J:COMがMVNO事業に参入10月29日より新サービス「J:COM MOBILE」提供開始

「J:COMオンデマンドアプリ」視聴時データ通信量カウントなし&充実のサポート ―日本初登場のオリジナル端末も―

株式会社ジュピターテレコム(J:COM、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:牧 俊夫)はMVNO(仮想移動体通信事業者)事業に参入し、新サービス「J:COM MOBILE」(ジェイコムモバイル)を10月29日より、全国のJ:COMエリア*1で一斉に販売いたします。

 

1.目的と背景
J:COMは、中期事業計画で目指す姿として“J:COM Everywhere”を掲げ、放送・通信サービスをはじめとする様々なサービスを提供することで、お客さまの生活全体を支える企業となることを目指しています。「J:COM MOBILE」をケーブルテレビ(多チャンネル放送)、高速インターネット、固定電話、電力に次ぐ「第5のサービス」と位置付け、生活に欠かせない様々なサービスをJ:COMがワンストップで提供します。放送・通信業界を取り巻く環境が激しく変化する中、新たに移動体通信サービスを提供することでお客さまの変化するニーズに対応してまいります。

2.「J:COM MOBILE」の特長・独自サービス
(1)LTE対応で高速大容量通信を実現
auの4G LTE網を利用するMVNOサービスとして、高速データ通信はもちろん、au VoLTEにも対応しており、高品質な音声通話をご利用いただけます*2。

(2)「J:COMオンデマンドアプリ」利用時、データ通信量カウントなし スポーツライブも存分に楽しめる
「J:COMオンデマンドアプリ」を利用して映像コンテンツを視聴する際のパケット量は、月間のデータ通信量にカウントいたしません。利用者は、いつでもどこでもパケット制限を気にせず動画コンテンツをお楽しみいただけます(一部利用条件あり)*3*4。「J:COMオンデマンドアプリ」では、動画配信サービス「J:COMオンデマンド」*5で配信中の最新映画、国内外のドラマ、アニメ(計約38,000本)はもちろん、ゴルフやプロ野球などのライブ中継もご覧いただけます*6。

(3)充実のサポートで、自宅にいながら利用開始可能
「MVNOはサポートが不安」という声をふまえ、初めてスマートフォンを利用するお客さまにも安心していただけるようサポート体制を充実させました。ご訪問による契約手続き*7ののち、端末をご自宅に宅配、遠隔サポートで初期設定を行うなど、お客さまが自宅にいながら利用開始までの全ての手続きが完了するフローを整えています。加入後も「おまかせサポート」(月額500円(税抜)/世帯)のご利用で、電話だけでなく、訪問や遠隔サポートが受けられます。

(4)日本初上陸のオリジナル端末 専用アクセサリーも販売
端末は、日本初上陸となる「LG Wine Smart」(LG Electronics製)。フィーチャーフォンのテンキーに馴染んだ方にも使いやすく、韓国をはじめ海外でもグローバルで展開される端末を、J:COM限定のオリジナルモデルとして日本で提供します。タッチパネルとテンキーの両方が利用可能で、Google Play™ によるアプリインストールができるほか、「J:COMオンデマンドアプリ」がプリインストールされており、手軽にコンテンツ視聴が可能です。また「緊急地震速報」アプリを搭載しています。「ざっくぅ」*8のマークが描かれた「ざっくぅキー」を押すと、J:COM加入者向けサイト「MY J:COM」にすぐアクセスできる便利機能も特長です。カラーは、ネイビーとブラウンの2色。また、SDカードやイヤホン等、専用アクセサリーも10月から順次販売します。端末およびアクセサリーの種類は今後も追加予定です。

(5)シンプルでわかりやすい料金体系 月額2,980円 キャンペーンで端末実質無料*9
端末(スマートフォン)と音声通話・データ通信に対応したSIMカードをセットにした「J:COM MOBILE スマホセット [3GB]」を月額基本料2,980円(税抜)で提供します。販売と同時に開始するキャンペーン(期間:2015年10月29日から2016年1月11日まで)により、J:COMサービスと同時加入で端末代金が実質無料となります。

(6)日本ケーブルテレビ連盟との連携によりSIMカード単体も提供
一般社団法人日本ケーブルテレビ連盟が推進する「ケーブルスマホ」も10月29日より「J:COM MOBILE SIM単体 [3GB]」として提供します。データ通信だけの場合は月額基本料900円(税抜)、音声通話とデータ通信セットの場合は月額基本料1,600円(税抜)の2コースからお選びいただけます。※上記(1)~(4)のJ:COM独自サービスは、本コースには適用されません。

