メットライフ生命、第2回「CSR月間」を実施

全国で5,051名が「お金」「時間」「スキル」で貢献

Dual Language: Japanese/English

メットライフ生命保険株式会社(代表執行役 会長 社長 サシン・N・シャー)は、10月に「CSR月間」を実施しました。全国でのべ5,051名の社員およびその家族・代理店が3,709時間をかけて取り組み、1カ月にわたるCSR活動を通じた寄付金・売上は合計で1,149,406円となりました。
CSR月間は、当社社員のCSR活動に対する理解と地域社会への貢献を促進することを目的に、2016年に開始したものです。2年目となる今年は「お金で貢献」「時間で貢献」「スキルで貢献」の3つの方法で、当社のCSRのテーマ*1に基づいた4つの活動(東北物産展、古本寄付、全国清掃活動、セサミストリートとの金融教育ワークショップ)を行いました。期間中に実施した活動の詳細は以下の通りです。

◆お金で貢献
「東北物産展」
東北復興支援を目的に、「メットライフ財団復興事業みらい基金」*2を通じて支援している福島県と宮城県の中小企業やNPO法人の商品を、本社の東京ガーデンテラス紀尾井町と錦糸町オリナスタワーでランチタイムに販売しました。社員ボランティア25名が地元の農作物・海産物の加工食品や絹製品などの販売に携わり、2日間で合計948,600円を売り上げました。
「古本寄付」
児童養護施設の子どもたちの支援を目的に、全国の社員に古本の寄付を募りました。この活動は、認定NPO法人ブリッジフォースマイル*3を通じて、古本を現金に換金し、児童養護施設から社会へ巣立つ高校三年生に贈る生活必需品に全額充当するというものです。今回のCSR月間を通じて、1,397名の社員から合計9,185冊の古本が回収・換金され、200,806円相当の寄付につながりました。

◆時間で貢献
「全国清掃活動」
メットライフ生命の拠点がある全国各地域で、地域への恩返しを目的に清掃活動を行い、3,574名の社員およびその家族・代理店が参加しました。

◆スキルで貢献
「夢をえがき、計画をたて、行動する:みんなで考えるファイナンシャル・エンパワーメント」: セサミストリートとの金融教育ワークショップ
「セサミストリート」のキャラクターを使ったマルチメディア教材を使い、子どもと大人が一緒になって、夢を実現するために、目標を持ち、計画を立てて行動することの大切さを学ぶ当金融教育プログラムは、昨年メットライフ財団とセサミワークショップが協働で立ち上げた*4ものです。本CSR月間では、メットライフ生命の拠点がある東京、長崎の小学校計3校(千代田区立麹町小学校、墨田区立第一寺島小学校、長崎市立福田小学校)の2年生・3年生計274名を対象に、正規授業の一環としてワークショップを実施しました。また、社員ボランティア計55名がワークショップに参加し、子どもたちのグループディスカッションをサポートしました。

メットライフ生命は、CSR活動を通じて、あらゆる立場の人々が社会の中で前向きに人生を歩み、心の豊かさを享受できるような日本の未来に貢献していくことを目指しています。当社は、これからも責任ある企業として、地域社会の一員としての役割を果たすことで、人生の「もっと」をかなえる応援をするというミッションを実現していきます。

*1あらゆる立場の人々が経済的に自立し、安定した生活を送れるようになることを目指し、「ファイナンシャル・インクルージョン」、「子ども・若者の自立支援」、「地域社会貢献」の3つのテーマを掲げてCSR活動にと取り組んでいます。
*2メットライフ生命、メットライフ財団、あぶくま信用金庫、特定非営利活動法人ポジティブプラネットジャパンが協働し、2016年に立ち上げた基金です。東日本大震災の被害を受けた被災地の経済復興と地域社会の再建を目指し、福島県・宮城県の中小企業やNPOを支援しています。
*3児童養護施設から社会に巣立つ子どもたちが、未来への夢と希望を持って笑顔で生きられるよう支援する活動を行うNPOです。社会に出るために必要な知識とスキルを学ぶためのセミナー、就労体験プログラム、進学を希望する子ども向けの奨学金プログラム、施設退所者向けにネットワーキングの場を提供する活動などを行っています。
*4日本では、小学生を中心とする子どもたちとその家族・教育者を対象に2016年から全国でこのプログラムを提供しています。また、日本のほかに世界8カ国(アラブ首長国連邦、インド、エジプト、中国、チリ、バングラデシュ、ブラジル、メキシコ)で展開中です。

以上

メットライフ生命について
メットライフ生命は、日本初の外資系生命保険会社として1973年に営業を開始し、多様な販売チャネルを通して、個人・法人のお客さまに革新的かつ幅広いリスクに対応できる商品を提供してまいりました。現在は日本法人「メットライフ生命保険株式会社」として、お客さまに常に寄り添い、お客さま自らが自信を持って最適な保障を選ぶお手伝いをし続けることに努めています。http://www.metlife.co.jp/

