ストーリーを探す
テクノロジー ビジネス エンタメ ライフスタイル ファイナンス 飲食・小売 キャリア・教育 医療・健康 施設・団体

醤油醸造中のGABA発見から20年目。老舗総合食品メーカー・ヤマモリが日本人の睡眠課題に挑んだ「GABA100 睡活ビネガー」、こだわり抜いた開発の軌跡とは。

開発ストーリー

#開発ストーリー  #老舗の挑戦  #プロジェクトの裏側

2023年12月4日 10時00分 ヤマモリ株式会社

  • ストーリーをシェアする

プロフィール
宮村かおり
開発研究所・技術研究部長
西山莉奈
家庭用マーケティング部 2グループ
商品・サービス情報
GABA100 睡活ビネガー
●乳酸菌飲料味のお酢飲料(ビネガードリンク)です。
●GABAには「睡眠の質(眠りの深さ)を向上させ、すっきりとした目覚めを得ることに役立つ機能」、「仕事や勉強による一時的な精神的ストレスや疲労感を緩和する機能」、「血圧が高めの方の血圧を下げるのを助ける機能」があることが報告されています。
●1杯*あたりGABA100mg配合。*本品30ml=4倍希釈時120ml
●砂糖不使用、4倍希釈。1本でコップ約16杯分*
●機能性表示食品です。
商品名:GABA100 睡活ビネガー(機能性表示食品)
内容量:500ml
希望小売価格:850円(税別)/ 918円(税込)
発売⽇:2023年9月1日
販売先:全国(スーパーマーケット・ドラッグストア及びインターネット通販)
ストーリー素材ダウンロード

このストーリー内で使われている画像ファイルと報道用素材がダウンロードできます。
掲載内容や画像等は各媒体の報道にご利用いただけます。

#開発ストーリー #老舗の挑戦 #プロジェクトの裏側 に関連するストーリー