3.LTE対応タブレットも販売開始 「いつでも、どこでもテレビが楽しめる」=「TV Everywhere」を実現
さらに「J:COM TV」とセットで提供しているタブレットサービス「J:COM TV with タブレット」についても、LTE対応の新端末を10月29日から販売します*10。従来はWi-Fi接続のみに対応しており、Wi-Fi環境がないと宅外では利用ができませんでしたが、MVNO開始に伴いLTE接続による宅外での使用が可能となります。「J:COM MOBILE スマホセット [3GB]」と同様に、「J:COMオンデマンドアプリ」利用時のデータ通信量(パケット)は月間のデータ通信量にカウントされません*3*4。「with タブレット」サービスをご利用いただくための「TV Everywhere料金」は、月額980円(税抜)です。

4.スマートフォン、タブレットともに公衆無線LAN「Wi2 300」を追加料金なしで提供*11*12
株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレスの公衆無線LAN「Wi2 300」の提供エリア内であれば、ログイン IDやパスワードを入力することなく、自動的に利用可能です*13。

5.販売エリアとスケジュール
■ 販売エリア:    札幌、仙台、関東、関西、九州・山口の全J:COMエリア
J:COM営業スタッフ、ジェイコムショップ、局舎窓口、カスタマーセンター、
WEBサイト(http://www.jcom.co.jp/promo/mobile/)にて申込みを承ります。

■ スケジュール:       
新規契約・番号ポータビリティ(MNP)ともに
・ 予約受付 10月22日(木)
     ※「J:COM MOBILE スマホセット [3GB]」のみ予約受付を実施
     ※WEBサイトはAM10:00より予約受付開始
・ サービス開始 10月29日(木)

J:COMはMVNOサービスの開始により、家の中でも外でも生活に関わるあらゆることをお任せいただける“J:COM Everywhere”をますます強化し、今後もお客さまの心に響くサービスの提供を続けてまいります。

⇒商品概要など詳細はこちらをご覧下さい。
http://prtimes.jp/a/?f=d7676-20151013-9057.pdf


*1 J:COMサービスは、札幌、仙台、関東、関西、九州・山口でご加入いただけます。J:COMエリア外にお住まいの方は、申込みできません。
*2 au の4G LTE エリア内で、au VoLTE 対応機種同士に限ります。
*3 データ通信量(パケット)カウントなしの対象となるのは、「J:COMオンデマンドアプリ」でコンテンツを視聴した場合のみです。同じコンテンツでも「J:COMオンデマンドアプリ」以外のアプリを利用すると、データ通信量がカウントされます。
*4 「J:COMオンデマンドアプリ」をご利用の場合でも、ネットワーク混雑回避のため、前日までの直近3日間で通信量が合計で3GB以上の場合、「J:COM MOBILE」の通信速度を翌日にかけて制限します。
*5 「J:COMオンデマンド」は、J:COMが提供する映像配信サービスです。ご利用には、ケーブル多チャンネル放送「J:COM TV」サービスへのご加入が必要です。契約コースや建物によってはご利用いただけない場合があります。「J:COMオンデマンド」の総配信本数は55,000本(2015年9月1日現在)で、そのうち38,000本がマルチデバイス視聴に対応しています。コンテンツは有料・無料のものがあります。マルチデバイス対応コンテンツは「J:COMオンデマンドアプリ」を通じて、スマートフォンやタブレット端末などお手持ちのモバイル機器でいつでもどこでもご覧いただけます。
*6 ライブ配信は、「J:COM TVスタンダード」「J:COM TVスタンダードプラス」に加入中の方のみ対象です。
*7 カスタマーセンターやWEBサイトからの申込みも承ります。
*8 ケーブルインターネットZAQのキャラクター
*9 「J:COM MOBILE スマホセット [3GB]」(2年契約)と「J:COM TV」もしくは「J:COM NET」(40M以上)への加入が必要です。端末代金の支払い方法は、一括もしくは24回の分割払いです。キャンペーンの適用により、毎月の分割払い相当額を24カ月間割引きします。支払い期間中に解約の場合は、残金を一括でお支払いただきます。
*10 「with タブレット」サービスは、「J:COM TV」および「J:COM NET」を契約している場合のみ申込み可能です。
*11 「Wi2 300」の提供は2016年6月末までの提供を予定し、以降のサービス提供は未定です。
*12 「J:COM MOBILE SIM単体 [3GB]」は対象外です。
*13 「Wi2 300」の提供エリアは、SSID:Wi2,Wi2_club,Wi2_free,wifi_square,UQ_Wi-Fi(新幹線車内および待合室は除く)です。また、一部アクセスポイントにおいては、初回ログイン時のみパスワードの入力が必要となります。

* 「Google」「Android」「Google Play」「Gmail」は、Google Inc. の商標です。
* 「Wine Smart」は、LG Electronics Inc.の商標または登録商標です。
* 「Wi-Fi」は、Wi-Fi Allianceの登録商標です。
* 「Bluetooth」は、Bluetooth SIG, Inc.USAの登録商標です。
* その他、本リリースに掲載されている社名、製品名、技術名は各社の商標または登録商標です。
* 仕様は予告なく変更される場合があります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ジュピターテレコム
  4. >
  5. J:COMがMVNO事業に参入10月29日より新サービス「J:COM MOBILE」提供開始