日本テクノ、サイシードのAI搭載型FAQシステム『sAI Search』をバックオフィスの業務効率化を目的に導入

AI(人工知能)やLINEを使って企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)を支援する株式会社サイシード(本社:東京都新宿区、代表取締役:松尾陽二、以下 サイシード)は、日本テクノ株式会社(URL:https://www.n-techno.co.jp/company/ 本社:東京都新宿区、代表取締役社長:馬本 英一、以下 日本テクノ)がAI搭載FAQシステム『sAI Search(サイサーチ)』を導入したことをお知らせいたします。

  • 背景
電気エネルギーに関する総合サービスを提供する日本テクノは、働き方改革の一環として「働き方改革アクションプラン」の策定やTOKYO働き方改革宣言企業への参画等、様々な施策を行っています。

この度、総務・情報システム等のバックオフィス業務を効率化し、生産性を向上するためにFAQ検索システム『sAI Search』を導入いただきました。

また、FAQ検索システムで効率化させるだけではなく、サイシードのコンサルティングによってシステムの利用データ分析を行うことで、社員の声を拾い上げ、業務改善やナレッジシェアの促進にも活用しています。
 
  • AI搭載型FAQシステム『sAI Search』について
この度導入いただいたAI搭載型FAQシステムの『sAI Search』は、強力なAIエンジンが実現する検索機能に合わせ、手厚い運用サポート・行動データ解析などによって、快適なナレッジ検索体験を実現するサービスです。

これにより、社員自身が知りたい情報にすぐにアクセスし、その場で疑問を解決することが可能となります。

なお、日本テクノは技術支援に特化させたAI搭載型チャットボット『sAI Chat』も社内、取引先向けに活用しています。

日本テクノのウェブサイト:https://www.n-techno.co.jp/
サイシード『sAI Search』のご紹介 :https://saichat.jp/saisearch/
 
  • 日本テクノについて
全国に約6万6000件の顧客基盤を有し、民間の電気保安管理受託数で件数No.1(矢野経済研究所調べ・2016年8月現在)です。
 ・電気をつくる:発電・小売(調達改善)
 ・電気をまもる:電気保安(保安改善)
 ・電気を賢くつかう:電力コンサルティング(運用改善)
「ひと」の生活や経済活動に不可欠な電気を「ひと」がつくり・まもり・賢くつかうことを事業とし、自らの知識と経験、そして情熱を惜しみなくそそぎお客さまと全力で向き合っています。お客さまの半歩先をいく電力マネジメントサービスを届ける。それが日本テクノの使命です。

社名  :日本テクノ株式会社(https://www.n-techno.co.jp/
本社  :東京都新宿区西新宿一丁目25番1号 新宿センタービル53階
代表者 :代表取締役社長 馬本 英一
設立  :1995年
事業内容: 発電・小売電気事業、高圧電気設備保安管理・点検業務、キュービクル常時監視システム販売および電力コンサルティング、電気料金自動検針、ビジネスマッチング(M&A)に関する仲介、斡旋および支援業務
 
  • サイシード について
株式会社サイシードは、AI(人工知能)を活用し会話形式でユーザーの疑問を自己解決させるAI搭載高性能チャットボット『sAI Chat』と、顧客の入力した自然文(≒話し言葉)を適切に捉え最適な回答を提示する『sAI Search』というサービスを提供しています。社内外からの問い合わせの自己解決、社内のナレッジサポート機能として活用していただいています。AIを活用していることで、正確に素早く社内に眠った知(=ナレッジ)へのアクセスを可能とし、顧客満足度の向上・業務効率化に貢献していきます。

社名  :株式会社サイシード (http://www.sciseed.jp/
本社  :東京都新宿区西新宿6-18-1 住友不動産新宿セントラルパークタワー19F
代表者 :代表取締役 松尾陽二
設立  :2015年2月
事業内容:AIソリューション事業、広告・メディア事業

■導入企業(一部)
花王株式会社、キリンホールディングス株式会社、株式会社JALカード、株式会社エイチ・アイ・エス、株式会社横浜銀行、株式会社東京スター銀行、株式会社朝日新聞社、読売新聞社、朝日生命保険相互会社、ライフネット生命保険株式会社、auコマース&ライフ株式会社、株式会社マウスコンピューター、マガシーク株式会社、エイチアールワン株式会社、南海電気鉄道株式会社
  1. プレスリリース >
  2. サイシード >
  3. 日本テクノ、サイシードのAI搭載型FAQシステム『sAI Search』をバックオフィスの業務効率化を目的に導入