記録的な酷暑が続く今年の夏は、「肌冷え」が起こりやすい!?~さらに、外と室内の「温度差ストレス」でシミ・くすみが加速!~

この度、ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランド「DECENCIA(ディセンシア)」を展開する株式会社DECENCIA(本社:東京都品川区、代表取締役 山下慶子)は、夏の生活環境についての調査を実施しました。

■約8割の女性が「冷え」実感!さらに外との「温度差ストレス」実感者も多数!
記録的な酷暑が続くことで、日中だけでなく夜間にかけてもエアコンの中で過ごすことも多くなりますが、その環境で約8割が「冷え」を感じると回答しています。また、6割以上が 夏場の室内環境によって「ストレス」を引き起こしていますが、ストレス要因として最も多かったのは「外との温度差」という結果でした。
 

 




■夏の室内環境が肌を敏感状態に…さらにシミ・くすみも発生させていた!
室内で冷えを感じていることに加え、外との温度差等で感じる「ストレス」は、肌表面の血行不良を招き、皮膚温を低下させてしまいます。そして皮膚温の低下は、肌のバリア機能を低下させ敏感状態を招きます。敏感な肌は、紫外線等の外部刺激が加わるとメラニンが過剰に発生するため、シミ・くすみの加速につながっていたのです!

 




■室内での冷え対策に加え、ストレスケアを取り入れて肌トラブル+夏バテも回避!
酷暑が続く中で台風が発生したりと気圧の変動も激しい今の季節は、ストレスを感じやすく、肌荒れだけでなく、夏場の体調不良にもつながる可能性があります。冷え対策に加えて、ストレスケアを実践することで、肌トラブルなく健康な日々を過ごしましょう!



~夏こそ大切!「冷え対策」&「ストレスケア」~
【冷え対策】ランチには“味噌汁追加”で温活!さらに夏バテ予防にも…!
暑い日のランチは冷たい麺類やサラダ等になりがちですが、この時季不足しがちなビタミンやミネラル等の栄養素も補充できる味噌汁を追加することで内臓から身体が温まり、夏バテ予防にもつながります。具には温野菜である人参・玉ねぎをチョイスすればさらに効果UP!


【ストレスケア】シャワーを浴びながら“足湯”でめぐりケアを!
ストレスケアには入浴が大切といわれますが、夏場だと暑くて寝られなかったり忙しくて入浴できない時は、シャワーだけでも大丈夫。その場合、シャワーを浴びながら椅子に座り、熱めのお湯を入れた洗面器を使って“足湯”を取り入れましょう。全身のめぐりを良くし、リラックス効果を高めることができます。



<ストレスケア+バリア機能ケアに対応した美白ケアシリーズ>




ストレス&バリア機能ケア、さらに美白効果のあるクリーム
サエル ホワイトニング クリーム コンセントレート
医薬部外品<敏感肌用クリーム> 30g¥5,500(税抜)  
外部刺激をブロックする独自技術「ヴァイタサイクルヴェール®」を採用し、徹底的に肌を守りながら、ストレスによる肌荒れケアも可能にした薬用美白クリーム。

 








ストレス&バリア機能ケア、さらに夏の紫外線から肌を守るCCクリーム
サエル ホワイト CCクリーム コンセントレート
<敏感肌用日中用クリーム・化粧下地> 25g
SPF50+ PA++++  ¥4,500(税抜)
エクトイン配合で外部刺激から肌を守る自己防衛機能を強化し、青・赤・黄の3色のくすみを一掃するトリプルライティングパールを採用した多機能CCクリーム。





※ディセンシアの商品は、プレゼントパブリシティやレビュー取材でのプレゼント企画用として提供可能です。
ご要望の際は、用途と必要個数をご連絡ください。
※本ニュースリリースに記載されているアンケート結果の掲載に際しては「ディセンシア調べ」と記載ください。
※内容に関するお問い合わせ、引用・転載等に関しては下記PR担当までお問い合わせください。
※メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。

本件に関するお問い合わせ先
 株式会社DECENCIA
〒141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10
 TEL:03-3494-1570 FAX:03- 3494-1580
 Mail:decencia_pr@decencia.co.jp URL:decencia.co.jp
 PR担当:角田、西川、藤澤
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社DECENCIA >
  3. 記録的な酷暑が続く今年の夏は、「肌冷え」が起こりやすい!?~さらに、外と室内の「温度差ストレス」でシミ・くすみが加速!~