卓球男子日本代表オフィシャルウェア広告ビジュアル完成

「躍動感」「力強さ」「特別感」「新しさ」の4つをテーマにした新ビジュアル

スヴェンソングループの株式会社VICTAS(本社:東京都中央区、代表取締役社長 松下浩二)は、4月11日(月)に発表した卓球男子日本代表オフィシャルウェアを、ナショナルチームの4選手(丹羽孝希選手・張本智和選手・戸上隼輔選手・宇田幸矢選手)が着用した広告ビジュアルが完成したことをお知らせいたします。

今回は、「躍動感」「力強さ」「特別感」「新しさ」の4つをテーマに広告ビジュアルを制作いたしました。
卓球男子日本代表選手を起用し「躍動感」や「力強さ」をポージング、「特別感」をレイアウト、「新しさ」は背景の造形とカラーで表しています。
また、マスタードイエローを使用することでよりブランドカラーのブルーが引き立てられ、これまでにない新しいVICTASを表現する広告ビジュアルになっています。

選手が着用している卓球男子日本代表オフィシャルウェアのデザインには、VICTASが90周年を迎え、これから100周年に向けて更なる躍進を目指し、新しいデザインの可能性を広げようとトライしたバイオカモフラージュというデザインを採用しています。ウェアだけでなくジャージも提供することで、コート内外で選手を強力にサポートして参ります。

VICTAS は、素晴らしい活躍で私たちに感動を与えてくれている卓球男子日本代表を応援し、「今の勝者を破り、明日の勝者になる」ため、共に世界に挑んでまいります。


■2022 卓球男子日本代表ウェア 特長
パフォーマンスを最大限に引き出すための素材を使用し、デザインのみならず着心地の良さでも選手をサポート。

●着心地の良さを最大限に引き出すSUPER SALAMAX(スーパーサラマックス)
「スーパーサラマックス」は速乾性が従来の「サラマックス」に比べ約27%向上、吸水した水分をすばやく生地表面に拡散させ、肌面に残さずベタつかない素材。高い吸収性と肌面ドライにより、発汗が激しいトップレベルのプレー後でも汗による不快感を与えません。

●デザイン性と素材本来の質の高さを表現するViscotecs(ビスコテックス)
熱処理による生地の硬化がない染色技術「Viscotecsシステム」により、素材本来の着心地の良さと、鮮やかなカラー表現を可能にしました。

■株式会社VICTASについて
VICTASは「I AM NEXT.」をコンセプトに明日の勝者を目指す新世代のブランドとして卓球用品を展開しています。アドバイザリー契約中の丹羽孝希選手をはじめ多くのプロ卓球選手のサポートはもちろんのこと、2017年4月より公益財団法人 日本卓球協会と卓球男子日本代表のオフィシャルサプライヤー契約を締結し、日本代表選手へのサポートも実施しております。VICTASは、卓球選手・卓球愛好者だけでなく、一般の方々にも卓球の楽しさや面白さを伝え、卓球を通じて社会に貢献して参ります。
VICTAS HP: https://www.victas.com/

■企業概要
社    名: 株式会社VICTAS
住    所: 東京都中央区晴海1-8-10 トリトンスクエアX棟 25階
電    話: 03-6219-1700
代 表 者: 代表取締役社長 松下浩二
親 会 社: 株式会社スヴェンソンホールディングス
事業内容: 卓球用品全般 製造販売
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社VICTAS >
  3. 卓球男子日本代表オフィシャルウェア広告ビジュアル完成