• ストーリーをシェアする

コロナ禍で発売開始したMe:Re V エッセンス。美容鍼・エステサロンとお客様との新しいカタチを作りたい。

#コロナ禍における奮闘  #ホームケア  #美容液

2021年3月8日 09時00分 株式会社かけこむ

■コロナ禍での挑戦

美容液「Me:Re(ミーレ)V エッセンス」を開発した株式会社かけこむは、2019年から化粧品開発をスタートし、2020年に入ってから新型コロナウィルス感染が急速に広がり、一度開発を中断しようとしましたが、今回の化粧品開発が、ウィズコロナあるいはアフターコロナ時代において多くのサロン様の活性化とお客様の笑顔の第一歩となるように、コロナが収束しない中でも少しづつ始める必要があると感じ、開発プロデューサーの七重が中心となり、製造開発担当の村上とともに事業をスタートしました。



■開発プロデューサーへのインタビュー 



七重(ななえ)

明治国際医療⼤学(旧:明治鍼灸⼤学)を卒業後、京都の鍼灸院に勤務し、京都のエステティックサロンに鍼灸部⾨を⽴ち上げ店⻑を務める。

2011 年に、エステ鍼灸サロンReleiyouを開設し現在に⾄る。

2019年から美魔⼥クリエーターとして活動。株式会社かけこむで化粧品事業開始。

2020年に、本製品Me:Re(ミーレ)ブランドを⽴ち上げVエッセンスをプロデュース。


資格:鍼灸師(国家資格)、エステティシャン

実績:全⽇本鍼灸学会美容鍼講演

産経新聞掲載(エステ感覚で治療・内側から美しく)

肌改善コンテスト東⽇本3位受賞

ヌーヴェルエステティック掲載

美肌の伝道師全国5位

など多数



Q:コロナ禍でのMe:Re Vエッセンスの販売についてのエピソードを聞かせてください。


A:私は、エステ鍼灸サロンを開業して10年になります。これまでアンチエイジングに特化して、美容鍼に加え、レチノールやハーブ系のピーリングなどいわゆる再生系のケアをしてきました。特に、ご新規のお客様の根本的な肌改善を目指そうと思えば、ターンオーバーを促すことは欠かせません。同時に、水素を取り入れたケアも行っており、水素水や水素風呂、水素灸などを取り入れておりました。昨今、大学病院でも水素を取り入れた治療を行っているくらいの注目の元素となります。

水素がその他の抗酸化物質と異なるのは、【悪玉活性酸素とのみ結合し、無毒化する】ことです。

そもそも老化現象は、細胞の核の遺伝子の末端についているテロメアが細胞分裂をする度に発生する活性酸素の影響で短くなり、やがてテロメアが全て無くなると細胞分裂が行われなくなる。という現象です。

このことに着目し、今までにない化粧品作りを試みました。

しかし、開発を始めてから間もなくして、コロナが発生し状況が一転してしまいました。コロナ禍の状況でプライベートは大変なことになりました。実は、化粧品の開発を手掛けたのは、私の妊娠中でもありました。コロナ禍の中で感染には気を付けないといけないし、長男の学校は3ヶ月も休校になり、6月には出産をしたのですが、産後3週間で大出血となり救急搬送され、一命を取り留めました。そんな中、長男はコロナ休校明けの学校に馴染めず、登校拒否になりました。2学期からは学校に行けるようになり、今ではすっかり慣れたようですが。

そのような状況でしたので、開発を続けるのが難しいと思ったこともありましたが、私のコンセプトに賛同してくださっているサロン様やサロンのお客様から、応援の言葉をいただき、開発を続けることができました。

今までサロンで販売する化粧品は使い方が難しいという理由で、継続して続けるお客様が『真面目な方』に限られてしまっていましたが、今回のコロナ禍で生活が一転したことから、忙しい子育て中のママや、忙しいワーキングママにも簡単に使用することができ、すぐに効果が実感できて、朝起きたらパッと明るく、悩みが吹き飛び、嬉しくなれて、長く愛用していただける化粧品が理想的だと考えるようになり、Me:Re Vエッセンスを誕生させることができました。



Q:この時期に、化粧品を製造販売することに不安はありませんでしたか?


A: 不安はありました。コロナ禍はいつまで続くかわかりませんでしたので、今までと同じやり方で販路開拓をしてはいけないと思っておりました。しかし、デメリットばかりでは無く、コロナ禍のおかげでオンラインの時代になり、今までサロン専売品の講習会は会場に行って学ぶことが主流でしたが、オンラインで全てサポートすることができ、遠方のサロン様にとっては、わざわざ都心に来なくても学べるようになりました。オンラインでのサポートを充実させることができ、コロナ禍の影響を良いものにすることができました。



Q:化粧品販売後、導入サロン様の運営はどのように変化しましたか?


