男性は生理をどこまで理解してる?毎月のかかる費用や症状などの理解度を徹底調査!【男性581人にアンケート】

近年、SNSなどで生理に関する情報を目にする機会が増え、男性も生理について知る機会が増えています。今回は男性581人に生理に関するアンケートを実施。症状やかかる費用など様々な理解度を調査しました。

株式会社PLAN-B(東京本社:東京都港区、代表取締役:鳥居本 真徳)が運営する、メディア「エラベル(https://elabel.plan-b.co.jp/)」が「生理」に関するアンケート調査を実施しました。

 
  • 調査概要
・アンケート内容:「生理」に関するアンケート調査
・調査方法:インターネット調査
・調査対象:10代〜60代の男性581人
・アンケート実施期間:2021年7月21日〜 2021年7月26日
※この記事で使用される百分率(%)は各項目の数値が割り切れない場合、その総数が99.9%〜100.1%の間で変動致します。
 
  • アンケート内容
Q1:年齢
Q2:職業
Q3:生理について理解があるか?
Q4:生理はどの程度の頻度でおこると思うか?
Q5:生理の症状をすべて選択
Q6:月にどのくらい生理用品にお金がかかると思うか?
Q7:パートナーの生理周期や生理の症状について知りたいか?
Q8:Q7の回答の理由
Q9:生理中の女性がしない方が良いことは何?
Q10:Q9で「その他」と回答した人の具体的な内容
Q11:生理にまつわる失敗談ややってあげて良かったこと
 
  • 生理に理解があると答えた男性は44.8%! 

【生理について理解があるか?】
・はい…44.8%(260人)
・いいえ…41.5%(241人)
・どちらとも言えない…13.8%(80人)

「生理について理解があるか?」という質問に対し、最も多い答えは「はい」44.8%(260人)という結果になりました。

半数近くが生理に対し理解があると答え、わずかではありますが「いいえ」を上回っていることが分かります。

コロナ禍で生理の貧困が取り上げられるなど、ニュースとなったことで生理について知る機会が増えたのかもしれません。※1

では具体的に、男性がどのくらいまで生理を理解しているのかをみていきましょう。

※1:NHK NEWS WEB「「生理の貧困」生理用品の配布など支援・検討 255自治体に」ーhttps://www3.nhk.or.jp/news/html/20210602/k10013063101000.html
 
  • 男性の生理理解度調査!

女性に毎月訪れる生理ですが、男性は経験することができません。

半数近くの男性は「理解がある」と結果が出ましたが、果たしてどのくらいまで理解しているのでしょうか?3つの質問を通し、深堀りしてみたいと思います。

【生理理解度調査・質問内容】
・一般的に、生理はどの程度の頻度でおこると思いますか?
・あなたが知っている生理の症状をすべて選択してください
・一般的に、月にどのくらい生理用品にお金がかかると思いますか?

 
  • 生理の頻度について正しく理解してる?


【男性が理解する生理の頻度について】
・1週間に一度 …1.0%(6人)
・2週間に一度…2.2%(13人)
・3週間に一度…7.2%(42人)
・4週間に一度…75.9%(441人)
・5週間に一度…5.2%(30人)
・6週間に一度…9.8%(5人)
・不定期…3.1%(18人)
・分からない…4.5%(26人)

生理はどの程度の頻度でおこるか?という質問に対し、最も多い答えは「4週間に一度」75.9%(441人)という結果になりました。

「3週間に一度」「4週間に一度」という答えが多かったことから、基本的に生理は月に一度と理解をしているようです。

また、一般的に女性の生理周期は25日〜38日※2と言われているため、75.9%の男性が正しく理解していると分かりました。

その他、不定期と答える人もいたことから、パートナーが不定期の場合は、不定期だと理解していることが予測できます。

※2:一般社団法人 日本女性心身医学会「女性の病気について:月経不順」ーhttps://www.jspog.com/general/details_07.html
 
  • 生理の症状について正しく理解してる?


【男性が理解する生理の症状について】
・イライラする…89.1%(518人)
・1週間程度の出血…76.9%(447人)
・腹痛…71.3%(414人)
・倦怠感がある…57.0%(332人)
・気分が落ち込む…55.2%(321人)
・頭痛…48.9%(284人)
・腰痛…47.3%(275人)
・貧血…44.8%(260人)
・便秘…9.6%(56人)
・発熱…8.8%(51人)
・その他…2.1%(12人)
・分からない…1.4%(8人)

知っている生理の症状は?という質問に対し、最も多い答えは「イライラする」89.1%(518人)という結果になりました。

「出血」や「腹痛」をおさえ、「イライラする」が一番多いというのは少し驚きですね!

