregaux.com/ja
Facebookサイト :https://www.facebook.com/girardperregauxwatchesjapan/
Instagram    :@girardperregaux_japan
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ソーウインド ジャパン株式会社 >
  3. ジラール・ペルゴ新作 ホワイトゴールド製「ラ・エスメラルダ トゥールビヨン」