【JAF大阪】高校生向けの交通安全講習会を開催

薄暮時の事故防止を呼びかけます

JAF(一般社団法人日本自動車連盟)大阪支部(支部長:白土貴久)は、自転車マナーアップ月間(11月1日~30日)にあわせて、高校生向けの交通安全講習会を開催します。またJAF大阪支部のホームページ上で、自転車事故を防止するためのアドバイスも紹介します。
高校生向けの交通安全講習会(座学講習)
  • 日時:11月9日(木) 14:25~15:15
  • 場所:東大阪大学柏原高等学校(柏原市)
  • 内容:大阪の自転車事故の特徴、クルマの死角について、危険予知トレーニング など

高校生向けの交通安全講習会の様子(写真は2019年開催分)高校生向けの交通安全講習会の様子(写真は2019年開催分)

昨年、大阪府内で発生した自転車の事故件数は10,318件です。特に、日照時間が短くなる10~12月にかけて事故件数は増加しています(『大阪の交通白書 令和元年版』より)。早朝や夕暮れ時にライトを点灯せずに自転車で走行した場合、クルマからの発見が遅れ事故につながりやすくなります。薄暮時には早めにライトを点灯し、安全運転を心がけることが大切です。

2019年の自転車事故の傾向2019年の自転車事故の傾向

JAF大阪支部では、講習会を通じて自転車事故の特徴やクルマの死角、早めのライト点灯の重要性などを学んでいただくことで、高校生の自転車事故防止を呼び掛けます。
 
その他にも、 自転車事故防止に関するアドバイスをホームページ上で紹介します。詳しくは、下記URLよりご確認ください(11月2日公開予定)。
<https://jaf.or.jp/common/area/2020/kansai/osaka/local-news/1102-01>
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)【地方】 >
  3. 【JAF大阪】高校生向けの交通安全講習会を開催