ただ、「イライラする」という症状は、場合によってその矛先が男性に向かってしまうこともあるため、生理中にはイライラしてしまうものだ、と理解している人が多いのかもしれません。

また回答の多かった順番にみていくと、メンタル面と体調面、どちらにも不調が出ると理解しているようです。
 
  • 生理用品にかかる一ヶ月の金額を知ってる?

【男性が理解する一ヶ月の生理用品の金額について】
・0円〜99円…0.2%(1人)
・100円〜500円…7.2%(42人)
・500円〜1,000円…27.0%(157人)
・1,000円〜1,500円 …31.3%(182人)
・1,500円以上…20.7%(120人)
・分からない…13.6%(79人)

生理用品にかかる一ヶ月の金額は?という質問に対し、最も多い答えは「1,000円〜1,500円」31.3%(182人)という結果になりました。

お店で目にする機会や、パートナーから買い物を頼まれるなど、日常生活で生理用品の金額を目にすることも多いため、だいたいの金額が把握できていると考えられます。

ちなみに、一般的に生理にかかる一ヶ月の金額は1,600円程度。※3「1,000円〜1,500円 」「1,500円以上 」など、半数近くの男性が平均的な金額を回答していました。

※3:Yahoo!ニュース「一生で生理に関連する費用はどれくらいかかる?「生理の貧困」問題」ーhttps://news.yahoo.co.jp/articles/a88ce28ec0e501cf5f68fc4009348672c348d457?page=2
 
  • パートナーの生理周期を理解したい男性は何人?


【パートナーの生理周期について】
・知りたい…59.2%(344人)
・どちらとも言えない…29.9%(174人)
・知りたくない…10.8%(63人)

パートナーの生理周期について知りたい?という質問に対し、最も多い答えは「知りたい」57.5%(334人)という結果になりました。

近年では生理に関する話題も増えたため、パートナーへ生理周期を聞くことに抵抗が少なくなっているのかもしれません。

では次に、どんな理由で男性が「知りたい」「知りたくない」「どちらとも言えない」と考えているのでしょうか。以下にそれぞれ多い順でまとめてみました。

【パートナーの生理周期を知りたい/知りたくない理由】

〈知りたい〉344人
・気遣い・サポートしてあげられるから…144人
・こちらの心構えのため…50人
・理解を深めたい…40人
・二人のことだから知っておきたい…29人
・イライラさせたくない・ケンカしたくない…26人
・性行為のタイミングが知りたい…21人
・相手の体調を把握しておきたい…20人
・予定を組むときの参考にしたい…8人
・その他…4人
・ある程度は知っている…2人


「知りたい」と答えた人の中で、最も多い答えは「気遣い・サポートしてあげられるから」143人となりました。知ることでパートナーの助けになりたいと考える男性が多いようです!

〈どちらとも言えない〉174人
・パートナー次第…35人
・知られたくないかもしれないから…34人
・何となく知ってる…18人
・あえて聞かなくてもいい…17人
・知っても何もできない…16 人
・理解できると思わない… 9人
・どちらでもいい…8人
・詳しいと変…7人
・パートナーがいない…7人
・パートナーに生理がない..7人
・知ると気を使わないといけなくなるから…4人
・知りたいがパートナーに断られた…3人
・結婚してから知りたい..3人
・最低限だけ知りたい.・詳しく知りたくない…5人
・無回答…1人


「どちらとも言えない」と答えた人の中で、最も多い答えは「パートナー次第」29人となりました。実際に生理になっているのはパートナーなので、自分では決められないと感じる男性が多いようです。

〈知りたくない〉63人
・知っても何もできない…14人
・知りたくない・興味がない…11人
・聞きづらい…8人
・相手が嫌がる…7人
・知らないほうがいいと思うから…6人
・生々しい・気持ち悪い…4人
・パートナーがいない…3人
・知って嫌な思いをしたことがある…3人
・理解できると思わない…2人
・相手に生理がない…2人
・その他…2人
・何となく知ってる…1人


「知りたくない」と答えた人の中で、最も多い答えは「知っても何もできない」13人となりました。何もできないのに聞いたら悪いと考えている男性が多いのかもしれません。

では実際のコメントをみていきましょう!

