『文豪ストレイドッグス』ついに世界進出!!『ダ・ヴィンチ・コード』の著者ダン・ブラウンがまさかのキャラ化!新作『インフェルノ』とのコラボ企画が解禁!

角川書店 ブランドカンパニー

『ダ・ヴィンチ・コード』の著者ダン・ブラウンがキャラ化した画像を初解禁!彼の新作『インフェルノ』とコミックス『文豪ストレイドッグス』のコラボ企画第3弾!

『ダ・ヴィンチ・コード』、『天使と悪魔』をはじめ、全世界的に大ヒット著作をもつダン・ブラウン。彼がコミックス『文豪ストレイドッグス』の“文豪キャラクター”となったイラストが解禁となった!

 

コミックス『文豪ストレイドッグス』は、異能力をもった文豪キャラたちが繰り広げるバトルアクション。彼らの能力の個性はそれぞれで、例えば芥川龍之介が持つ異能力“羅生門”は自ら羽織ったマントを怪物のようにあやつる特殊能力だ。今回、12月4日に発売された『文豪ストレイドッグス』3巻のコミックの中で、新キャラとして海外の著名文豪が登場!ドフトエフスキーやアガサ・クリスティなどその異能力が気になる文豪が作中に姿を見せている。本編が見せるこの激動の展開に、今まで国内の著名な作家とのコラボ企画を実施してきた本作スタッフが、現在絶賛発売中の新作「インフェルノ」の著者である、ダン・ブラウンにキャラ化の猛烈ラブコールを送ったところ、なんと、本人から直々にコメントが寄せられた!

 

"I've always wanted to be Mangafied."
「いつもマンガにしてほしいと思ってたんだよw」

 

スタッフ一堂驚きの返信があり、本コラボの実現となった!

文豪キャラ:ダン・ブラウンがもつ異能力はその名も“インフェルノ”。能力の内容は“地獄(インフェルノ)の情景を記した三行韻詩(さんぎょういんし)を詠(よ)む”というもの。ここで表現された地獄は33分後の現世を反映しており、この韻詩を解読すれば未来を予測できる。ただし、韻詩はブラウン本人が歴史や宗教学の知識をもとに解読しなければならない、とのこと。

彼が詠む三行韻詩は自身が能力を発揮したいとき(未来を予知したいとき)に、ふと無意識に出てくるものなのだが、当の本人も解読不能なものばかり。。一度、自分自身で翻訳が必要になるという、ちょっとお茶目な能力だ。ダン・ブラウン本人の新作「インフェルノ」は、記憶喪失になった主人公ロバート・ラングドンが、ダンテの長編叙事詩『神曲』<地獄篇>に導かれ、新たな冒険に挑む壮大なストーリー。この長編詩へのオマージュとしてささげられたボッティチェルリ作の絵画「地獄の見取り図」に隠された謎を解いていくこととなるのだが・・・。記憶喪失になったラングドンと、キャラ化したダン・ブラウンを重ねながらこのコラボを楽しむのも一興だ。今回の絵柄のイメージはロバート・ラングドンよろしくのいかにもジェントルマンらしいジャケットとパンツルック。彼の手から零れ落ちるあやしい暗号は何を意味するのか?床に詰まれた本はあらゆる暗号を解くための手がかりなのか??本人公認のこの貴重なイラストを是非とも目に焼き付けてほしい。

本イラストは『文豪ストレイドッグス』の作画を担当する春河35(はるかわさんご)の特別書き下ろし。このイラストを使用したポスターなどを今後全国書店にて掲出予定だ。

コラボ第3弾となる本企画だが、前回の京極夏彦コラボ、前々回の綾辻行人(辻は2点のしんにょう)コラボを見逃した方も、こちらから情報をキャチアップしてみてはどうだろうか?

第一弾:綾辻行人キャラ化!
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000182.000007006.html

第2弾:京極夏彦キャラ化!綾辻との対決も!?
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000396.000007006.html


コミックス『文豪ストレイドッグス』は1~3巻が全国書店にて好評発売中!
国内各書店で売り上げ1位の記録総なめの、ダン・ブラウン新作『インフェルノ』は単行本上・下巻が全国書店にて絶賛発売中だ!
この機会に是非書店でこのコラボレーションの証人になろう!


◆ コミックス『文豪ストレイドッグス』
孤児院を追われ横浜にたどり着いた青年・中島敦は、自殺しそびれて川から流れてきた男を助けることに。男の名前は太宰治…荒事を生業とする異能力集団「武装探偵社」に所属する彼は、世間を騒がす「人食い虎」騒動を解決すべく調査しているところだった。
中島は、太宰に強引に誘われ調査に同行することになるのだが――!?

『文豪ストレイドッグス』1~3巻絶賛発売中!
原作:朝霧カフカ
漫画:春河35
定価:560円(+税5%)
発行:株式会社KADOKAWA
編集:角川書店

 

【PV絶賛放映中!】「文豪ストレイドッグス」 特設サイトURL
http://www.kadokawa.co.jp/sp/bungo/

ヤングエース 公式サイト
http://www.kadokawa.co.jp/ya/


◆ 単行本『インフェルノ』上・下巻

眠れないほど面白い!全世界1100万人が熱狂!

