産業用カウンターウェイト市場に関する調査は、2022年の市場の状況を理解するために実施されました。

調査期間: 2022年10月29日―11月6日

調査業者: SDKI Inc. 

調査対象: 当社は、あらゆる規模の 540の市場プレーヤーに対して調査を実施しました。

有効な回答の数: 540 

調査方法: 実地調査 340、 インターネット調査 200 

調査回答者: 調査は、収益に基づいて企業を対象に実施されました。

調査結果: 

質問:産業用カウンターウェイト市場は、2031 年までにどのくらいの収益を獲得すると予想されますか? 成長は何に基づいて計算されますか?

産業用カウンターウェイト市場は、約5%のCAGRで成長しており、2031 年末までに約 90 億米ドルに達すると予測されています。 この成長率は、アジア太平洋地域およびそれ以降の建設活動の急増に基づいて計算されています。この地域は引き続き重要な建設市場であり、2031 年までに世界の業界の生産額のほぼ 45% を占めると見込まれています。世界銀行は、2021 年に建設部門からの世界全体の収益が約 27 兆米ドルであると報告しています。

質問:産業用カウンターウェイト市場はどのように分類されていますか?

産業用カウンタウエイトの市場は、タイプ、材料、アプリケーションにより次のように分類されます–
  • タイプ - スイングカウンターウェイトと固定カウンターウェイト
  • 材料 - 鉄鋼とコンクリート
  • アプリケーション- エレベーター、クレーン、フォークリフト、掘削機、リフトおよび研削砥石

質問:産業用カウンターウェイト市場に有利な成長機会を提供すると予測される地域はどれですか?

現在、アジア太平洋地域は産業用カウンターウェイト市場で最大のシェアを保持しており、今後数年間で市場規模と収益を拡大し続けると予想されています。これは、北米とヨーロッパが続きます。中国、インド、韓国、オーストラリア、日本などの国での産業、建設、自動車部門の成長は、産業用カウンターウェイト市場の成長を牽引すると予想されます。2020 年には、中国で約 6.2 百万件の新しい住宅が建設され、9,500 億米ドル以上の収益を上げています。

質問:現在、カウンターウェイトの製造に使用されている材料はどれですか?

製造業者は常に、完全な鋳鉄、完全なコンクリート、またはコンクリートと鋼、タングステン、およびさまざまな合金などの金属の混合物を使用することを好んでいます。例えば、フォークリフトのカウンターウェイトは、スペースを有効活用するために金属製が一般的です。トラクター、掘削機、クレーンのカウンターウェイトは、金属とコンクリートの両方で作られています。 コンクリートは鉄よりも安価ですが、鋳鉄のカウンターウェイトが克服できる多くの問題が発生する傾向があります。

質問:コンクリートのカウンターウェイトよりも鋳鉄のカウンターウェイトを選ぶ理由は何ですか?

鋳鉄は非常に密度が高いため、コンクリートに比べて少ないスペースと体積で目標重量に簡単に到達できます。 これにより、追加の材料の必要性とコストがなくなります。鋳鉄は壊れにくく、より順応性があります。 簡単に割れることはなく、手の届きにくい場所に合わせて任意の形状にカスタマイズできます。そして最後になりましたが、それは環境に優しい製品です。 これらすべての要因が相まって、最も人気のあるカウンターウェイトの材料となっています。

質問:自動車および航空機産業は、カウンターウェイトの使用からどのように利益を得ますか?

カウンターウェイトは、自動車のタイヤなどの回転システムの振動を低減するために使用されます。航空機では、操縦翼面のバランス調整、プロペラ ピッチの制御、ピストン エンジンのクランクシャフトのバランス調整に使用されます。タングステン合金カウンターウェイトは、その優れた物理的および化学的特性により、軍事、航空、ナビゲーション、および自動車の分野で使用されています。それらは柔軟性があり、高速回転時にホイールのバランスを保つことができます。

当社について:

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。当社は、さまざまな市場ドメインに対処し、クライアントに最高のサービスを提供し、健全な意思決定を支援する経験を積んできました。
  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. 産業用カウンターウェイト市場に関する調査は、2022年の市場の状況を理解するために実施されました。