【苗場スキー場】平成最後のスノーシーズンへ向けて始動スキー場オープンに先駆けて「人工造雪機」による雪撒き作業を開始

苗場スキー場(所在地:新潟県南魚沼郡湯沢町三国 支配人:我妻 和徳)では、2018-2019シーズンの冬季営業を2018年12月8日(土)より開始いたします。
この営業開始に向けて、毎年11月中旬より人工造雪機(I.C.S)10基を稼働し雪山を造り、最後にそれをならして全長約900m、コース幅約40mのゲレンデを造ります。苗場スキー場では1995年より人工造雪機を稼動してのゲレンデ造成を行っており今シーズンで23年目になります。毎年天然の雪が降る12月中旬までの間、造雪機で作ったコースにて一足早いシーズンインを待ち望んでいるスキーヤー、スノーボーダーの皆さまに楽しんでいただけるゲレンデを提供しております。
つきましてはご多忙の折、誠に恐縮ではございますが、平成最後のスノーシーズンの年に向けた雪撒き作業の様子をご取材賜りますようお願い申しあげます。
【期 間】2018年12月中旬までを予定
【時 間】8:30A.M.~
【場 所】苗場スキー場 苗場プリンスホテル前第4ゲレンデ、第5ゲレンデ

雪山づくり雪山づくり

①まず、雪の山を造っていく。
 

位置調整位置調整

②位置調整をしながら山をつなげていく。

③重機を使ってゲレンデを平らにする。

④雪山を慣らしてゲレンデオープン。

人工造雪機(I.C.S・・・ICE CRUSHER SYSTEMの略)
機械本体の中で水を凍らせて細かい氷のツブにしたものを随時造り出し、空気の圧力と大型のホースを使って人工雪を撒いて雪の山を造ります。
造雪能力は1台あたり24時間で水量50トン(約80㎥)。

人工雪人工雪


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社プリンスホテル >
  3. 【苗場スキー場】平成最後のスノーシーズンへ向けて始動スキー場オープンに先駆けて「人工造雪機」による雪撒き作業を開始