Trip.com、新型コロナウイルス感染症対応拡大のお知らせ 渡航制限を受けたお客様や医療従事者に特別対応

2020年2月25日(上海)―新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響を踏まえて、Trip.comは、特別無料キャンセル補償の拡大を発表しました。特別無料キャンセル補償の取り組みは、新型コロナウイルス感染症の流行を受けて、1月に発表されたもので、業界パートナーのサポートにより実現し、お客様にキャンセル無料の提供をしました。本日発表された新しいポリシーの一部として、Trip.comは、2020年2月23日午後11時59分までにTrip.comでご予約され、2020年3月31日の午後11時59分までに利用されるものについて、次のキャンセルポリシーを利用して、感染拡大の直接および不可避の影響を受ける個人に適用範囲を拡大します。
  1. 新型コロナウイルス感染症の診断を受けてご旅行できないお客様におかれましては、Trip.comのサイト・アプリでご予約されたすべての旅行商品が全額払い戻しの対象となります。
  2. 新型コロナウイルスを封じ込める医療従事者の献身的な努力を支援するため、Trip.comは新型コロナウイルス感染症の緊急事態に直接関連する取り組みに専念する医療従事者で、ウイルスとの闘いの最前線に残るためにご旅行のキャンセルを余儀なくされた方に対して、すべての旅行商品の全額払い戻しの対象となります。
  3. 渡航制限もしくは目的地当局による到着後14日間の強制検疫要件のため、予定された旅行が不可能になった場合、影響を受けられた出身国(韓国、日本、イタリア等)のお客様は、ホテル、列車チケット、空港送迎、レンタカー、ツアーおよびアトラクションパスのご予約について、全額払い戻しの対象となります。
  4. 特別無料キャンセル補償の取り組みに参加したホテルのすべての予約は無料でキャンセルできます。Trip.comは、可能な限り、この取り組みの対象外のホテルとの調整を最大限に行い、顧客への返金を確保するよう努めます。
  5.  航空券のキャンセルポリシーは継続的に更新され、航空会社のキャンセルポリシーに従います。Trip.comは、利用可能になった最新のポリシーに従って払い戻しを処理するお客様を支援します。

Trip.comグループ会長の梁建章(ジェームス・リャン)は次のように話しています。
「Trip.comは、状況の不安定さが世界中のお客様に不安を引き起こしていることを認識しています。不可避な状況のためにご旅行することができない皆様をご支援し、感染拡大を封じ込めるための医療従事者によって行われる献身的な犠牲を応援することは、ウイルス封じ込めの闘いにおけるこの大切な瞬間において私たちができることと信じています。」

Trip.comグループCEOの孫潔(ジェーン・スン)は、次のように話しています。
「この重要な時期におけるパートナーの理解とサポートに感謝します。団結して一つのまとまりのあるチームとして働き、ウイルスの拡散を減らすために私たちの役割を果たしましょう。」

渡航制限のある国/地域の最新情報は、以下のページをご参照ください。
https://jp.trip.com/newsroom/trip-com-update-on-novel-coronavirus-country-region-entry-restrictions-jp-0203/

 


■Trip.com(トリップドットコム)グループについて

 


Trip.comグループ(NASDAQ:TCOM)は、Trip.com、Ctrip、SkyscannerおよびQunarをブランドに持ち、多彩な旅行商品をワンストップサービスでお届けする旅行サービスプロバイダーです。モバイルアプリ、WEB、24時間356日対応のカスタマーサポートなど高度なトランザクションを可能とするTrip.comグループのプラットフォームを通して、世界中のお客さまと各地の旅行事業パートナーの皆さまに、便利でお得なご予約をご提供しています。1999年設立。2003年に米国NASDAQに上場。「あらゆる旅を最高に」をミッションに、世界で最もよく知られている旅行ブランドへと成長しています。

 



 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Trip.com Group Ltd >
  3. Trip.com、新型コロナウイルス感染症対応拡大のお知らせ 渡航制限を受けたお客様や医療従事者に特別対応