〈知りたい〉
「体調の良し悪しを共有することもパートナーとしては重要なコミュニケーションの一つであると捉えられるため。(20代/学生)」

「デートのプランを考える時など、考慮しておいた方がいいと思う。また、生理痛などは無理して我慢せず、言って欲しいと思うから。(30代/会社員)」

「生理の時は、極力外出を避けたり、食事や掃除などの家事を手伝ったり、パートナーの負担を減らすことができるので。(40代/自営業)」


〈知りたくない〉
「生理周期や生理の症状について知ったところでどうしようもないから。(20代/アルバイト)」

「あまり生々しい話を聞きたくない、またパートナーもあまり話したがっていなかったため。(30代/自営業)」

「生理は女性にとってデリケートなテーマなので、 男性の立場としては干渉するのに気がひけます。(40代/自営業)」


〈どちらとも言えない〉
「サポートはしてあげたいが人によって具合が違うのでどうすればいいのかわからない(20代/会社員)」

「今生理中なのかくらいは知りたいですが、具体的なことまでは知りたくないです。(30代/会社員)」

「本人の意思を優先したいのでどちらとも言えない(40代/無職)」

 
  • 生理中にしない方が良いことを男性はどのくらい理解している?

【生理中にしない方が良いことは?】
・性交渉…374人
・体を冷やす…333人
・過度な運動…302人
・水泳…184人
・アルコールの摂取…153人
・カフェインを多く取る…141人
・インスタント食品を食べる…82人
・糖類の多い食事をとる…47人
・その他…13人

生理中にしない方が良いことは?という質問に対し、最も多い答えは「性交渉」374人という結果になりました。

生理中の性交渉では男女共に性感染症のリスクがありエイズや梅毒、B型肝炎・C型肝炎のような血液媒介性の感染症に気をつけなくてはなりません。※4

そのため男性自身にも直接関係があり「しない方がいい」と理解している人が多いのではないでしょうか。

※4:厚生労働省 国立感染研究所「血液媒介性感染症」ーhttps://www.niid.go.jp/niid/ja/route/blood.html

次に多かった回答は「体を冷やす」「過度な運動」です。これらも、しない方がいいと分かりやすい内容のようですね。

また9種類の回答中、飲食に関するものは理解度が比較的低いようです。食べ物や飲み物の摂取が生理に関連するというのは、あまり知られていないと考えられます。
 
  • 男性が経験した生理に関する成功談・失敗談!


生理には個人差があり、女性同士でも正直知らない部分があるのが現状です。ましてや、男性にとっては未知の世界といっても過言ではありません。そんな男性のみなさんに生理にまつわる成功談と失敗談を聞きました。

■成功談

「妻が生理になった時、家に生理用品の在庫がなくて、急いでドラッグストアに行って生理用品を購入した。購入時は恥ずかしかったが、帰宅後、妻から「ありがとう」と言われた時は、買いに行って良かったと思った。(20代/学生)」

「彼女のお腹をさすってあげたり、抱きしめてあげると痛みが和らいだようでやって良かったなと思いました。(40代/会社員)」

「職場の後輩が生理で辛そうにしている時、まわりの上司は知らん顔していたので休めるように段取りを組んで負担を減らしてあげられた。(60代/会社員)」


■失敗談

「職場の場合、彼女は頑張り屋だからとの言葉を鵜吞みにしてしまい、生理による貧血で職場で倒れてしまうまで仕事をさせてしまったこと(20代/自営業)」

「わからないからと目を背けるのではなく、寄り添ってほしいと言われてハッとした(30代/無職)」

「学生の頃生理中だと思われる子に無神経に今生理?と聞いてしまった。本当はそっとしておいてほしいはずなのに。優しくサポートしてあげるべきだった。(40代/会社員)」

 
  • この記事について
▼今回紹介した記事
男性は生理をどこまで理解してる?かかる費用や症状など理解度を調査【男性581人にアンケート】
https://elabel.plan-b.co.jp/health/2178/

 ▼掲載サイト
エラベル(ELABEL)(https://elabel.plan-b.co.jp

▼運営会社
株式会社PLAN-B(https://www.plan-b.co.jp
代表取締役:⿃居本 真徳
従業員数 :149名
事業内容:デジタルマーケティング事業、メディア事業

※転載時・引用時のお願い
本記事を転載または引用をされる場合は、情報元として以下のサイト名とURLの掲載をお願い致します。
・サイト名:エラベル(ELABEL)
・URL:https://elabel.plan-b.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社PLAN-B >
  3. 男性は生理をどこまで理解してる?毎月のかかる費用や症状などの理解度を徹底調査!【男性581人にアンケート】