肌の変化を感じても、半数の女性が化粧品の切替をしないことが判明!化粧品の衣替えをして、夏のダメージ修復と秋支度の肌ケアを始めるなら今!

~夏の終わりと秋の始まりの『2つの季節』にさらされる肌状態に要注意~

残暑も終わり、過ごしやすい気温になってきました。8月よりも気温や紫外線による肌への刺激も弱まり、夏の時期に比べてお肌のお手入れは少し手を抜きがちになってはいませんか。実は、9月は1年の中でも、月の前半と後半とでは大きく環境が変化する月のため、夏に紫外線をたっぷり浴びた肌は、ダメージを受けた状態である上に、9月の環境変化に対応するためお肌には大きなストレスもかかってきます。夏の終わりと秋の始まりの『2つの季節』にさらされている今のお肌は、きちんと正しいケアをしないと危険なのです。

この度、ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランド株式会社decencia[ディセンシア](本社:東京都品川区、代表取締役社長 小林 琢磨)は、10~50代の女性394名に対して、夏から秋の肌変化に関する意識調査を行いました。
その結果、実際には、なんと約9割の女性が「夏から秋へ変わる時期に肌の変化を感じる」と回答しているにも関わらず、その約5割の女性が季節によって化粧品の切り替えをしていない事実が判明しました。(参照:データ①)

さらに、9月における外部環境と肌の内部環境について調査したところ、それぞれに大きな変化が生じていることも明らかになりました。
気象庁のデータによると、毎年9月の20日以降に、最高・最低気温ともに一気に気温が低下し、突然秋がやってきます。今年は例年より早く、既に秋の気候がやってきた模様です。大気中の水分量も、夏を終えた9月からは大きく急降下し、油断していると、お肌の潤いがどんどん奪われてしまいやすい環境になっているのです。(参照:データ②)
また、肌内部にも大きな変化が出始めます。ポーラの調査データにより、9月頃、肌表面の潤いの膜となる「皮脂量」と「角層細胞」にそれぞれ変化が起こっており、皮脂量が減少し、さらに角層の潤いを保つ力も低下することがわかっています。(参照:データ③)

今回の調査により、9月中の肌は、変化の大きい外部環境に適応するために大きなストレスを抱え敏感になっており、肌内部の環境も過酷になっているにも関わらず、その肌の変化を自ら実感していても、実際は季節に合わせた肌ケアをしていない方が多数いるということが明らかとなりました。

早急に夏のダメージを修復し、秋支度の肌ケアをはじめましょう!秋服への衣替えと一緒で、化粧品の衣替え(切り替え)も必要なのです。 まだ寒くないからといって、夏用やさっぱりした化粧品の使用を続けてたり、保湿を省いていたりと、夏から秋の切り替えがしっかりできていないと、環境や肌の変化に対応できず、9月後半に待ち受けているお肌のピンチに対応できなくなるかもしれません。
ディセンシアでは、そんな方でもまだ間に合う!保護力と保湿力を高めるスキンケアをご提案いたします。

【データ①】肌の変化を感じているにも関わらず、化粧品の切り替えをしない女性が約半数!

 

※ディセンシア調べ

【調査概要】
調査方法:インターネットによるアンケート
調査対象:10~50代の女性394名

 

調査期間:2015年8月25日~2015年8月27日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【データ②】外部環境の変化~急激な気温低下と大気中の水分量の激減~

【データ③】肌内部環境の変化~急激な皮脂量減少と潤いを保つ力の低下~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<あなたの肌は今こんな状態になっているかも…>
健常な肌と、肌荒れした敏感状態な肌が、紫外線ダメージを受けたときの肌の様子を表した比較図です。(参考:データ④)
保湿力が低下し、外部の刺激を受けやすくなっている敏感な肌は、健常な肌に比べて紫外線ダメージを受けやすく、より炎症を起こしているのがわかります。敏感状態の肌が6日後も色ムラ・シミとして残っているのに対し、健常な肌は元の肌に戻っています。
敏感状態の肌が夏の間に受けたダメージは深刻。早急なケアが必要です。さらに、これからの季節の美肌のためには、保湿力を高く保ち、外部刺激にも戦える肌づくりが大事!夏のダメージで弱っている肌を瞬時に保護し、肌の土台をつくる保護力と保湿力を高めるケアを取り入れましょう!

【データ④】敏感状態の肌は紫外線ダメージを受けやすい!

夏のダメージを修復しながら早急な秋支度の肌ケアを!
外部刺激をブロックして肌を保護し、保湿力を高める肌ケアがおすすめです!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ディセンシアのおすすめ保護&保湿アイテムは「クリーム」!!
クリームに配合した特許技術「ヴァイタサイクルヴェール®」で肌の再生を実現!


ディセンシアが独自で特許※を取得した技術、「ヴァイタサイクルヴェール®」は、荒れてしまった角層を包み込んで、外部の刺激から完全にシャットアウトする事ができる技術です!       
※特許番号:特許第5044402号

■目には見えない刺激物質も完全シャットアウト!
目には見えない塵や埃を始め、粒子の細かい刺激物質などを完全にシャットアウトし、肌に入れません。
■潤いや美容成分を閉じ込めて、肌の再生を実現!
肌を薄い膜でラップするようにつつんでくれるので、潤いや美容成分を閉じ込めて逃がしません。肌のターンオーバーを正常に戻し、夏に受けた蓄積ダメージを修復します。
■ディセンシアのクリーム・UVケア品全てに採用!
特許技術「ヴァイタサイクルヴェール®」はディセンシアのクリーム・UVケア品(ボディ用含む)全てに採用しています!
商品一覧はこちらから⇒ http://www.decencia.co.jp/

【外部刺激からまもる「角層ラッピング機能」】

乱れた角層をまるでラップするように包みます。これは“ベントナイト”と呼ばれる非常に薄い板状粉体で実現しました。ベントナイトの隙間をオイルと保湿剤で満たされた膜で、まるで自分本来の角層のように肌をつつみこむことで、水分蒸発を防ぎながら外部からの刺激をブロックします。


【角層の奥までうるおす「セラミドナノスフィア」】

●ヒト型ナノセラミド
細胞間脂質を構成するセラミドと同一の化学構造のセラミドを採用。乱れたセラミドの配列を整え、肌の保水機能をサポートします。
●独自のナノディスパージョン技術
化粧水には配合が難しかったセラミドを、独自構造によりナノサイズ化して配合することによって保湿力を最大限に発揮します。角層の表面にとどまる「通常のセラミド」に比べ、「セラミド ナノ スフィア」は角層深くまで浸透します。

【保湿効果を高めるお手入れ方法】
1.より均一に♪手のひら全体に伸ばす!
均一にお肌の上にのせることができ、コットンではわからない肌状態を確認します。
2.まるでパック♪3秒間包み込む!
馴染ませた後、手の温かい温度で包み込むことによって、浸透感を高めます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
decencia(http://www.decencia.co.jp/
ディセンシアお客さまセンタ―窓口一覧
■ご注文専用窓口 0120-714-885
ご注文、お届け日・お申込み商品の変更について
■お問い合わせ専用窓口 0120-714-115
商品・お肌についてのご相談、商品の返品・交換、
定期お届けサービスの解約、お支払関連、その他お問い合わせについて
※月~金10:00~20:00/土10:00~17:00 (日・祝はお休み)

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社DECENCIA >
  3. 肌の変化を感じても、半数の女性が化粧品の切替をしないことが判明!化粧品の衣替えをして、夏のダメージ修復と秋支度の肌ケアを始めるなら今!