A:お客様満足度が上がったとのお声をいただいております。Vエッセンスは、今まで改善できなかった細かな悩みに対応できるからです。また、サロン専売品は敷居が高く、良いと思っていても、「周りに紹介をしにくい」と仰る方が多かったのですが、Vエッセンスは手軽さと実感の速さから、「紹介しやすい」と仰います。



Q:今後の抱負を教えてください。


A:これからも、お客様にとって、1.安心できる 2.手軽で続けやすい 3.目に見えて実感できる商品を、サロン様にとって、1.お客様への信頼度の向上 2.物販が苦手でも販売しやすい 3.正しい理論や情報をお届けできる化粧品製造販売とサポートをしていきたいと思っております。



■導入サロン様へのインタビュー

コロナ禍で、Me:Re(ミーレ)V エッセンスを、どのように活用できているかも含め答えていただいております。

Anela yumi 鍼灸院 森本佑美先生

 


Q:なぜ、Me:Reの『V エッセンス』の取り扱いをしようと思いましたか?


A:美容鍼灸を受けてくださるお客様のお悩みは、たるみ、しみ、シワがほとんどの割合をしめています。

コロナ禍でマスク生活が普通になり、様々な肌トラブルに悩まれる方が増えていく中で、美容鍼灸との相性がよく、お客様が自宅ケアとしても使える美容液がないかと探してました。Vエッセンスの事を知り、1度私自身で使用してみると肌のベタつきもなく、リフトアップする様な感覚と肌質が変わったと実感する事ができ、これは美容鍼灸とセットで使いたいと思いました。

もう1つの決めては水素です。

どんなに良い化粧品を使っても肌は酸化してしまいます。キレイになる為に少しでも肌への負担がなく酸化を防ぎより良い状態を保つ事ができるのがこのVエッセンスであり、お客様にも満足していただける美容液だと思い使用させていただいてます。



Q:お客様の満足度は上がりましたか?


A:美容鍼灸の効果とVエッセンスを組み合わせる事により双方の良いところが引き出され、お悩みが多かった、たるみとシワの改善が早く、施術後には自然に笑顔が出るほどです。

特にシワのお悩みがある方はほうれい線やおでこのシワが薄くなり若返ったと喜んでくださる方が増えました。

ご自宅でVエッセンスを使用していただいてるお客様からも「肌質が変わった」「シワがマシになりました」と嬉しいご報告が増えました。

美容鍼灸を受けてくださる方も「Vエッセンス使用してほしい」と人気メニューになりました。



Q:コロナ禍でMe:Reの『V エッセンス』を取り扱うことでの変化がありましたか?


A:変化は凄くあります。お客様の満足度が上がったのはもちろんですが、美容鍼灸に興味を持ってくださる方が増えました。組み合わせることで変化が目に見えて分かる、実感出来るのが大きなポイントだと思います。

また、新規のお客様も増えました。男性のお客様で美容に興味を持ってはいたけれど「男性が美容なんて」「エイジングケアしたいけど…鍼が怖いから」と鍼灸治療を受ける方が少なかったのですが、Vエッセンスを取り入れた事によりより、興味を持って頂く事が増え、「美容鍼灸を受けてみたい」と希望される方が増えました。

今では、20代~70代の幅広い年齢層で美容鍼灸とVエッセンスのコラボメニューが大人気です。



メディカルサロンクオリア 福田冬子先生

 


Q:なぜ、Me:Reの『V エッセンス』の取り扱いをしようと思いましたか?


A:私はサロン経営において、お客様との信頼関係を第一としており、製品の取り扱いをする際に決めている事があります。

•私がお客様だったらこの化粧品を欲しいと感じるか?

•製造会社を信用できるか?

•効果がわかりやすいか?

•使用法が簡単で、長期間使用しても肌に問題はないか?


これらを叶えられる化粧品だと感じたからです。



Q:お客様の満足度は上がりましたか?


A:お客様の満足度はハッキリ言って高いです。

肌を蘇らせるようなハードなエステや化粧品を使用されていた、美意識が高い方が気に入って下さっています。

一方で、これまでエステを受けた経験もなく、市販の化粧品をお使いの方にも、エステ専売品なのにセットではなく、美容液1本から購入できるため、気軽に購入頂きました。中には、お肌がどんどん綺麗に変化する事がきっかけとなって、スキンケアに興味を持ち、化粧品を全てサロンの物に変えて下さる事もありました。



Q:コロナ禍でMe:Reの『V エッセンス』を取り扱うことでの変化がありましたか?


