朝日新聞社とみんかぶが資本業務提携

金融経済情報分野での競争力強化めざす

 株式会社朝日新聞社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:渡辺雅隆、以下「朝日新聞社」)と株式会社みんかぶ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:瓜生憲、以下「みんかぶ社」)は本日、金融経済情報分野での両社の競争力強化を目的とした資本業務提携に合意しましたので、お知らせ致します。

 朝日新聞社は、朝刊『朝日新聞』(発行部数約600万)を発行し、インターネット上で『朝日新聞デジタル』(https://www.asahi.com)を運営する新聞社です。国内外に約300の取材拠点を有するほか、株式会社テレビ朝日などの放送局や、株式会社朝日新聞出版などと共に総合メディアグループを形成しています。

 一方、みんかぶ社は、『みんなの株式』(https://minkabu.jp/)、『株探』(https://kabutan.jp/)、『Klug-FX』(http://klug-fx.jp/)、『sharewise』(https://sharewise.com/)など、AI(人工知能)とソーシャルを活用した独自性の高い複数の投資家向け金融情報メディアを日本最大級の規模で展開しております。また、情報系フィンテックソリューションベンダーとして、安定した技術力と豊富なデータカバレッジを背景に、株式や外国為替、商品先物、仮想通貨など、様々な金融商品の分野で、システムの構築及び情報サービスの提供を金融機関向けなどに行っております。

 朝日新聞社とみんかぶ社は、互いの強みを生かして連携し、金融経済情報分野で両社の更なるプレゼンス強化を図ります。朝日新聞社は、みんかぶ社の強みである金融経済情報データ・コンテンツやAI記事作成機能などを活用し、新たなサービス展開をめざします。また、みんかぶ社は、朝日新聞メディアグループ各媒体への露出を図り、これまで十分にリーチできていなかったユーザー層への接点を構築します。みんかぶブランドを強化し、金融経済情報ベンダーとしてのポジショニング向上に努めます。両社の連携テーマは以下の通りです。


(1)新しいデジタルメディアの共同開発や運営
朝日新聞社のブランドとみんかぶ社のデータ・情報技術を活用し、ビジネスマン・投資家層を主要ターゲットにした新規デジタルメディアの開発と運営

(2)金融経済情報コンテンツ及びデータの相互融通
朝日新聞社グループへのみんかぶ社の金融経済系記事・データの提供。みんかぶ社が運営するデジタルメディアへの朝日新聞社のニュースコンテンツ提供

(3)広告商品の販売協力
朝日新聞社、みんかぶ社それぞれの媒体営業力を活用した相互販売体制の構築

(4)記事の自動生成に関する共同研究
AIなどを活用した記事の自動生成技術分野で、これまでの両社の研究開発成果を共有。速報性・網羅性・正確性などの機能向上をめざし、同分野でのリーディングポジションの確立

(5)人材の交流
朝日新聞社とみんかぶ社で人材交流を実施。みんかぶ社の編集体制を強化し、朝日新聞社の人材育成手段を多様化


 上記の業務提携をより円滑に進めるため、朝日新聞社はみんかぶ社に資本参加し、主要な株主となります。両社は本提携の実現を機に、互いの強みを生かして広く連携を進め、国内の金融経済情報分野でより独自性の高いポジションの獲得に向け、競争力強化を実現して参ります。

■ 株式会社朝日新聞社 概要(http://www.asahi.com/corporate/guide/
本社所在地:東京都中央区築地5丁目3番2号
設立:1879年1月25日
代表取締役社長:渡辺 雅隆
事業内容:日刊新聞の発行ほか

■ 株式会社みんかぶ 概要(https://minkabu.co.jp/
本社所在地:東京都千代田区神田神保町3丁目29番1号
設立:2006年7月7日
代表取締役社長:瓜生 憲
事業内容:メディア事業、ソリューション事業

ファイルをダウンロード:
https://prtimes.jp/a/?f=d4458-20171226-4904.pdf


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド >
  3. 朝日新聞社とみんかぶが資本業務提携