3月21日(月・祝)に『1日限りの産直レストラン〜宮城県南三陸町編〜 by産地テーブル』を開催!

食からはじまる町おこしプロジェクト『産地テーブル』

産地テーブル(代表:伊藤 舞、URL:http://sanchitable.com )は、2016年3月21日(月・祝)に『1日限りの産直レストラン 〜宮城県南三陸町編〜』(URL : https://www.facebook.com/events/897512493695143/ )を開催します。

産地テーブルは、「ひとくちから旅がはじまる」を合言葉に、地方にまつわる企画を東京のテーブルに並べ、地域を活性化していくプロジェクト。今回開催する『1日限りの産直レストラン』は地方の生産者やお店から食材を仕入れ、東京で地域活性・産地直送レストランを開催しています。地方には魅力ある食材が豊富にあります。日本各地にある産地にスポットをあて、その土地で採れた魅力ある食材をテーブルに載せて、みんなで食すイベントです。
【1日限りの産直レストラン〜宮城県南三陸町編〜 について】

 

これまで新潟県村上市、北海道根室市、兵庫県、奄美群島を舞台に開催しており、第5弾として震災から5年を迎える『宮城県南三陸町』を舞台に3月21日(月・祝)に開催します。

今回は震災後、NPO団体のETICによる右腕派遣プロジェクトで南三陸の復興活動を支援、2014年からは南三陸町復興応援大使を務める村井香月さんをプロデューサーに迎え、震災特集のメディアからでは伝わらない南三陸町の魅力を「食」を通してお伝えします。

地元の農家に住み込んで活動し、地元の方と深い絆で結ばれた村井さんだからこそお送りできる、今おススメの食材の数々をお楽しみ頂けます。

テーマは「海と山と里」。
豊かな自然に恵まれて育った「幸」を是非お楽しみに!!

 
■イベントページ
http://sanchitable5.peatix.com/
https://www.facebook.com/events/897512493695143/

■日時
2016年3月21日(祝)14:00~16:00 ※開場は13:40です

■会場:
RYOZANPARK巣鴨 地下イベントスペース(http://ryozanpark.jp/house/
※入り口でお履物を脱いで頂く形となります

■スタイル
立食形式

■メニュー(予定)
ビュッフェ形式
この時期にしか楽しめないわかめのしゃぶしゃぶをはじめ、無農薬で作られたササニシキや地域の大豆を使ったメニューなど、海産物・農産物の数々を予定しています。
また入手困難なため他ではなかなか味わえない、南三陸町のお米で作った日本酒「おらほの酒」も特別にお楽しみ頂けます!(有料)

■参加費:
大人:3,500円
子供:1,000円(※小学6年生までが該当。3歳以下は無料。)
※アルコールのみ、参加費用とは別で販売させて頂きます。ご了承ください。

■申し込み方法
以下のサイトからチケットの購入をお願いいたします。
http://sanchitable5.peatix.com/
※キャンセルの際には手数料500円を頂戴します、なお3/19以降のキャンセルは払い戻しができませんのでご注意下さい。

■定員
60名
※首都圏にお住いで南三陸町に興味がある方、南三陸町出身者、南三陸町に縁のある方がお越しになる予定です。

■主催
産地テーブル(URL : http://sanchitable.com/ 

■協力
プロデューサー:南三陸町復興応援大使 村井香月
会場:RYOZAN PARK( URL : http://ryozanpark.jp/ 
会場コーディネイト:町田 綾乃(URL:http://www.partyforyou.net/ 

 

【産地テーブルとは?】

 

日本の地方には魅力ある食材や特産品、観光資源などの”宝”が豊富にあります。

日本各地にある産地にスポットをあて、地方の魅力をテーブルの上に載せることで、東京を中心とした首都圏の人たちからの認知度を高め、食材や特産品などの販路拡大による産業振興・地域活性化に繋げることを狙いとしています。また、実際に産地に足を運びたくなるような場を提供していきたいと思います。



【こんなことをやっています!】
■1日限りの産直レストラン

これまでに4度開催した産地の食材を集めて開く『1日限りの産直レストラン』はいずれも大好評を頂いております。産地の物産を購入頂いたり、産地に興味を持っていただくこともできています。これまで開催した地域は新潟県村上市、北海道根室市、兵庫県、鹿児島県奄美群島です。

奄美群島編URL:https://www.facebook.com/events/886587388103503/
 

 

 

 

 


  
■五福屋TOKYO
「五福屋TOKYO」では、料理に合う日本中の「さしすせそ」との出会いを紹介します。日本には古来から地域特有の職人の技が生きた調味料があります。毎日の料理作りに欠かせない5つの調味料「さしすせそ」にはたくさんの魅力があります。日本中の「さしすせそ」の魅力をを日本、世界に発信していきます。

■サイトURL:http://gofukuya.tokyo
■Instagram:https://www.instagram.com/gofukuyatokyo/
■Facebook:https://www.facebook.com/gofukuyatokyo/

メーカー、生産者の方からの「さしすせそ」掲載希望をinfo@sanchitable.comにてお待ちしております!
 

 

 


■Iedeathon(アイディアソン)
日本各地の地域にスポットをあて、その地域で暮らす方々と共に地域の未来を考えるワークショップです。
奄美編では、黒糖焼酎メーカーや地域おこし協力隊の方が出したテーマに対して、実現可能なアイディアを参加者が提案しました。
 
URL:  https://www.facebook.com/events/172016499821923/
 

 

 

 

■TSUMUGU(つむぐ)

 


 
地方の"今"を"未来"に紡いでいくためのメディアです。その地域で暮らす方にインタビューした内容を掲載しています。

URL: http://amami.tsumugu.cc


 

【メンバー】
本プロジェクトは、伊藤 舞・福里 さや香・土屋 敬・二井 賢治郎(アートディレクター)・田中 藤太郎(デザイナー)・益子 繁成(テクニカルディレクター)・橋本 夏海(フォトグラファー)がスタートさせたプロジェクトです。

私たちは、このプロジェクトで都市で暮らす人・地方で暮らす人がつながり、みんなの広げていきたいと考えています。少しでも気になった方は info@sanchitable.comまで気軽に連絡ください!新たなメンバーを待っています!

 
【産地テーブルの最新情報はこちら】
最新情報はウェブサイト、Facebookなどを御覧ください!

■ウェブサイト  http://sanchitable.com
■Facebookページ https://www.facebook.com/sanchitable
■instagram  https://www.instagram.com/sanchitable

 

【本件に関するお問い合わせ先】
産地テーブル  担当:伊藤、土屋
E-mail : info@sanchitable.com

※本プレスリリースはリレーションズ株式会社の社内有志が『産地テーブル』プロジェクトを進めているため、リレーションズ株式会社から配信しております。本件のお問い合わせは『産地テーブル』までお願いします。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. RELATIONS株式会社 >
  3. 3月21日(月・祝)に『1日限りの産直レストラン〜宮城県南三陸町編〜 by産地テーブル』を開催!