ハイアット ハウス ニセコが正式開業を発表 ~北海道、ニセコの自然に抱かれた91室*のハイアット ハウス~

ハイアット ハウス ニセコは2018年12月16日(日)、開業いたしました。同ホテルはLimeTree Capitalが所有するアップスケールな長期滞在型ホテルで、ニセコスキー場の中心という便利なロケーションに位置し、ホテルライフの利便性とサービスに加え、ご自宅にいるようなくつろぎをお客様に提供いたします。

総支配人のジェイク・マクヒュー(Jake McHugh)は次のように述べています。「ハイアット ハウスはその名が示す通り、ご自宅にいるようなくつろぎと温かさでお客様をお迎えします。私たちは、全てのお客様が、旅先にありながらも普段通り安心してお過ごしいただけるホテルを目指しております。数日のご滞在、長期のご滞在にかかわらず、ハイアット ハウス ニセコはお客様一人一人のニーズに合わせたサービスで、心からリラックスできる最高の時間をご提供します」 

ハイアット ハウス ニセコは、日本でも有数のスキーリゾートから数分の、美しい山々に囲まれたひらふ村の中心に位置しており、スキーシーズンにはスキー場まで無料シャトルバスが運行されます。また、夏には美しい川や森に囲まれてハイキングやサイクリングをお楽しみいただけます。周辺には個性豊かなアート作品を鑑賞できるギャラリーが10ヶ所以上あり、急速な盛り上がりを見せています。

ハイアット ハウス ニセコの設備概要
コンドミニアムスタイルのキッチン付きスイート91室*:設備の整ったキッチン、快適なリビングルーム、広々とした寝室、無料のアメニティ付きのスタイリッシュなバスルームを完備
無料Wi-Fi:客室の他、ホテル館内に完備
パブリックスペース:お客様同士がリラックスした雰囲気の中、集まり、交流できるオープンラウンジ、The Commonsのほか、屋外にはバーベキュー、カクテル、簡単なお食事をお楽しみいただけるOutdoor Commonsがあります。
朝食:季節の食材を厳選し、毎日美味しい朝食をご提供します。
H レストラン + バー:北海道で採れた最高の食材をオープンキッチンで調理した、モダンテイストのイタリア料理をご提供します。  また、スタイリッシュなバーでは、高級ワインやクラフトビール、国内外のウィスキー、特製カクテルの他、ホットチョコレートやグリューワインもお楽しみいただけます。 
年中無休24時間オープンのH マーケット:その土地の名産品を含む気軽なテイクアウトアイテムを終日ご用意しています。
24時間オープンのジム:普段通りのエクササイズをお楽しみいただけます。(2019年1月中旬より)
お貸出し品:携帯電話の充電器から髭剃りまで、必要なものがあればご相談ください。
ベリー インポータント レジデント(VIR)プログラム:30連泊以上のお客様には、お買い物代行サービス(無料)などの特典がございます。
その他のサービス:ゲストランドリーほか様々なサービスをご用意しております
無料シャトルバス

開業記念特典**: 2018年12月16日から2019年3月15日までにhyatt.comにてご予約され、2019年1月10日から4月9日までの間にハイアット ハウス ニセコに4連泊されるお客様を対象に、5泊目を無料にてご宿泊いただける開業記念特典をご用意しております。  
 
契約条件
- 2018年12月16日から2019年3月15日までに予約された、2019年1月10日から4月9日の間のハイアット ハウス ニセコにおけるご宿泊が対象となります。
- Hyatt.comで予約され、ご到着の24時間前までに予約が確定している宿泊のみに適用されます。
- 5連泊分の予約がなされ、宿泊費全額のお支払いが済んでいる場合に限り、5泊目を無料にてご提供致します。チェックアウト時に5泊目の宿泊費をご返金致します。
- 予約の確定にはご宿泊費全額のお支払いが必要となり、ご予約の払い戻し、変更、譲渡はできません。
- 空室がある場合に限ります。
- このプログラムは他の特典との併用はできません。
- ハイアット ハウス ニセコはいつでも、このプログラムを変更する、または無効とする権利を有するものとします。
- 何らかの疑義が生じた場合、ハイアット ハウス ニセコが最終的な決定権を有するものとします。

