TOEFL®テストを英語教育に活かす!2019年開催 英語教員対象ワークショップ申込受付開始

TOEFL®テスト開発・運営元の米国非営利教育団体Educational Testing Service(ETS)(所在地:本部米国ニュージャージー州プリンストン)とTOEFLテスト日本事務局を務める国際教育交流団体の一般社団法人CIEE国際教育交換協議会(所在地:東京都渋谷区、代表理事:上原 ケイシー トーマス)は、2019年7月から9月にかけて、英語教員対象「TOEFL iBT®テストPropell®ワークショップ」(Propell® Workshop for the TOEFL iBT® Test)を開催します。

 

               URL:https://www.toefl-ibt.jp/propell/

 

  • 2019年は仙台、東京、大阪、沖縄の4都市にて開催

TOEFL iBT®テストPropell®ワークショップは、TOEFL®テスト開発・運営元の米国非営利教育団体Educational Testing Service(ETS)が世界中の英語教員向けに開催しているワークショップです。4技能の英語力を測定するTOEFL iBTテストの問題や採点体験、他の教員とのディスカッション等を通じて、アカデミック英語についての理解を深め、今後の指導に役立てていただくことが主な目的です。
日本では2011年よりETSとTOEFLテスト日本事務局のCIEE国際教育交換協議会(CIEE Japan)が共同で実施しています。ETS公認トレーナー(ETS Authorized Propell Facilitator)がETS作成kitを使用しながら、インタラクティブに進めていく本ワークショップの評価は高く、参加者から「非常に有益なワークショップ」との感想を多数いただいています。
2019年は7月から9月にかけて、スピーキングとライティングに特化した半日ワークショップと4技能を取り扱う1日ワークショップを開催します。詳細は下記「ワークショップ概要」をご覧ください。
 

                   ▲ワークショップの様子

 

  • ワークショップ概要

[スケジュール]
■半日ワークショップ(2技能 Speaking & Writing)

都市 日程 時間 場所 講師
(ETS Authorized Propell Facilitators)
東京 7/27(土) 13:00~
17:00
東京八重洲
ホール 
津田 信男先生
(甲南大学)
仙台 8/21(水) 13:00~
17:00
東北大学※ 宇佐美 修先生
(栄光学園中学校・高等学校)

■1日ワークショップ(4技能)

都市 日程 時間 場所 講師
(ETS Authorized Propell Facilitators)
沖縄 8/12(月) 9:30~
16:45
名桜大学※ 横川 綾子先生
(明治大学)
東京 9/7(土) 9:30~
​16:45
東京八重洲
ホール
五十峰 聖先生
(立命館アジア太平洋大学)
大阪 9/21(土) 9:30~
​16:45
新大阪
丸ビル別館
田岡 千明先生
(神戸女学院大学)

  ※仙台は東北大学、沖縄は名桜大学との共催で実施されます。

 

対象 英語教員(小・中学校、高校、大学、専門学校、語学学校等)
定員 各30名
内容 (2技能)TOEFL iBTテストにおけるSpeakingおよびWritingセクションの採点基準・方法、クラスでの学習活動や学習者への指導方法等の紹介
(4技能)TOEFL iBTテスト(Reading、Listening、Speaking、Writing)の概要説明、SpeakingおよびWritingセクションの採点基準・方法、クラスでの学習活動や学習者への指導方法等の紹介
使用言語 ワークショップは英語で行われます。
参加費 (2技能)2,000円(ワークショップ使用ETS作成Propell kit代含む)
(4技能)3,000円(ワークショップ使用ETS作成Propell kit、昼食代含む)
参加特典 ワークショップに参加いただいた皆様には、参加後、TOEFLテスト日本事務局運営「TOEFL®テスト公式教材ショップ」の教材を特別割引価格でご利用いただける案内を差し上げます。
申込方法 下記Webサイトより申込フォームに必要事項を入力し送信してください。
https://www.toefl-ibt.jp/propell/index.html
お問合せ先  TOEFL iBTテストPropell ワークショップ担当
E-mail:ctas@cieej.or.jp

※1日ワークショップの主要部分は前回(一昨年)と同様の内容になります。また半日ワークショップにおいては1日(4技能)ワークショップで取り扱うSpeaking & Writingセクションの内容が中心となります。


 

  • ワークショップ等参加者による「授業での実践事例」のご紹介

当協議会Webサイトでは、TOEFL iBT®テストPropell®ワークショップに参加いただいた先生方を中心に、英語教員の方々が生徒・学生の英語力向上に向けてTOEFL®テストやワークショップの内容を参考にしながら授業で取り組まれていることを紹介しています。

https://www.toefl-ibt.jp/propell/educators-class.html

 

 


 

  • TOEFL® Resource Series for Teachers

ETS公認トレーナーの横川綾子先生(明治大学)と宇佐美修先生(栄光学園中学校・高等学校)もコメントされています。ぜひご覧ください。
 

 




■TOEFL® テスト(https://www.cieej.or.jp/toefl/ )

TOEFLテストは英語能力を評価する試験として、世界の幅広い国で受け入れられているテストです。現在、150か国、10,000以上の機関がスコアを活用し、累計3,500万人以上がTOEFLテストを受験しています。TOEFL iBTテストは大学レベルの英語運用能力の測定が可能なテストで、学業において「読む」「聞く」「話す」「書く」の4つの技能を複合的に使用できるかを測定します。

 

【団体概要】
一般社団法人 CIEE国際教育交換協議会(英語表記:CIEE Japan)
代表理事 : 上原 ケイシー トーマス
所在地 : 〒150-8355 東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山
Tel : 03-5467-5501
Fax : 03-5467-7031
Webサイト : www.cieej.or.jp
創立 : 1947年本部(アメリカ・ニューヨーク州)、1965年日本代表部(東京)
事業内容 :CIEEは1947年にアメリカで設立された非営利法人です。現在メイン州ポートランドに本部を置き、学生、社会人、教員を対象とした様々な国際交流プログラムを開発・運営しています。日本代表部は1965年東京に開設されて以来、日本の国際交流の草分けとして様々な国際交流プログラムを運営し、これまでに7万人がCIEEのプログラムに参加しています。
また、1981年以降米国Educational Testing Service(ETS)の委託を受け、TOEFL®テスト日本事務局としてTOEFL®テスト広報活動、TOEFL ITP®テストの運営、Criterion®をはじめとするETS公式プロダクトの普及促進活動などを行っています。
CIEE日本代表部は2018年9月から「一般社団法人 CIEE国際教育交換協議会」となりました。なお英語表記は「CIEE Japan」です。

ETS logo, TOEFL, TOEFL iBT, TOEFL ITP, PROPELL and CRITERION are registered trademarks of Educational Testing Service (ETS) used by CIEE Japan pursuant to license.

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. CIEE Japan >
  3. TOEFL®テストを英語教育に活かす!2019年開催 英語教員対象ワークショップ申込受付開始