フィレンツェ、ヴェネツィアを舞台にラングドンが奔走する!
世界滅亡へのカウントダウンを阻止せよ

世界中を熱狂の渦に巻き込んだ『ダ・ヴィンチ・コード』のラングドン・シリーズ第4弾『インフェルノ』。全米では上半期ベストセラー・ランキング第1位を獲得、イギリス、ドイツ、フランス、イタリアなど出版したすべての43カ国で第1位を記録、日本国内でも発売初週にて1位を記録するなど、単行本書籍にて今年度最大の話題作となっている。

【ストーリー】ダンテ〈地獄篇〉に秘められた暗号を解読せよ
病院で目が覚めたラングドンは、窓の外の眺めから、イタリア中部の都市フィレンツェであることに気づくが、頭部に負った傷や、自分が病院のベッドにいる理由を思い出すことはできなかった。そして、担当の医師が武装した襲撃者に撃たれるところを目撃してしまう。ラングドンは美人の女性医師シエナ・ブルックスの手引きで、命からがら病院を脱出する。
謎の襲撃に続き、無人偵察機による探索、軍警察までが不穏な動きをするなど、何者かがラングドンを探し出そうとする。シエナは彼のジャケットの隠しポケットに高性能バイオチューブが入っているのを発見する。内部にはプロジェクターが埋め込まれており、壁に映し出されたのは、ダンテの『神曲』へのオマージュとして捧げられたボッティチェルリ作の「地獄の見取り図」だった。そこには、原画にはない暗号のようなものが描きこまれていた。
その謎を探求するうち、ラングドンはフィレンツェの象徴ともいうべきヴェッキオ宮殿にたどり着き、美術館の展示室からダンテのデスマスクが盗まれたことを知る。美術界の重鎮が命がけで託した手がかりを頼りに、ラングドンは消えたマスクの行方を追う・・・・・・。

『インフェルノ』は素晴らしい本だ!――トム・ハンクス
「キャプテン・フィリップス」来日記者会見(2013年10月18日)より

謎や仕掛けがたっぷり満載。
一度読み出したら止まらない、ブラウンが精魂こめて作りあげた探索と逃走の物語。
――ジャネット・マスリン《ニューヨーク・タイムズ》紙

スピード感あふれ、創意に富み、知性豊か。
ダン・ブラウンは手に汗握る知的サスペンス小説を生み出す名手だ。
――《ウォール・ストリート・ジャーナル》紙

『インフェルノ』 オフィシャルHP
http://danbrown.jp/inferno/

『インフェルノ』 プロモーションムービー
http://www.youtube.com/watch?v=SLwX89c3Iaw

 

 

■単行本

『インフェルノ』上・下
著:ダン・ブラウン
訳:越前敏弥
【頁】各336頁
【体裁】四六判上製/上・下巻
【価格】各1800円(+税5%)

★BOOK☆WALKERほかにて電子書籍配信中!

 

 

 

 


【インフェルノ関連ニュース】

絶好調!!!ダン・ブラウン最新作『インフェルノ』日本でも堂々の第1位!!
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000408.000007006.html

ダン・ブラウン著『インフェルノ』、日本を含む出版したすべての国で第1位を記録!さらに荒俣宏氏、越前敏弥氏によるトークイベントも盛況!
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000390.000007006.html


今夜は眠れない!『最強の徹夜本』 ダン・ブラウン著「インフェルノ」いよいよ11月28日0時から電子書籍配信開始
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000380.000007006.html


【映画化情報】
2015年全米公開予定
【ラングドン・シリーズ角川文庫より絶賛発売中!!】
第一作『天使と悪魔』上・中・下巻各620円(税込)
第二作『ダ・ヴィンチ・コード』上・中・下巻各580円(税込)
第三作『ロスト・シンボル』上・中・下巻各660円(税込)

【著者紹介】ダン・ブラウンDan Brown 
1964年、米ニューハンプシャー生まれ。アマースト大学を卒業後、英語教師から作家へ転身。2003年3月『ダ・ヴィンチ・コード』を刊行。無名の作家ながら、1週目からベストセラー・ランキング1位を獲得、社会現象といえるほどの驚異的な売れ行きとなる。2000年に刊行したシリーズ第一作である『天使と悪魔』も同時に売れ始め、一躍ベストセラー作家の仲間入りを果たす。父は数学者、母は宗教音楽家、そして妻は美術史研究者であり画家でもある。他の著書に『デセプション・ポイント』『パズル・パレス』『ロスト・シンボル』。
『天使と悪魔』『ダ・ヴィンチ・コード』は監督:ロン・ハワード、主演:トム・ハンクスで映画化され、大ヒットを記録している。本作も同タッグにより、2015年12月18日の全米公開を目指し始動した、と現地で報道されている。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社KADOKAWA
  4. >
  5. 『文豪ストレイドッグス』ついに世界進出!!『ダ・ヴィンチ・コード』の著者ダン・ブラウンがまさかのキャラ化!新作『インフェルノ』とのコラボ企画が解禁!