​【2年連続の快挙!】第7回 食の都・大阪グランプリで昨年に続き、またもや料理の元素人『飲食人大学』卒業生、濱 力貴人が「和食・日本料理部門」で見事、優勝!!

8ヶ月前まで飲食未経験の実業団バレーボール選手!現場実践型の飲食人学に3ヶ月通学で、関西最大級の料理コンペティションのグランプリに!!

株式会社RETOWN HUMAN(本社:東京都渋谷区、代表取締役:宇都 裕昭)が運営する鮨 千陽(大阪府大阪市福島区)の副店長 濱 力貴人(はま りきと)が、2016年11月20日(日)に辻調理師専門学校(大阪市阿倍野区)にて開催された「第7回食の都・大阪グランプリ」(主催:「食の都・大阪」推進会議 事務局:大阪商工会議所・大阪府)決勝大会において『和食・日本料理部門』で見事、優勝の栄冠に輝きました。
濱 力貴人は「食の都・大阪グランプリ」初挑戦にして見事、優勝の栄冠に輝きました。

 

 

 


●『和食・日本料理部門』グランプリ受賞作品はこちら

『箱天 鱧寿司』
麦藁蛸に祭り鱧という言葉があるように夏の風物詩として名高い鱧だが、産卵を終え冬眠に備え栄養を蓄えた鱧もまた格別な脂の乗り方をしている。今回は二度目の旬を迎える鱧に着目し、大阪湾の鱧を使い大阪伝統箱寿司に挑戦した。大胆に天ぷらにする事で旨味と脂を閉じ込め、鱧とシャリの間には泉州玉葱を挟み普通の寿司にはない特別な食感を加え、鱧本来の旨さはもちろん、大阪もんとの調和もお楽しみいただける作成となった。

___________________________________________________
【「食の都・大阪グランプリ」(主催:「食の都・大阪」推進会議 事務局:大阪商工会議所・大阪府)】

http://www.osaka.cci.or.jp/syoku_osaka/
 人材育成と商品開発を促し、大阪の飲食業や食関係産業の発展と、大阪の食文化の充実化を図る為に行われる
大会です。また、大阪産(おおさかもん)の積極的活用促進によりブランド認知度の向上、生産・消費の増大
を図る狙いもあります。
大阪の料理人、パティシエたちが地元大阪について考え、調べ、表現する貴重な機会でもあります。
第7回目となる今回は、①和食・日本料理部門(応募総数74名)②洋食・西洋料理部門(応募総数80名)
③中国・韓国・アジア料理部門(応募総数28名)デザート・和洋菓子部門(応募総数33名)の各部門で
競われました。事前に行われた書類選考を経て、各部門4名ずつが決勝大会に臨みました。
___________________________________________________
 
濱 力貴人は、株式会社RETOWN HUMANが運営する『飲食人大学 寿司マイスター専科』(現場で即戦力として活躍できる寿司職人を3ヶ月で育成する学科)の卒業を経て、今年の7月に寿司職人としてのデビューを果たしました。優勝を果たした当日に「鮨 千陽」の副店長に就任しています。
 

 

 

業界未経験から4ヵ月での今回の『和食・日本料理部門』で優勝という結果を踏まえて、
「正直、昨年の同大会、優勝者である輸本 貴文さん(現 鮨 千陽 店長)の存在が大きなプレッシャーでした。自分も同じか、それ以上の結果を残さないとダメだと気負い過ぎた時期もありましたが、輸本先輩も自分も、元は同じ素人なんだし、自分でもできる、と信じ込みました。

今回の出場にあたって自分でメニューを考える難しさ、どうやったら食べてもらう人に喜んで頂くか、どうやって時間を守り、料理をつくるか。色々な事で勉強になり良い経験になりました。人間として、料理人として少しだけ成長できた実感があります。それも会社の代表、仲間を始め、飲食人大学の星川先生のおかげでなんとか最後まであきらめず、取り組めました。。本当にありがとうございます。

今回の経験を活かし、副店長という自覚と責任感を持ち取り組んでいきます。そして、その為の土台となる飲食店の運営知識や料理の知識、技術をこれからもどんどん学びたいです。」
と語っています。
 

 

 


【濱 力貴人(はま りきと)】鮨 千陽 副店長
1986年7月21日生まれ(24歳)大分県出身
前職:製造業勤務(実業団バレーボール選手)
2016年4月 飲食人大学寿司マイスター専科(7期生)入学
2016年6月 飲食人大学寿司マイスター専科卒業
2016年7月 株式会社RETOWNHUMAN入社  鮨 千陽 配属

 

 
【鮨 千陽】(大阪府大阪市福島区)
http://sushi-chiharu.jp/  TEL:06-6450ー8685

鮨 千陽は3カ月の寿司学校の卒業生と生徒だけで運営するお店です。開店から11ヶ月で「ミシュランガイド」に掲載されるなど「奇跡の寿司店」と言われ話題になりました。江戸前鮨の技術と伝統を伝えていきたいという思いで、開店当初より江戸前鮨に特化し、挑戦し続けています。 
江戸前鮨の伝統を重んじながら、現代の人々の味覚や趣向にあった鮨をご提供しています。日本の詫・寂、シンプルかつ粋な日本の食文化をご提供できるよう日々精進しております。
 
 

【飲食人大学】東京/大阪/名古屋に開校
http://insyokujin.ac/  TEL:0120-951-869
 飲食人大学はこれから飲食業界で働こうとする人、既に飲食業界で働いている飲食人の為の学校です。
飲食業界の現場で働く「人」視点で、現場で通用する技術を短期間で修得することを目的に設立しました。
当校は、一般的な1年制の調理師学校のカリキュラムを
「現場実践」と言うキーワードでいちから見直すことにより、現場で通用する技術を3ヶ月から1ヶ月(学科により異なる)という短期間で修得できる濃密な短期集中型のプログラムを特徴としています。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社RETOWN
  4. >
  5. ​【2年連続の快挙!】第7回 食の都・大阪グランプリで昨年に続き、またもや料理の元素人『飲食人大学』卒業生、濱 力貴人が「和食・日本料理部門」で見事、優勝!!