六甲山上のTENRAN CAFEで皆既月食を見よう!2015年4月4日(土)は営業時間を延長

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市 社長:藤原崇起)のグループ会社である六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:岡本交右)が六甲山上で運営する「TENRAN CAFE」では、2015年4月4日(土)の皆既月食をゆっくりとご覧いただくために、営業時間を延長します。
Webページはこちら http://www.rokkosan.com/cable/event/20150327_7942/
 

テラス席から見える1000万ドルの夜景テラス席から見える1000万ドルの夜景

標高737mの六甲ケーブル六甲山上駅に隣接するTENRAN CAFEでは、視界を遮るものもなく、眼下の1000万ドルの夜景とともに皆既月食をお楽しみいただけます。

また皆既月食の時間にカフェを利用していただいたお客さまには、お帰りの際に先着順で最寄り駅までの無料送迎サービスをご用意します。

■TENRAN CAFE 営業時間延長の概要
通常より1時間営業を延長し、21:30まで営業します。
【営業時間】11:00~21:30(L.O.食事20:30、喫茶20:45)
【無料送迎】六甲ケーブルの最終便は21:10発であるため、カフェで皆既月食を最後までご覧になる方向けに先着順で最寄り駅までの無料送迎を行います。
≪発車場所≫六甲ケーブル六甲山上駅前
≪発車時間≫21:40発
≪定員≫35名(先着順) ※ご来店の際にスタッフまでお申し出ください。
≪停車場所≫阪急「六甲」駅、JR「六甲道」駅、阪神「御影」駅

2015年4月4日(土)の月食は、皆既食となっている時間がわずか12分間と短いものの、皆既食ばかりでなく部分食の始めから終わりまでを見ることができます。次回日本で皆既月食を見ることが出来るのは3年後(2018年1月31日)と言われています。

【皆既月食について】
月食とは月が地球の影に入り欠けていく現象で、完全に影に入ると月は赤黒く輝き、この状態を「皆既月食」といいます。欠けていく過程と皆既月食後に元の姿に戻る過程を「部分食」といいます。
今回の月食は南東の空に現れます。TENRAN CAFEのテラス席は月食を見る上で、絶好のロケーションです。
部分食の始め  19時15分ごろ   皆既食の終わり  21時06分ごろ
皆既食の始め  20時54分ごろ   部分食の終わり  22時45分ごろ
食の最大    21時00分ごろ


<この資料に関するお問い合わせ先>
六甲山観光株式会社 営業企画室
TEL:078-894-2210(平日9:30~17:30)/FAX:078-894-2088
〒657-0101 神戸市灘区六甲山町一ヶ谷1番32号

<TENRAN CAFE営業概要>
【通常営業時間】11:00~20:30(L.O.食事19:30、喫茶20:00)
【休業日】無休
【所在地】〒657-0101神戸市灘区六甲山町一ヶ谷1-32(六甲ケーブル六甲山上駅隣接 天覧台内)
【電話番号】078-891-1011
【URL】http://www.rokkosan.com/cable/tenran_cafe/

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1
  1. プレスリリース >
  2. 阪神電気鉄道株式会社 >
  3. 六甲山上のTENRAN CAFEで皆既月食を見よう!2015年4月4日(土)は営業時間を延長