『APIセキュリティリスク』というテーマのウェビナーを開催

マジセミ株式会社はAPIセキュリティリスクというテーマのウェビナーを開催します。


(詳細及び参加申込はこちら)
https://majisemi.com/e/c/cloudflare-20220825/M1D



■IoT/ビッグデータから仮想通貨、メタバースまで急拡大する「APIエコノミー」
IoTの普及やAI技術・ビッグデータの活用が叫ばれて久しい中、デジタルサービス・ビジネスの進展に向け、金融やモバイル、商取引、物流など「○○テック」と呼ばれるアプリが数多く登場しています。
そうしたアプリ開発では、ソフトウェアの機能を外部から呼び出す規約である「API」を公開したり、活用することで、既存サービスやデータをつないで自社や他社のビジネス拡大によって生まれる商圏(経済圏)である「APIエコノミー」が構築されています。
APIは、従来のシステムだけではなく、最近注目の「暗号資産(仮想通貨)」や「メタバース」とも密接に関わっているため、APIエコノミーは今後も急拡大することは間違いありません。

■300%で成長するAPIに忍び寄るサイバー攻撃者たち
ネットワーク上を行き来するAPIトラフィックの量も急速に増加しています。
Cloudflareのトラフィックの55%はAPI関連であり、その増大のペースはWebトラフィックの2倍以上にもおよんでいます。
一方で、APIはシステムやアプリケーション、サービスへのゲートウェイであるため、常にセキュリティの脅威にさらされやすいという特徴があります。
実際、多くのサイバー攻撃者がAPIの脆弱性を狙う攻撃をしかけるようになりました。
その結果、巧妙なサイバー攻撃によって、個人情報や機密情報が失われる恐れも出ているのです。

■APIのセキュリティリスク、どんなものがあるの?
攻撃者はAPIの仕組みを利用して、認証情報の窃取やサービス停止を試みることもあります。
また、何らかの脆弱性があった場合、攻撃者はその弱点や欠陥を利用して不正な行為をすると、狙われたアプリと連携する複数のWebサービスやアプリケーションにまで被害がおよぶこともあります。
Gartnerは「2022年には、API攻撃が企業Webアプリケーションに対する最も一般的な攻撃手法になる」と予測しています。
APIエコノミーが拡大する中、さらに事業成長を進めるためには、APIのセキュリティリスクを理解し、万全な対策を施す必要があるのです。

■APIセキュリティの最適な対応策を解説
本セミナーでは、APIに関するセキュリティリスクと基本的な対策方法を解説いたします。
また、OWASP(Open Web Application Security Project)が提言する「APIセキュリティトップ10」に掲げられているリスクを防ぐことが可能なソリューションもご紹介します。
自社のデジタルビジネスをより安全に展開したい方は、ぜひご参加ください。


(詳細及び参加申込はこちら)
https://majisemi.com/e/c/cloudflare-20220825/M1D


■主催
クラウドフレア ジャパン株式会社

■協力
株式会社オープンソース活用研究所
マジセミ株式会社


マジセミは、今後も「参加者の役に立つ」ウェビナーを開催していきます。


★他のWebセミナーの申し込み、過去セミナーの動画・資料については、以下からご確認ください★
https://majisemi.com?el=M1D


★ウェビナーを開催したい方はこちらの動画をご覧下さい★
https://youtu.be/pGj3koorgSY

  1. プレスリリース >
  2. マジセミ株式会社 >
  3. 『APIセキュリティリスク』というテーマのウェビナーを開催