11月22日は祇園辻利の「いいぶぶ(1122)デー」。一足先に大福茶(おおぶくちゃ)を楽しめる特典をご用意。

店舗で1,122円以上お買い上げの方には「大福茶」、通販で5,400円以上の方には「急須と大福茶」をプレゼント!

株式会社祇園辻利(本社:京都市東山区)は、11月22日を「いいぶぶ」デーとして、当日店舗と通販でお買い上げのお客様に特典をご用意いたします。
「ぶぶ漬け」という言葉でご存じの方もいらっしゃるでしょうが、京言葉で「ぶぶ」とはお茶のことを指します。祇園辻利は、お茶の美味しいこの季節に、より多くの方がお茶に親しんで頂ければとの思いから、毎年11月22日を11(いい)22(ぶぶ)デーとして、この日だけのサービスを店舗と通販にて実施することにいたしました。
 

 

大福茶(おおぶくちゃ)についての詳細はこちらをご覧下さい
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000065.000011317.html

【「いいぶぶ」デー キャンペーン概要】
■期日:
    2016年11月22日(火)
■実施店舗:
    [京都]
    祇園辻利:祇園本店・京都駅八条口店
    茶寮都路里:京都伊勢丹店・高台寺店
    [東京]
    祇園辻利:東京スカイツリータウン・ソラマチ店
    茶寮都路里:大丸東京店

    [通信販売]
    電話/075-525-1122
    オンラインストア/http://www.kyoto-wel.com/shop/S81095/

■対象:
    店舗:物販商品を税込1,122円以上お買い上げされた方。
    通販:税込5,400円以上ご注文の方(11月22日 0:00〜23:59に注文確定された方)

■内容
    店舗:大福茶ティーバッグ2袋入をおひとつ進呈
    通販:萬古焼急須1個と大福茶(茶葉 8g)1袋を進呈

※ソフトクリームなどテイクアウトのみをお買い上げの方への特典はございません。
※特典は無くなり次第終了とさせていただきますので、あらかじめご容赦ください。

■祇園辻利について
祇園辻利の歴史は、1860年(萬延元年)、屋号を初代・辻利右衛門の名より「辻利」とし、宇治(現・京都府宇治市)にて宇治茶の製造と販売を開業したことに始まります。
のちに京都・祇園を礎とすることから、「祇園辻利」と改名いたしました。古くより不老長寿のために珍重されてきたお茶は、心身にゆとりと安らぎを与える一 服の贈りもの。お茶の豊かな味わいと愉しみをお届けすることで、人々の健やかな日々と日本の伝統文化の継承に貢献してまいります。

社名            株式会社祇園辻利
所在地         本社:京都市東山区小松町11-5
                  本店:京都市東山区祇園町南側573−3
代表者         代表取締役三好正晃
事業内容      宇治茶・抹茶菓子販売
webサイト   www.giontsujiri.co.jp
 
※本プレスリリースに記載されている内容は発表時点の情報です。
予告なしに予定が変更となる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  1. プレスリリース >
  2. 祇園辻利 >
  3. 11月22日は祇園辻利の「いいぶぶ(1122)デー」。一足先に大福茶(おおぶくちゃ)を楽しめる特典をご用意。