コン・ユ&イ・ドンウク&ユク・ソンジェ(BTOB)ら出演の話題作!「GYAO!」にて韓国ドラマ『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』のWEB先行無料配信が決定!

~最上級のときめきと柔らかな愛に包まれるファンタジー・ラブロマンス~

 
 株式会社GYAOがヤフー株式会社と協力して提供する映像配信サービス「GYAO!」で展開している「おすすめ韓国ドラマ」特集では、『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』を2月15日(金)より先行無料配信することが決定いたしました。本作がWEBで無料で配信されるのは今回が初です。
本作品は、韓国だけでなく日本でも大ヒットとなったドラマ『太陽の末裔』を手掛けた脚本家キム・ウンスクと演出家イ・ウンボクが再タッグを組んだ話題作です。さらに、映画『トガニ幼き瞳の告発』、『新感染ファイナル・エクスプレス』や『男と女』など、ここ数年活躍の場を映画にうつしていたコン・ユが4年ぶりに出演を決めた作品としても注目を集めています。
ストーリーは高麗時代に神の力によって不滅の命を与えられてしまった男"トッケビ"が、900年の時を経て、その命を終わらせることができる唯一の存在"トッケビの花嫁"と出会ったことで始まる壮大なファンタジーラブロマンス。コン・ユが演じるのは、自分の呪いを解いてくれる“鬼の新婦”を探す主人公のキム・シン。そんなキム・シンと奇妙な同居生活をする、記憶喪失の死神を演じるのは日本でも人気の高いイ・ドンウク。“鬼の新婦”には『恋はチーズ・イン・ザ・トラップ』のキム・ゴウン。財閥の御曹司でキム・シンの家臣の子孫ユ・ドクファには人気急上昇中のボーイズグループ「BTOB」のユク・ソンジェが演じます。
韓国では放送を重ねるごとにファンが爆発的に増加し、その勢いはテレビドラマの枠に収まりきらず、登場人物のファッションやドラマ関連グッズの売上が増大、ロケ地となったカナダ・ケベック州への韓国からの旅行客も急増するなど、あらゆる業界をも巻き込む社会現象となりました。

<配信概要>
■配信スケジュール:2019年2月15日(金)0:00より配信開始 ※毎週金曜2話更新
■特設サイトURL:http://gyao.yahoo.co.jp/special/koreandrama/
※韓国語音声、日本語字幕にてお届けいたします。
■作品タイトル:『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』(全16話)
■ストーリー:
高麗時代の英雄だったキム・シン(コン・ユ)は、若き王の嫉妬から逆賊として命を落とす。
その後、神の力によって“不滅の命”を生きる“トッケビ”となってしまったシン。彼を永遠の命から解き放つことができるのは“トッケビの花嫁”と呼ばれる存在ただ一人。
そして900年以上の時を経たある日、シンは女子高生ウンタク(キム・ゴウン)と出会う。
ウンタクはシンがトッケビであることを見破り、自分こそがトッケビの花嫁だと主張するが、半信半疑のシン。
一方、シンの家臣の子孫であるユ・ドクファ(ユク・ソンジェ)が勝手にシンの家を死神(イ・ドンウク)に貸し出したせいで、シンと死神の男二人の奇妙な同居生活がスタート。そこへ親戚から厄介者扱いされていたウンタクが押しかけてきて賑やかになるシンの家。天真爛漫なウンタクと過ごすうちに、“不滅の命”の終わりを望んでいたはずのシンの心は揺らぎ始める。同じ頃、死神はウンタクのバイト先のチキン店の社長、サニー(ユ・インナ)と出会う。シンはウンタクに、死神はサニーに振り回されながらも、それぞれに芽生えた恋心を自覚。やがて、シン、ウンタク、死神、サニーの4人の恋と数奇な運命が動き始める。
■出演:コン・ユ、キム・ゴウン、イ・ドンウク、ユ・インナ、ユク・ソンジェ[BTOB]
■脚本:キム・ウンスク
■演出:イ・ウンボク
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社GYAO >
  3. コン・ユ&イ・ドンウク&ユク・ソンジェ(BTOB)ら出演の話題作!「GYAO!」にて韓国ドラマ『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』のWEB先行無料配信が決定!