紙の雑誌は、老兵のように去るのか? 否、紙だからこそ伝えられる大切なものがある。Pen2014年12/1号「もうすぐ絶滅するという、紙の雑誌について」特集、発売。

Pen2014年12/1号の特集は、紙の雑誌。ラジオやテレビ、そしてインターネットにその役割を奪われ、紙よりも端末で見るほうが便利ともいわれる昨今、紙の雑誌の価値は失われてしまったのだろうか? いや、まったくそんなことはない。紙の雑誌の真価を明らかにする大特集で、あなたの見方は変わる。
雑誌好きにはこたえられない懐かしの雑誌から、最新雑誌情報まで、雑誌の話題を満載したPen最新号。まずは各誌の若手編集者が登場し、雑誌の面白さについて大いに語ってもらった。

Pen12/1号(11/15発売)定価648円(税別)デジタル版500円(税別)
目利きが紹介する「広くて深い雑誌の世界」は読みごたえ十分。最初に登場するのは壇蜜。「歯科医院の待合室で覗き見た、大人な特集」は興味津々な内容。ほかに博報堂ケトル クリエイティブディレクター嶋浩一郎、先ごろ復刊「Boon」の表紙を飾った広末涼子、デザインオフィスnendo代表佐藤オオキ、写真家ハービー・山口、音楽プロデューサー松任谷正隆、アーティストのバーバルら、多士済々の布陣で、否が応にも雑誌の世界にどっぷり浸かれる。

目利きたちの雑誌への思いに触れたら、次は古今東西の雑誌の歴史を俯瞰してみよう。時代とともに歩んできた雑誌の姿が目に浮かぶ。

「ダンチュウ」編集部訪問では、食の雑誌はいかにしてつくられていくのかを、豪快かつ陽気な若手編集者に密着取材して明らかにしていく。特別に潜入した編集部の実態は、外からでは窺い知れない面白ネタで満ちている。ふとしたきっかけで出合うリトルマガジンのディープな世界、お国柄、土地柄を如実に示す海外雑誌の際立った個性も見逃せない。

さらに雑誌ラバーへお薦めする東京ベストスポットも紹介。最後はいまフォローすべきウェブマガジン・ガイド。ページを繰るほどに紙の雑誌のよさを痛感させられる特集。絶滅しない、不滅なのだと言える証明書になる。

Pen最新号はこちら。→http://www.pen-online.jp/magazine/pen/pen-372-magazines/
Twitter: @Pen_magazine
Facebook: https://www.facebook.com/penmagazine

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社CCCメディアハウス
  4. >
  5. 紙の雑誌は、老兵のように去るのか? 否、紙だからこそ伝えられる大切なものがある。Pen2014年12/1号「もうすぐ絶滅するという、紙の雑誌について」特集、発売。