今だからこそ届けたい作品をTSUTAYAがプロデュースする“プロデュース文庫” 2019年10月作品新刊プロデュース文庫『恋のヒペリカムでは悲しみが続かない(上)(下)』発売開始

~ 著者 二宮敦人 作家活動10周年記念トークイベント&サイン会を大阪・東京にて開催~

株式会社TSUTAYAは、「プロデュース文庫」の2019年10月作品として、新刊プロデュース文庫『恋のヒペリカムでは悲しみが続かない (上)(下)』(二宮敦人/著)を10月5日より全国のTSUTAYAにて展開開始いたします。

“プロデュース文庫”は、「TSUTAYAが『本との出会い』を変える。」をコンセプトに、復刊・既刊・新刊の3つの切り口で、TSUTAYA書店員が、お客様に手にとっていただきたい、本当に面白いと自信を持ってオススメできる作品をプロデュースするプロジェクトです。そのうち、“新刊プロデュース文庫”は、まだ書籍化されていない投稿小説や企画段階の小説の中から、本当に面白いと自信を持ってオススメできる作品を見つけ出し、書籍化するプロジェクトです。

今回は、“新刊プロデュース文庫”作品として発表し、累計発行部数40万部を突破した『最後の医者』シリーズの著者 二宮敦人と、TSUTAYA書店員 栗俣が原案プロデュースとしてタッグを組んだ、“大人向け恋愛小説”をお届けします。

また、本作の発売と、著者の作家活動10周年を記念したトークイベントとサイン会を、新宿・TSUTAYA BOOK APARTMENTと枚方 蔦屋書店にて開催いたします。ぜひこの機会にご来場ください。

■新刊プロデュース文庫 2019年10月作品『恋のヒペリカムでは悲しみが続かない(上)(下)』(二宮敦人/著、栗俣力也/原案プロデュース)
本作は二宮先生の魅力が最大に感じられる作品であり、「読者が自分で気がついて、自然に感動出来る」、いわばビター味のような“大人向け恋愛小説”で、読み終わったあと作品について自分の想いを誰かに語りたくなる作品です。感情を揺さぶる大人の恋愛をぜひお楽しみください。

TSUTAYAは今後も、プロデュース文庫を通じて、日々お客様に最も近い立場の書店員が、いま自信を持って届けたい作品を企画・発掘・プロデュースし、幅広い層のお客様へ届ける取組を強化してまいります。

<『恋のヒペリカムでは悲しみが続かない』作品概要>
■あらすじ

全ての恋する人に、幸あれ。
無料のホストクラブーー 巷でそう噂される、謎の洋館「ヒペリカム」では4人の容姿端麗な男たちが共同生活を送っていた。自由気ままな紳士、真面目な眼鏡男子、天真爛漫な王子、そしてクールな元NO.1ホストの檜山。彼は今日も女性客をもてなす。
なぜ、彼女たちと無償で向き合うのか? 捨てたはずの過去とは?
その胸に秘めた想いが明かされる時、止まっていた時間が動き始める! 全ての悩める人々に幸せを運ぶ感動の恋物語!
『最後の医者』シリーズ著者が書き下ろす作家活動10周年記念作品。

著者:二宮敦人 / 出版社:TOブックス / 発売日:2019年10月5日
ISBN:(上)9784864728560 / (下)9784864728577
定価:本体 各600円(税別)

■二宮敦人『恋のヒペリカムでは悲しみが続かない』刊行・デビュー10周年記念トーク&サイン会

 『最後の医者は桜を見上げて君を想う』など、大ヒット作を多数執筆されている二宮敦人先生のデビュー10周年と、最新作『恋のヒペリカムでは悲しみが続かない』の販売を記念した対談イベントです。 
 今回は、二宮先生最新作『恋のヒペリカムでは悲しみが続かない』で原案プロデュースを担当し、同TOブックスからコミック紹介本を出版するなど広く活躍しているTSUTAYA書店員 栗俣と共に、デビューから10周年を振り返り、これまでの作品に込めた想いや作品ができあがるまでの過程、そして「これから先」どんな作品を作っていきたいかまで思う存分語っていただきます。
※大阪開催時は、二宮先生と担当編集者の方とこの10年間を振り返ったお話を展開してくださいます。

【東京開催】
10月12日(土)21:00~22:00(TSUTAYA BOOK APARTMENT 4F コワーキングスペース)
参加受付お電話番号:03-5315-4077
※店舗利用の注意事項はTSUTAYA BOOK APARTMENT ホームページをご覧ください。

【大阪開催】
10月27日(日)16:30~17:30(枚方 蔦屋書店)
参加受付HP:https://store.tsite.jp/hirakata/event/t-site/9487-1510240908.html

【イベント参加条件】
ご参加は、イベント実施店舗にて以下対象商品をご購入のお客様に限ります。
『最後の医者は桜を見上げて君を想う』(TOブックス・定価650円)
『最後の医者は雨上がりの空に君を願う(上・下)』(TOブックス・上…定価580円 下…定価540円)
10月5日(土)発売『恋のヒペリカムでは悲しみが続かない(上・下)』(TOブックス・定価 各600円)
『18禁日記』(TOブックス・定価600円)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. TSUTAYA >
  3. 今だからこそ届けたい作品をTSUTAYAがプロデュースする“プロデュース文庫” 2019年10月作品新刊プロデュース文庫『恋のヒペリカムでは悲しみが続かない(上)(下)』発売開始