第2回「CSR月間」
◆お金で貢献/Money

東北物産展/Tohoku Expo東北物産展/Tohoku Expo

古本寄付活動/Book Donation Drive古本寄付活動/Book Donation Drive

◆ 時間で貢献/Time

全国清掃活動/Nationwide Street Cleanups (TGT)全国清掃活動/Nationwide Street Cleanups (TGT)

全国清掃活動/Nationwide Street Cleanups (オリナス)全国清掃活動/Nationwide Street Cleanups (オリナス)
◆ スキルで貢献/Skills

セサミストリートとの金融教育ワークショップ/Financial Education Workshops with Sesame Streetセサミストリートとの金融教育ワークショップ/Financial Education Workshops with Sesame Street


MetLife Japan Completes Second “CSR Month”
5,051 company volunteers across the country contribute their money, time, and skills

Tokyo, November 15, 2017 – In October, MetLife Insurance K.K. (“MetLife Japan”) hosted its CSR Month, which saw 5,051 people, including associates, their families, and independent agents, spend 3,709 hours in various volunteer activities and contribute ¥1,149,406. MetLife Japan held its inaugural CSR Month in 2016 to promote its associates’ understanding of CSR activities and their contribution to local communities.

This year, MetLife Japan implemented four activities that are aligned with its CSR focus*1: Tohoku Expo, Book Donation Drive, Nationwide Street Cleanups, and Financial Education Workshops with Sesame Street. MetLife Japan volunteers donated their money, time, and skills to these efforts. Details of the four activities are as follows.

◆ “Money”
Tohoku Expo:
To support the revitalization of the Tohoku region, products produced by small businesses in Fukushima and Miyagi prefectures were sold during lunchtime at MetLife Japan’s Tokyo offices (Tokyo Garden Terrace Kioicho and Olinas Tower in Kinshicho). All of the small businesses that offered products at the Tohoku Expo were MetLife Foundation Tohoku Relief Fund grantees*2. In all, 25 associates volunteered to sell a variety of homegrown items such as locally processed agricultural and seafood products and silk goods. Sales generated at the two-day event totaled ¥948,600.

Book Donation Drive:
MetLife Japan associates donated used books to provide support for children under social care. Through the partnership with a local nonprofit Bridge for Smile*3, collected books were exchanged for cash, which was used to purchase essential everyday items for third-year high school students who are leaving children’s homes to become independent. A total of 9,185 books donated by 1,397 associates during the October CSR Month resulted in a cash donation of ¥200,806.

◆ “Time”
Nationwide Street Cleanups:
Street cleanup activities were held across the country to give back to local communities in which MetLife Japan operates. A total of 3,574 associates, their family members, and independent agents participated in the activities during the month.

◆ “Skills”
Dream, Save, Do: Financial Empowerment for Everyone (Financial Education Workshops with Sesame Street):
Launched last year by MetLife Foundation and Sesame Workshop*4, this financial education program offers children and adults the opportunity to learn the importance of setting goals, making plans, and taking action to achieve their dreams through multimedia content featuring Sesame Street characters. During CSR Month, workshops were delivered as part of the official curriculum at three elementary schools near MetLife Japan offices in Tokyo and Nagasaki. The workshops reached 274 students in the second and third grades and engaged 55 MetLife Japan volunteers who supported group discussions on-site.

Through its CSR efforts, MetLife Japan is committed to building a future where people from all walks of life can live positive and fulfilling lives, while also continuing to deliver on its mission to help people pursue more from life as a responsible member of local communities.

*1 With the aim of empowering all people to become economically independent and stable, MetLife Japan’s CSR is focused on three major themes: Financial Inclusion, Youth Empowerment, and Community Development.
*2 Launched in 2016 by MetLife Japan, MetLife Foundation, Abukuma Shinkin Bank and Positive Planet Japan, the MetLife Foundation Tohoku Relief Fund provides financial access to small businesses and nonprofits in Fukushima and Miyagi prefectures with an objective to support the economic recovery and revitalization of local communities affected by the Great East Japan Earthquake.
*3 Serving children under social care who will soon become independent, this nonprofit strives to encourage these children to have hopes and dreams for their future and live with smiles. Bridge for Smile runs initiatives such as life skills seminars, work experience programs, scholarships for higher education, and networking activities targeting those who have left children’s homes.
*4 Since 2016, the program has been offered across the country, mainly to elementary school students and their families and educators. In addition to Japan, the program has launched in eight other countries (Bangladesh, Brazil, Chile, China, Egypt, India, Mexico, and UAE).

---END---

About MetLife Insurance K.K.
Established in 1973, MetLife Japan operates diverse distribution channels such as captive sales agents, insurance agents, direct marketing and financial institutions. The company provides a broad range of products including life, accident & health and asset formation products to individuals and institutional customers enabling them to prepare against financial risks, visit http://www.metlife.co.jp.
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. メットライフ生命 >
  3. メットライフ生命、第2回「CSR月間」を実施