「PR TIMES」利用企業が8,000社を突破

プレスリリース配信サービス利用企業の増加がさらに加速

【トピックス】
・ 利用企業8,000社を突破、1,000社増加ペースが約1.2倍に加速
・ 2ヵ月連続で最高値を更新、月間配信本数は4,000本超え、月間PVは約285万PVに

株式会社PR TIMES(東京都港区、代表取締役:山口拓己、以下:PR TIMES)が運営するプレスリリース配信サービス「PR TIMES」は、サービス開始7年6カ月で利用企業数が8,000社を突破致しました。

業界シェアNo.1(*)のプレスリリース配信サービス「PR TIMES」 http://prtimes.jp/
(*)…プレスリリース月間配信本数比較による(当社調べ)

「PR TIMES」とは?
http://prtimes.jp/service/



■ 加速する利用企業の増加
「PR TIMES」では、2007年4月10日のサービス開始より、プレスリリースの配信と、メディアへの掲載サービスを提供してまいりました。利用企業数は2013年3月に5,000社へ到達、そこから約1年7ヵ月で3,000社増加し、この度2014年10月末で8,000社を突破しております。また、7,000社から8,000社への1,000社増加に要した期間はおよそ5ヵ月半であり、増加ペースは約1.2倍(5,000社から7,000社への2,000社増加に14ヵ月を要したペースとの比較より。)に加速していると言えます。

■ 2ヵ月連続で配信本数とサイトPVの最高値を更新
また、2014年10月のプレスリリース月間配信本数は4,079本と遂に月間4,000本を突破、同月のサイト月間ページビューは2,849,711PVと、共に過去最高記録を更新致しました。月間配信本数、サイト月間ページビューの記録更新は前月の9月に続き2ヵ月連続となります。

■ メディアと生活者に届くリリースとして成長
プレス配信の効率化だけでなく、ソーシャルメディアやキュレーションメディアの情報ソースとしてもWebプレスリリースが機能し、生活者に直接届くようになった昨今の環境変化も受けて、プレスリリース配信サービスを介した企業の情報発信スタイルが浸透してきています。実際にPR TIMESではページビューが数万にも及ぶプレスリリースや、数千ツイート、数千いいね!が付くプレスリリースが度々現れています。

PR TIMESでは、企業、メディア、生活者の皆さまの情報流通をより円滑にすべく、プレスリリース配信サービスの品質向上はもちろん、プレスリリースの情報価値を更に高める活動を行ってまいります。


「PR TIMES」 URL:http://prtimes.jp/

 

利用企業はサービス業、情報通信業、商業、製造業を中心に業種は多岐にわたり、プレスリリース配信シェアとサイト月間PV数は、共に国内N0.1を誇ります。また、国内上場企業の21.1%に利用いただいており、数多くの優良企業のプレスリリースが集まるPR TIMESは、メディア関係者からの注目度もますます高まっていると言えます。2014年3月には、デバイスフリーな企業情報プラットフォームへとUIデザインとソーシャル機能をアップデートしています。(運営:PR TIMES)


【会社概要】
■株式会社PR TIMES 概要
会社名  : 株式会社PR TIMES
所在地  : 東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ 13F
設立   : 2005年12月
代表取締役: 山口 拓己
事業内容 : プレスリリース配信サービス「PR TIMES」(http://prtimes.jp/)の運営
      ブログマーケティングサービス「ブログタイムズ」(https://blogtimes.jp/)の運営
      WEBクリッピングサービス(http://webclipping.jp/)の提供
      モバイルメディア特化型PRサービス「モバイルPR」の提供
      Web上でニュースを生み出すWeb PRの企画・実行
      ソーシャルメディアユーザーのためのモニターサービス「conecc」(https://conecc.jp/)の運営
URL   : http://prtimes.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社PR TIMES
  4. >
  5. 「PR TIMES」利用企業が8,000社を突破