IT企業の誘致・定着を目指す「スタートアップ等補助制度」ロボットの開発・販売などを手がけるiPresence合同会社を新たに認定

神戸経済の持続的な成長を目指しITを活用したスタートアップ(成長型起業家)の育成支援を行っている神戸市では、スタートアップ等の集積・定着を促進するため、平成30年6月より兵庫県と連携して、神戸市内に新たに事業所を開設する企業のオフィス賃借料などを助成する「スタートアップ等補助制度」を設けています。
このたび、申請に基づき審査を行った結果、平成30年10月22日付で、新たに以下の通りiPresence合同会社を補助先として認定しましたのでお知らせします。これにより、本制度の認定先は6社目となりました。
【会社概要】
<会社名>
iPresence合同会社

<事業所所在地>
神戸市東灘区向洋町中6-9 神戸ファッションマート6階
<設立>
平成26年5月
<代表者>
代表社員
クリストファーズ クリスフランシス
<事業内容>
遠隔コントロール・コミュニケーション技術を活用したロボットの開発・販売、および関連サービスの提供

見守り介護ロボ『CARE-JIRO』見守り介護ロボ『CARE-JIRO』

<URL>
https://ipresence.jp/
<問い合わせ先>
iPresence合同会社 総務部長 平 徹
MAIL:info@ipresence.jp

神戸市は、今後もITを活用したスタートアップ(成長型起業家)の集積・定着を支援する取り組みを、継続して行ってまいります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 神戸市 >
  3. IT企業の誘致・定着を目指す「スタートアップ等補助制度」ロボットの開発・販売などを手がけるiPresence合同会社を新たに認定