【花粉症に関する調査】花粉症の症状 第3位=「肌荒れ」対応で大事なのは症状が出る前!バリア機能強化で花粉に負けない肌を育もう!

この度、ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランド「DECENCIA(ディセンシア)」を展開する株式会社DECENCIA(本社:東京都品川区、代表取締役 山下慶子)は、30代~40代の花粉症の女性480名に対して、花粉症に関するアンケート調査を行いました。

■花粉症の症状 第3位=「肌荒れ」。でも事前の対策はほとんど行われていない!
花粉症の症状として肌荒れは第3位となっており、くしゃみや鼻水・目のかゆみといった花粉症特有の症状に続いて多くの方が実感しているということが分かりました。ですが、肌荒れ症状を感じているにも関わらず花粉症対策としてスキンケアをしていると回答したのはわずか30%であり、対策の多くはマスクをする等花粉を体内に入れないための対策がほとんどでした。さらに半数以上が、花粉症の症状が出てからの対策を始めているという結果でした。



■肌の花粉症対策は事前の「バリア機能の強化」が大切!
マスクにより花粉を体内に入れない・触れさせない対策ももちろん必要ですが、花粉症による肌荒れ対策で最も必要なのは、事前に自分自身の肌が花粉の影響を受けにくい状態にしておくことです!そのために必要なことは「肌のバリア機能を強化すること」。バリア機能が高くキメの整った肌は花粉等の外部刺激の影響を受けにくくなります。冬は乾燥によって年間で最もバリア機能が乱れがちな季節です。肌のターンオーバーには約1ヶ月間かかるため、花粉が本格化する今こそ事前のスキンケアでバリア機能を強化しておかなくてはなりません。



■今からでも間に合う!
~バリア機能強化&外部刺激ブロック効果のあるコスメで花粉症を乗り切ろう~
【ディセンシア独自特許技術「ヴァイタサイクルヴェール®」】
乱れてしまった角層を包みこんで、外部刺激をブロック。
更に保水機能で肌内部を保湿し、バリア機能を同時に高めます。


<色素を使用した外部刺激ブロック効果の実験>

ヴァイタサイクルヴェール®塗布部分と無塗布部分にそれぞれ色素をのせ、
拭き取ったときにどれくらい肌に色素が残るのかを比較する

①色素をのせる前の状態

  
②色素をのせた状態

 


③色素を拭き取った後の状態


~ヴァイタサイクルヴェール®配合のクリーム ~
◯アヤナス クリーム コンセントレート
<30g 5,500円/リフィル5,000円(税抜)>
エイジングケア&保湿ケア
ハリとやわらかさを両立した高保湿クリーム
https://www.decencia.co.jp/k053/

◯サエル ホワイトニング クリーム コンセントレート
<30g 5,500円/リフィル5,000円(税抜) 医薬部外品>
2018年3月26日リニューアル発売
美白ケア&保湿ケア
みずみずしさと保湿力を両立した薬用美白クリーム
https://www.decencia.co.jp/release_saeru/

◯つつむ フェイスクリーム R1
<30g 3,000円(税抜) >
低刺激&集中保湿ケア
こっくりとしたテクスチャーでつつむ濃密保湿クリーム


~体の中からもバリア機能強化~
肌のターンオーバーを正常にするために必要な栄養素を摂りましょう。
■たんぱく質:皮膚を作るもとになります
⇒肉・魚・卵・乳製品等

■ビタミンA:ターンオーバーを促進し皮膚を健康に保ちます
⇒レバー・にんじんやかぼちゃ等の緑黄色野菜

■ビタミンC:コラーゲン生成するために不可欠です
⇒みかん・いちご・キウイ




※ディセンシアの商品は、プレゼントパブリシティやレビュー取材でのプレゼント企画用として提供可能です。
ご要望の際は、用途と必要個数をご連絡ください。
※本ニュースリリースに記載されているアンケート結果の掲載に際しては「ディセンシア調べ」と記載ください。
※内容に関するお問い合わせ、引用・転載等に関しては下記PR担当までお問い合わせください。
※メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。

本件に関するお問い合わせ先
 株式会社DECENCIA
〒141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10
 TEL:03-3494-1570 FAX:03- 3494-1580
 Mail:decencia_pr@decencia.co.jp URL: www.decencia.co.jp
 PR担当:角田、西川、藤澤
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社DECENCIA >
  3. 【花粉症に関する調査】花粉症の症状 第3位=「肌荒れ」対応で大事なのは症状が出る前!バリア機能強化で花粉に負けない肌を育もう!