注記:
*2018年12月16日に客室数63室にて開業。残りの28室は現在改装中となっています。
**契約条件は開業記念特典に適用されます。

ハイアット ハウスについて
ハイアット ホテルズ コーポレーションのブランド「ハイアット ハウス」は2012年に誕生し、米国、中国、ドイツ、メキシコ、トルコ、プエルトリコにおいて85軒以上のホテルを展開しています。ゲストのホテル体験に関する広範囲な調査に基づいたサービス、アメニティ、アップスケールな空間、そしてまるで自宅にいるような居心地のよい環境をご提供しています。詳しくは、hyatthouse.comをご覧ください。ハイアット ハウスのFacebookに是非ご参加ください。ハッシュタグ「#HyattHouse」「#WhySettle」をつけた写真の投稿もお待ちしています。
ハイアット ホテルズ コーポレーションについて
ハイアット ホテルズ コーポレーション(本社:米国イリノイ州シカゴ)は、14のプレミアブランドを展開している世界有数のホスピタリティ企業です。2018年9月30日現在、世界6大陸の55ヵ国で750軒以上の施設を運営しています。ハイアットの信念「思いやりの心で相手の“最高”を導き出す」に基づいたビジネス決定や成長戦略によって、最も良い人材を惹きつけ、お客様との信頼関係を構築し、株主のための企業価値を創造することを目的としています。ハイアットの関連会社は世界中でパーク ハイアット(Park Hyatt)、ミラバル(Miraval)、グランド ハイアット(Grand Hyatt) 、ハイアット リージェンシー(Hyatt Regency)、ハイアット(Hyatt)、アンダーズ(Andaz)、ハイアット セントリック(Hyatt Centric)、アンバウンド コレクション by Hyatt (The Unbound Collection by Hyatt)、ハイアット プレイス(Hyatt Place) 、ハイアット ハウス(Hyatt House)、ハイアット ジーヴァ(Hyatt Ziva)、ハイアット ジラーラ(Hyatt Zilara)、ハイアット レジデンス クラブ(Hyatt Residence Club)、エクスヘイル(Exhale)などのブランドのもと、ホテル、リゾート、レジデンス、タイムシェア型のリゾート・オーナーシップ施設、フィットネス&スパ施設の開発、所有、運営、管理、フランチャイズ展開、ライセンス契約、サービス提供を行っています。また、2018年11月30日、ハイアット ホテルズ コーポレーションは、アリラ(Alila)、ディスティネーション(Destination)、ジョワドゥヴィーヴル(Joie de Vivre)、トンプソンホテル(Thompson Hotels)、トミー(tommie) の5ブランドが運営する74のホテル及びリゾート施設を傘下に迎えました。詳しくは www.hyatt.com をご覧ください。

将来予測に関する記述について
本プレスリリースに含まれる記述で歴史的事実でないものは、1995年米国私募証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)が定める「将来予測に関する記述」(Forward-Looking Statement)に該当します。かかる記述は、当社の計画、戦略、財務実績、将来見通しもしくは将来事象に関する記述を含み、また予測困難な既知もしくは未知のリスクに関わります。このため、当社の実際の成果や業績は、将来予測に関する記述に明示または暗示されている内容と大きく異なる場合があります。かかる記述の文中にある「かもしれない(may)」、「可能性がある(could)」、「期待する(expect)」、「意向である(intend)」、「計画している(plan)」、「求める(seek)」、「予想する(anticipate)」、「考えている(believe)」、「予測する(estimate)」、「予想する(predict)」、「潜在的(potential)」、「続ける(continue)」、「あり得る(likely)」、「するつもりである(will)」、「するかもしれない(would)」その他これらに類する単語や類似の表現、又はその否定形の使用によって、当該文章が「将来予測に関する記述」であると判断できることがあります。「将来予測に関する記述」は、当社及び当社の経営陣によってその内容が妥当であると判断されていながらも、必然的に不確かな性質の予測及び前提に基づくものです。現在の期待と実際の結果との間に大きな相違をもたらしうる要因としては、現在の景気低迷の落ち込み度合いとその継続期間、当事業や旅行・レジャー業界における消費水準と顧客の信頼、客室稼働率や平均宿泊料金の低下、第三者の資産所有者やフランチャイズ加盟者もしくはホスピタリティ事業パートナー等の財務状況及びこれら当事者と当社との関係、第三者の所有者や加盟店または開発パートナーが現在の業務や成長計画を実施するために必要な資金にアクセスできない可能性、が挙げられます。将来的な買収及び処分並びに新たなブランドコンセプト導入に伴うリスク、当社が事業を行う業界や市場における競争環境の変化、資本市場の一般的な価格変動や当社の資本市場へのアクセス力等々が含まれます。かかるリスク及び不確定要素については、米国証券取引委員会に提出されている各種報告書(書式10-Kによる年次報告書を含む)において、より完全に記載されています。本プレスリリースの配信日現在において発表された将来予測に関する記述に過度に依拠されることのないようご留意ください。当社は、適用法令によって義務付けられる場合を除き、実際の結果、新たな情報、将来の事象、前提条件の変化、その他将来予測に関する記述に影響を及ぼす要素の変化を、かかる記述に反映させるように将来予測に関する記述を公的に更新する義務を負いません。仮に、当社が将来予測に関する記述の1つまたは複数について更新した場合であっても、そのことから、その後、かかる記述又は他の将来予測に関する記述に関してさらなる更新がなされることを意味するものではありません。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ハイアット ホテルズ アンド リゾーツ >
  3. ハイアット ハウス ニセコが正式開業を発表 ~北海道、ニセコの自然に抱かれた91室*のハイアット ハウス~