欧州リウマチ学会議(EULAR) 2017で発表中等度から重度の活動性関節リウマチ患者さんを対象とした臨床試験におけるバリシチニブの安全性及び長期有効性の新たなデータ

- 8つの臨床試験の併合解析から、重篤な感染症の発現率がプラセボ投与群と同等であったと示された。
- 第Ⅲ相臨床試験の長期継続試験の結果、バリシチニブによる治療が、2年にわたり、関節破壊の進行及び疾患活動性を抑制したことが示された。
2017年6月16日 インディアナポリス-イーライリリー・アンド・カンパニー(以下リリー)(NYSE:LLY)とインサイト・コーポレーション(以下インサイト)(NASDAQ:INCY)は、本日、Olumiant®(バリシチニブ)の8つの臨床試験結果の新たな併合解析によると、中等度から重度の活動性関節リウマチ患者のバリシチニブ投与群及びプラセボ投与群の両群において、重篤な感染症の発現率が同程度であったことを発表しました。また、第Ⅲ相臨床試験の長期継続試験の新たな結果から、2年間のバリシチニブによる治療が、関節破壊の進行率を有意に抑制し、治療期間を通して低疾患活動性(LDA)を維持したことが示されました。これらの試験結果は、マドリードで開催された欧州リウマチ学会議(EULAR )2017年次総会において、口頭及び2つのポスターにより発表されました。

詳細はホームページをご参照くださいませ。
https://www.lilly.co.jp/_Assets/pdf/pressrelease/2017/17-27_co.jp.pdf
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本イーライリリー株式会社 >
  3. 欧州リウマチ学会議(EULAR) 2017で発表中等度から重度の活動性関節リウマチ患者さんを対象とした臨床試験におけるバリシチニブの安全性及び長期有効性の新たなデータ