スマートニュース、「スポーツ報知」のスマートフォーマット対応を発表

~巨人の優勝情報をいち早くキャッチできる「報知チャンネル」を22日より開始~

main image

スマートニュース株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:鈴木 健/浜本 階生、以下「当社」)は本日、スポーツ新聞「報知新聞(以下「スポーツ報知」)」(報知新聞社:本社東京都港区、代表取締役社長:早川正)がスマートフォーマットに対応し、2014年9月22日より当社が提供するスマートフォン・タブレット向けニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」内にチャンネルプラスを開設することを発表いたします。

スポーツ報知は、2014年4月現在142万部超という首都圏シェアトップの発行部数を誇る読売グループのスポーツ新聞です。読売ジャイアンツを始めとする野球ニュースのほか、サッカーやゴルフなどの人気スポーツの情報や芸能・エンタメ情報など多彩な誌面展開により、多くの読者を獲得しています。

スマートニュースはこれからも「世界中の良質な情報を必要の人に送り届ける」というミッションの下、400万人超のユーザーの声に応え、役立つ楽しいニュース体験を提供して参ります。

【資料】

■ 「スポーツ報知」とは
スポーツ報知の前身は1872年に創刊された「郵便報知新聞」、その22年後の1894年に「報知新聞」と改題し、明治以降の日本国内外の社会動静を報道してきた歴史ある新聞紙です。1949年12月30日よりスポーツ専門紙として再出発しました。読売ジャイアンツを中心にした野球ニュースを始め、スポーツや芸能(伝統芸能情報含む)、女性向け紙面など多彩なコンテンツを提供し、男女問わず幅広い年代の読者を獲得しています。

■ スマートフォーマットとは
スマートフォーマットは、SmartNewsへの記事配信を最適化するために開発されたXMLベースの専用技術です。媒体運営社はスマートフォーマットに対応したコンテンツを制作することで、自社が運営するメディアのコンテンツについてSmartNewsへの記事配信プロセスを大幅に削減できるほか、PV数や収益性向上を実現できます。

■ チャンネルプラスとは
チャンネルプラスは、特定のメディアのコンテンツを読みたいユーザーに向け、メディアパートナーとスマートニュースが共同で開設する専用コンテンツチャンネルです。
ユーザーは、SmartNews内のチャンネルプラス一覧ページ、もしくはSmartNews内に配信されているコンテンツのいずれからでも、簡単な操作でチャンネルプラスを無料で購読できます。
2013年5月よりスタートし、2014年9月22日現在、計52チャンネルを提供中です。また、その購読者総数は980万人を超えています(複数購読者を重複してカウント)。

■ スマートニュース株式会社について
スマートニュース株式会社は、「世界中の良質な情報を必要な人に送り届ける」ことをミッションとし、2012年6月15日に設立された企業です(創業時社名:株式会社ゴクロ)。独自開発のウェブ解析技術を基盤に、400万ダウンロードを超えるスマートフォン・タブレット向けニュースアプリ「SmartNews」を運用する当社は、同アプリを軸に数多くのメディア各社様との事業提携を行っています。

■ 関連URL
SmartNews公式サイト
https://www.smartnews.be/
ダウンロードページ(iTunes App Store)
https://itunes.apple.com/jp/app/id579581125
ダウンロードページ(Google Play)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.gocro.smartnews.android
スマートニュース株式会社
http://www.smartnews.co.jp/

# # #

■ 本件に関するお問い合わせ先
スマートニュース株式会社 広報担当 info@smartnews.co.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. スマートニュース株式会社
  4. >
  5. スマートニュース、「スポーツ報知」のスマートフォーマット対応を発表