世界中の人の絵をつなげたアート作品「SORA」スリランカに運ぶためにクラウドファンディングを開始!

細胞アーティストOuma(オーマ)は、株式会社朝日新聞社の運営するクラウドファンディングサービス「A-port (エーポート)」において、『世界中の絵をつなげた「SORA」スリランカに運び、子どもたちの絵とつなぎたい!』というプロジェクトを2016年2月19日(金)より開始いたしました。

(SORAプロジェクト/協力・ギャラリーキッサ/幅11m29cm 高さ210cm)

【SORA(ソラ)プロジェクトとは?】
世界中の人から絵を集め、ひとつにつなげて、世界にひとつの「空(SORA)」のような作品をつくろうというアートプロジェクトです。A4サイズの紙に細胞をテーマにした下絵を描き、色をつけてもらってからつなげると、下絵の線画がつながって1つの作品になります。人種や国籍、言語、性別、身体的特徴、職業、年齢など、すべての背景を超えて、人の心に触れるものがつくりたいという思いで2013年にスタートしました。(旧名:天才プロジェクト)

多くの人にご協力いただいて現在約400枚まで育ってきた作品を、2016年6月、初の海外となるスリランカの孤児院に運び、スリランカの子どもたちにも参加してもらって、ひとつにつなげ、世界中に広げていく第一歩とします。

(写真提供・協力/タイ国学生日本語教育環境支援プロジェクト、NPO Heart&Earth/タイ・ダムロン高校)

(写真提供・協力/スプートニクスリランカ(左)、タイ国学生日本語教育環境支援プロジェクト、NPO Heart&Earth/タイ・アカ族の子どもたち(右))


【クラウドファンディング「A-port」プロジェクトページ】
世界中の絵をつなげた「SORA」スリランカに運び、子どもたちの絵とつなぎたい!

https://a-port.asahi.com/projects/sora_ouma
・クラウドファンディング実施期間:2016年2月19日~年4月8日

【クラウドファンディングとは】

自らの企画をインターネット上でプレゼンすることで、少額からの資金や協力を集められる仕組みです。

【Ouma(オーマ)/細胞アーティスト】
2011年2月に臨床獣医師を辞め、アーティストに転向。2013年1月に六本木のUNAC TOKYOにて初個展。現在は「細胞」をモチーフとした作品を制作。世界中の人をつなげるアートプロジェクト「SORAプロジェクト」を主宰。家賃0円クリエイターズシェアハウスTOLABL住人。

2016年2月、SORAプロジェクトの作品が「グランシップアートコンペ2016」の奨励賞を受賞。

(バルセロナ滞在中のOuma(左)、SORAプロジェクトの下絵原画(右))
HP:http://oumavet.com/

【協賛企業】
三菱製紙株式会社:https://www.mpm.co.jp/
(これまでに、「金菱 104.7g/㎡」(上質紙)、「N パールデラックス 320g/㎡」(板紙) をご提供いただきました。)

【協力】
タイ国学生日本語教育環境支援プロジェクト:http://www.tgkobe.org/GroupDetail.asp?id=778
NPO Heart & Earth:http://heartearth.wix.com/home
スプートニクスリランカ:http://srilanka.sputnik-international.jp/
キッズサポートりま:http://www.sumida25.net/s427/
ギャラリーキッサ:https://gallerykissa.jp/
株式会社ロッカ:http://www.rokka-p.co.jp/

【クリエイターズシェアハウスTOLABLについて】
クリエイターズシェアハウスTOLABLは、リレーションズ株式会社がプロデュースしたアトリエ・イベントスペースと家賃0円で暮らせる居住スペースを兼ね備えた空間です。2014年夏に住人募集を開始し、現在は5人の住人が選ばれ、居住しています。
・リレーションズ株式会社: http://www.relationsgroup.co.jp
・TOLABL ウェブサイト:http://www.tolabl.com
・TOLABL facebookページ:https://www.facebook.com/tolabl

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. リレーションズ株式会社
  3. 世界中の人の絵をつなげたアート作品「SORA」スリランカに運ぶためにクラウドファンディングを開始!