ユリス・ナルダン XPLORE ブロックチェーン・テクノロジー

全ての時計にブロックチェーンを活用した正規品製品保証を導入


ユリス・ナルダンは主な技術革新を活用した顧客サービスの強化の一環として、ケリングのイノベーションチームと共同で技術開発をしました。 実際には2019年の11月よりユリス・ナルダンの正規販売店でご購入いただいた時計には、顧客がユーザー登録するとブロックチェーンを活用した正規品の不正開封防止のブランドのデジタルサイン付き保証書がeメールで送付されます。ファインウォッチメーカーとしてこの点においても、ユリス・ナルダンは真の製品であると証明したいと願いました。

 
2020年1月  ル・ロックル

個々の時計が持つデジタル指紋

先端技術で顧客サービスの確かな向上を図るため、ユリス・ナルダンは高級時計のマニュファクチュールとしては初めて、ブロックチェーン・サーティフィケーションを全ての時計に採用しました。基本的にブロックチェーンではデータを保存、情報転送、取引が出来ることを覚えておく必要があります。また複数のユーザー間でシェアされるデジタルデータベースで、いつでもどこでも情報の信頼性を評価し、データ追加や取引の記録ができる暗号を用いたシステムです。ユリス・ナルダンの手法としては、「ハッシュ(値)」のフォームに「デジタル証明」が付いた全てのPDF製品保証書を、ビットコイン・ブロックチェーン上に保管しています。例えば、暗号化された一連の文字を。

従って、このケースではブロックチェーンに守られた製品保証書のようなデジタル文書は、不正開封防止が付くことになります。「ハッシュ」の登録へは世界中どこでもいつでも公然とアクセスが可能で、時計購入者に提供する実際の保証書カードの削除や紛失、偽装のリスクを回避できます。他の利点として、アフターセールスサービス(信頼できる取引履歴)の際、または時計をギフトするときやリセール(ユーズドマーケット)する際に、非常に便利に使うことが出来ます。「バブルタグ」が付いた実際の保証書カードの発行は継続し、それにより正規店の購入者は製品保証の5年への延長を受けられ、これもまたオンラインでブロックチェーンの製品保証として記録されます。

本質的には、顧客がユリス・ナルダンの時計を購入したとき、ユリス・ナルダンのウエブサイトに実際の保証書カードの「プルーフタグ」を入力する必要があります。その後顧客には購入者名の入ったPDF(全ての製品情報、品番、シリアルナンバー、保証書ナンバー、保証有効年月日)が送られます。保証書の署名は「ハッシュ」によりブロックチェーンで紐づけられます。例えば、デジタル・フィンガープリントのように。


最も安全 ビットコイン・ブロックチェーン

最新の暗号化技術と確かな分散によるビットコイン・ネットワーク(最初のブロックチェーンが作られたのは10年以上前で、データにハイレベルの信頼性がある)により、保証書は非常に革新的なプロジェクトとして活用され、外部には使用されないものです。

 
「私たちは最も安全で最も認識されているソリューションを使うことに決めました。そして私たちのユーザーの満足度調査によると、90%がブロックチェーンを利用する価値があると選択し、守られたデジタル保証書を受け取ることに対しては100%満足の評価が得られました。」と、ユリス・ナルダンのチーフ・デジタル・オフィサー、ステファン・カリアーは述べています。

 
ユリス・ナルダンの保証書の信頼性を検証するには、ビットコイン・ブロックチェーンに直接アクセスhttps://blockstream.info/, または、同じオープンソースhttps://btcproof.info/ でチェックが可能です。 もう一つの方法として、ユリス・ナルダン公式ウエブサイトのチェッカーでも確認できます: https://www.ulysse-nardin.com/verify-certificate ユリス・ナルダンとケリングのこの開発には、Bretonスタートアップである「Woleet」を選びました。簡単なドラッグ&ドロップで、保証書とブロックチェーンが簡単にリンクするのです。

 
「我々はユリス・ナルダンと協力して、顧客の保証書にブロックチェーン技術を採用するこの革新的なプロセスを実施することを非常にうれしく思います。我々のメインタスクのひとつでもある顧客へのさらなるカスタマー・エクスペリエンスの強化という点で、ブランドと革新的な技術を用いたこのサービスは明らかに思い描いていたもので、それを実現させました。」ケリング、ダイレクター・オブ・イノベーションのアメリ・レモーニは述べています。


1つではなく、全部!

もう一つの大きなステップそして、多くの時計マニュファクチュールではブロックチェーン・テクノロジーを一部の「オプショナルサービス」と考えて試していますが、ユリス・ナルダンでは正式に全てのレンジに採用しています。

 「我々はユリス・ナルダンの時計ユーザーの皆様に、お使いの全ての製品は正規品(模造品ではないという意味で)であると証明したいと思いました。次のステップ[1]として、保証書のオーナーシップの移動や全てのメンテナンス記録のブロックチェーンでの記録があります。」 ユリス・ナルダンCEOパトリック・プルニエは述べます。


373のフランスの起業家や大企業によるデジタル・イノベーション・グランプリ(サービスカテゴリー)の候補者プロジェクトから、10の革新的なプロジェクトがファイナリストとして選ばれ、2020年2月27日に結果が発表されます。

 
ユリス・ナルダンのブロックチェーン・テクノロジーを使った保証書については、ユーチューブにてご紹介しています(フランス語/Web画面は英語): https://www.youtube.com/watch?v=WXESu0P2unU&feature=youtu.be


[1]システムは現在構築中です。
  

ユリス・ナルダンをフォロー

Facebook(フェイスブック) : https://www.facebook.com/UlysseNardinwatches/

Instagram(インスタグラム) : http://www.instagram.com/ulyssenardinofficial

Twitter(ツイッター):      https://twitter.com/ulysse_nardin

#weareulysse

 

ユリス・ナルダンについて - 自由を尊ぶマニュファクチュール

ユリス・ナルダンは海の世界からインスピレーションを得て、自由な精神を尊ぶ方々のために革新的なタイムピースを製作する先駆的なマニュファクチュールです。

1846年に自身の工房を創業。2014年11月からは世界的なラグジュアリーグループ、ケリングの一員として名を連ねています。ユリス・ナルダンは高級時計の歴史にいくつもの優れた功績を残しており、極めて早い時期から海の世界とのつながりで名を馳せていました。当時制作したマリンクロノメーターはこれまで作られたものの中でも最も信頼性が高く、現在でも世界中のコレクターたちから求められる製品です。最先端技術のパイオニアであり、シリコンなどの革新的な素材を積極的に利用するユリス・ナルダンは、自社で高精度部品およびムーブメントを製造できる技術力を備えた数少ない時計ブランドの1つです。このたぐい稀なる時計製造レベルの卓越性によって、ユリス・ナルダンはスイス時計製造業の中でも最も権威ある団体、高級時計財団(FHH)のメンバーに選ばれています。現在スイスのル・ロックルおよびラ・ショー・ド・フォンに工場を構えるユリス・ナルダンは、マリーン、ダイバー、クラシコ、エグゼクティブ、フリークの5つのコレクションで優れた高級時計製造を探求し続けています。2019年、ユリス・ナルダンは時計製造に「X-factor」(未知の要素)を導入しています。

ユリス・ナルダンは、2014年11月よりグローバル・ラグジュアリー・グループであるケリングの一員です。



 
  1. プレスリリース >
  2. ソーウインド ジャパン株式会社 >
  3. ユリス・ナルダン XPLORE ブロックチェーン・テクノロジー