A:コロナ渦でマスクで顔が隠れているといえど、化粧品は必ず使うはずです。皆さま変わらずリピートして下さいますし、紹介も頂いています。Vエッセンスを使うと、使用化粧品を減らせます。

皆様、簡単で効果が高く、敏感肌にも対応可ですので、これならずっと使いたいと仰っています。

お客様の思いに寄り添い、時代に合った方法でサロン経営は持続できると感じます。



ほねつぎ賢心 京美鍼 筆保理加先生 



Q:なぜ、Me:Reの『V エッセンス』の取り扱いをしようと思いましたか?


A: 開発プロデューサーの七重さんとは昔、お仕事を一緒にさせて頂いていて、その頃からお化粧品への情熱は凄く、とことん追求される姿を目にておりました。

そんな七重さんの長年の経験や知識を余すことなく開発された製品であるMe:Re『V エッセンス』は“即効性と結果”を重視した美容液であると聞き、取り扱うことを決めました。

お客様のお悩みに寄り添い、安全かつ安心で、目に見えて結果のでるもの、そしてできれば即効性があるものというのは、施術をされている先生方であれば、喉から手がでるほど欲しい商品だと思います。

オンライン体験会で、内容成分や使い方、などを理論的にわかりやすくお話してくださったのも導入の大きな決め手でした。



Q:お客様の満足度は上がりましたか?


A:当院では美容鍼灸やエステの手技を合わせた施術をしております。

即効性の観点では、お肌の変化がとても早いので、お客様満足度は上がっております。

特に目の小ジワ・眉間のシワやほうれい線・化膿しているニキビ部分などで変化が早く、お客様も「あれ?えっ!?もう改善しているの?」という反応があり、わたしも嬉しくなることばかりです。

ホームケアの提案にも自信をもってお伝えできる商品です。



Q:コロナ禍でMe:Reの『V エッセンス』を取り扱うことでの変化がありましたか?


A:変化としては、今までお化粧品に興味のなかったお客様でも、「これ、使ってみようかな?」「続けてみようかな?」と、言ってくださるようになり、商品のリピートもでております。

ご自身で鏡を見てもお肌の変化が分かる点で大きく感じます。

使い方も簡単で、すぐに実践できるという点でもありがたいです。

もっとより大きくの方に満足して頂けるようにこれからも発信していきたいと思います。



■WITHコロナ時代のエステサロン様に向けた提案内容

•各サロン様が、既存のお客様に商品をご案内することで、ホームエステのサポートが行える仕組みづくりができるようにする。

•製品をご購入していただいたお客様が、サロン様をリピートするような仕組みづくりをする。そのためにリピートしていただける化粧品を開発する。

•サロン様のお困りなことなどを解決できるような仕組みを考え、それを形にして共有できるようにする。

•商品を購入したお客様が、正しくその商品を使用できるようにアドバイスできる仕組みを構築する。


このように、株式会社かけこむは、これからの新しい提言を実行するためにサロン様のアドバイザーとして伴走させていただいております。



【代理店募集】

私たちは、この状況下でサロンへの来店をお客様に積極的に勧めるのではなく、サロンでの時短メニューにホームケアを組み合わせた安⼼安全なアプローチを、より多くのサロンの皆さまと進めていきたいと思っています。

そこで、通常受講料(3,000円)とトライアルセット(3,600円)が無料になるキャンペーンを2021年3月末まで行なっておりますのでこの機会に是非ご参加頂ければと思います。


Me:Re代理店募集ページ(ウェブ体験会実施中)

https://taiken.me-re.jp/



【株式会社かけこむ概要】

本社:東京都渋⾕区渋⾕2-10-15

代表取締役:田村飛鳥

設⽴:平成29年7⽉

事業内容:化粧品製造販売業

Email:info@kakecom.co.jp

直営サロン:美容鍼サロンリレイユ(東京都⼤⽥区北千束)


【商品概要】

ブランド名:Me:Re(ミーレ)

商 品 名:V エッセンス

内 容 量:20ml

定 価:11,000円(税抜)


Me:Reの『V Essence』は、年を重ねた肌に潤いを与える注目の先進美容成分を配合し、ナノバブ ル水素水を基剤として使用することにより、肌に触れたナノバブルの中の水素が、美容成分の肌 への浸透性を高くするエイジングケア美容液です。 水素を封じ込めたナノバブルが、美容液に含まれる多くの美容成分の浸透をよくし、お肌にうる おいを与え、すこやかなお肌を保ちます。 


【Me:Re ウェブページ】

https://me-re.jp

【Me:Re Instagram】

https://www.instagram.com/me.re.professional/

【YouTube】

「美魔⼥になりたいchannel」配信中

https://www.youtube.com/channel/UCr0Uj0_CyFl32JwH7JCvMag

【PR TIMES記事】

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000072395.html




ストーリー素材ダウンロード

このストーリー内で使われている画像ファイルがダウンロードできます。