プレスリリースの魅力を
最大限引き出し、
あなたの会社を広める
PRサービス

メディアやジャーナリストへ配信、記事掲載の機会を最大化する方法。
生活者や見込客へ直接ニュースを伝え、SNSで広まる機会を創出します。

今すぐ配信を依頼する

国内シェアNo.1 上場企業の27.1%が利用

なぜPR TIMESが選ばれるのか?

PR TIMESは2007年にサービス開始し、わずか数年で最もプレスリリースが配信されるサービスに成長しています。
いま、企業の広報やマーケティングを取り巻く環境は大きく変化し、ますます複雑化しています。マスメディアの影響力低下、デジタルメディアの進化、スマートフォンの普及、生活者による様々なSNSの活用拡大と、情報発信力の飛躍的な向上など。このような劇的な環境変化の中、PR TIMESは、新たなマーケティングPRツールとして選ばれています。

主なパブリシティ実績
  • 産経新聞
  • 日経MJ
  • 日本経済新聞
  • 宣伝会議
  • 広報会議
  • TechCrunch
  • THE BRIDGE
  • RBB TODAY
  • ITmedia
  • マイナビニュース
  • CNET Japan
  • Yahoo!ニュース
  • mixi - ミクシィ
PR TIMESが選ばれる
5
つの理由

PV600No.1

PR TIMESサイト(prtimes.jp)のページビューは月間600万PV(2015.10)に達し、日本国内で“最もよく閲覧されている”プレスリリースサイトに成長しています。記者107名に聞いた「どのようなプレスリリース配信サイトが情報収集元として望ましいか?」と調査した結果、「大企業、有名企業のリリースが豊富に配信されるサイト」が第1位になりました。だからこそ、日本国内上場企業や、フォーチュン500のグローバル企業、さらには今注目のスタートアップまで幅広く活用されています。詳しくはこちら

大手プレスリリース配信サイトPV数比較
(ビデオリサーチ インタラクティブ調べ:PR TIMESのアクセス数を100として作表)

PRTIMES

X社

Y社

Z社

1PV9

産経ニュース、YOMIURI ONLINE|読売新聞、朝日新聞デジタル、時事ドットコム、iza、東洋経済ONLINE、LINE NEWS、ORICON STYLE、Googleニュースなど月間1億PV以上の9サイトにプレスリリースを掲載しています。また月間1千万PV以上のサイトも17サイトあり、圧倒的なPVを誇っています。詳しくはこちら

  • 産経ニュース
  • YOMIURI ONLINE
  • 朝日新聞
  • 時事通信社
  • 東洋経済ONLINE
  • iza
  • LINE NEWS
  • ORICON STYLE
  • Google
500万ユーザーを超えるニュースアプリへ転載
check
AppStore BEST OF 2013を受賞した日本有数のニュースアプリAntennaと提携
check
グルメ、ファッション、ビューティー、トラベルなどライフスタイル関連の新商品のプレスリリースを厳選して転載

12,000

全12,000媒体超の配信ネットワーク&2,900名超の個人記者・編集者の会員ネットワークがあります。
詳しくはこちら

個人記者・編集者宛のグラフ
個人記者・編集者宛
デスク宛のグラフ
デスク宛


PR TIMESのプレスリリースエディタは、幅広いお客様が簡単に文字装飾や画像貼り付けできるようこだわっています。
高画質な画像を最大20点までアップロードでき、フレキシブルに画像の大きさを変更し、位置を指定できます。
さらにYouTubeやUstreamなどにアップロードした動画も簡単に配置できます。
プレスリリースのコンテンツ価値を最大限に高め、メディアに伝わり、生活者に広まるデザインを実現します。

FacebookTwitter
SNS

PR TIMESのFacebookページはいいね数が102900以上、
Twitterのフォロワー数が35500人以上。

またFacebook、Twitter共にカテゴリー別にすべてのリリース情報を投稿しているので、リリース情報が圧倒的にソーシャルで広まりやすいのも特徴です。詳しくはこちら

いいね
フォロワー
カテゴリー別いいね数・フォロワー数(2016.5)
 
メインアカウント 65000 20500
テクノロジー 4400 2200
エンタメ 3400 2300
ビューティー 3500 1800
ファッション 3800 1700
ライフスタイル 3800 3100
ビジネス 4100 1900
その他 14900 2000
102900 35500

営業担当者からPR TIMESが選ばれる理由を聞く。お問い合わせはこちら

ページトップへ戻る