(株)AI Samuraiの打田 智子エンジニアが日本人では2人目となるApache Lucene(アパッチルシーン) コミッタに就任します。

日本人で二人目の快挙

(株)AI Samurai シニアソフトウェアエンジニアの打田 智子氏が、Apache Lucene (弊社製品ほか世界的に使われているオープンソース検索エンジンライブラリ) のコミッタ(コードの修正ができる権限保有者)に就任したことを報告致します。

人工知能を用いた特許審査シミュレーションシステム『AI Samurai®』を開発・販売する株式会社AI Samurai (エーアイサムライ 本社:東京都千代田区、代表取締役社長 白坂 一)に所属する打田 智子シニアソフトウェアエンジニアはApache Software Foundation (https://www.apache.org/) プロジェクトの一つである Apache Lucene/Solr (http://lucene.apache.org/)  のコミッタに就任しました。

弊社は打田エンジニアの知見を『AI Samurai®』の開発に活用し、さらなる検索精度の向上やクライアントに高付加価値をもたらすことを目指します。

高速全文検索ライブラリである Apache Luceneについて
 Apache Lucene は、Java 言語で記述されたオープンソース検索エンジンライブラリです。事前に蓄積された大量のデータから、指定したキーワードを探し出す機能を持っています。中でもLucene/Solrは活発なコミュニティを持った検索エンジンで、世界中のさまざまなWebサイトや企業システムなどに導入されています。
打田エンジニアはLuke Lucene Toolbox プロジェクト(Luceneインデックスのブラウジングやデバッグを行うGUIツール)に2015年から参加。プロジェクトにおけるメンテナンスおよび、Lucene 本体への統合という貢献が認められ、今回の就任となりました。

日本人では2人目になる Luceneコミッタとは
コミッタとは、ソフトウェア開発やメンテナンスにおいて、機能追加やバグ修正といったプログラムを書き換える権限(コミット権)を持つ主要開発者のことです。現在 Apache Lucene/Solr コミッタには世界で約70人(2019年4月現在)⁠が就任しており、打田エンジニアは日本人では2人目の快挙になります。

「多くの検索システムで使われている Apache Solr や Elasticsearch に触れるうち、そのコアライブラリとして使われている Apache Lucene に興味をもつようになりました。このプロジェクトを通して海外のたくさんの優秀な開発者と関わることができ、とても貴重な経験になりました。コミッタ就任はスタート地点と捉えて,引き続きオープンソース文化に貢献できるように頑張りたいと思います。」(打田 智子シニアソフトウェアエンジニア)

AI技術を活用した世界初となる特許審査シミュレーションシステム『AI Samurai®』は発明内容(新しいアイデア等)や調査対象の文献情報を入力するだけで、AI(人工知能)が米国と日本の特許データベースから特許分類付与・先行技術調査・無効資料調査・クリアランス調査を行い、発明の内容理解・認定・特許登録の可能性を判断するすることができ2019年2月には一般社団法人電子情報技術産業協会 (JEITA:代表理事/会長 柵山 正樹 三菱電機株式会社 取締役会長)が主催する、「JEITAベンチャー賞」に選出されています。開発の中心メンバーである三上崇志取締役CTOは同じ開発本部に所属する打田 智子エンジニアの功績に対しこうコメントしています。

「弊社のサービスでもElasticsearchを利用してるため、間接的にLuceneを利用しております。そのLuceneのコミッタが弊社社員にいるというのは非常に心強いことであり、大変喜ばしく思います。Luceneの開発で培った知見を業務でも活かし、よりよいサービスの開発に貢献してくれるだろうと期待しています。また、弊社での業務がLucene開発にも貢献できるよう協力していきたいと思います。」(三上崇志取締役CTO)
 

打田 智子エンジニア打田 智子エンジニア

Luke Lucene Toolbox プロジェクトの画像よりLuke Lucene Toolbox プロジェクトの画像より

開発者経歴
取締役CTO 三上 崇志
京都大学理学部情報学研究科卒・大学院修了後、三菱電機入社。2010年度IPA未踏事業でスーパークリエータに認定。起業後SNS・アプリ等を企画・開発・運営し、ヴイストン株式会社にてコミュニケーションロボットSotaのソフトウェア開発を先導。2018年ゴールドアイピー(現AI Samurai)取締役CTOに就任、
AI Samurai開発の責任者。

シニアソフトウェアエンジニア 打田 智子
筑波大学大学院システム情報工学研究科博士前期課程修了。(株)カカクコム、(株)ロンウイット、(株)ニューズピックスで、Webサービス・検索・レコメンドシステムの開発運用、ユーザー行動分析、技術コンサルティングに従事。2019年2月より(株)AI Samurai で検索システム運用や精度向上、自然言語処理を活用した機能改善に携る。Python形態素解析ライブラリ janome 作者、Apache Lucene/Solr コミッター。著書に「Apache Solr 入門」(技術評論社、2017。共著)。

会社概要
株式会社AI Samurai
代表取締役社長:白坂 一
会社設立:2015年9月11日
所在地:東京都千代田区大手町1‐6‐1大手町ビル4階
資本金:2億6500万円(2019年2月28日現在)
事業内容:知的財産関連IT・分析サービスの提供
URL:https://aisamurai.co.jp/

 本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社AI Samurai
担当者:北村智美
TEL:03-6270-5577
e-mail:info@aisamurai.co.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社AI Samurai >
  3. (株)AI Samuraiの打田 智子エンジニアが日本人では2人目となるApache Lucene(アパッチルシーン) コミッタに就任します。