【株式会社ナノルクス】 台湾トップメーカーASUS社と筑波銀行グループから総額1.3億円調達

世界初、暗闇でも赤外線のみでカラー撮影を可能にする株式会社ナノルクス 台湾トップメーカーASUS社と筑波銀行グループから合計約1億3000万円調達 -同時にASUS社と早期の製品開発を合意-

暗闇でもカラー撮影を可能にする「赤外線カラー暗視技術」を実装したイメージセンサー(※ ) と、同技術を搭載した暗視カメラ等の開発・設計・製造を行う株式会社ナノルクス(本社:茨城県つくば市、代表取締役:祖父江 基史、以下「ナノルクス」)は、初の資金調達にて、台湾トップメーカーのASUSTeK Computer Inc.(以下「ASUS」)と筑波銀行グループの筑波総研株式会社(以下「筑波総研」)を引受先に合計1億3000万円の第三者割当増資を実施しました。ASUSとは、「赤外線カラー暗視技術」が搭載された新商品を直ちに共同開発します。
 (※)イメージセンサーとはレンズから入った光を電気信号に変換する半導体(撮像素子)で、人間の眼でいえば網膜に相当する部分となり、カメラに搭載されているチップとなります。
「赤外線カラー暗視技術」は、光が全く入らない真っ暗闇でも赤外線のみで鮮明なカラー撮影を可能にするナノルクスの独自技術です。ナノルクスの技術担当取締役である永宗靖が産業技術総合研究所にて、赤外線を被写体に照射した際に反射される波長が異なることをみつけ、赤外線にも色の要素があることを発見したことから始まりました。その後、赤外線を被写体に当てた際の反射強度を分析し、可視光の反射強度との相関関係も判明いたしました。従来の赤外線暗視カメラは、光が入らない場面ではモノクロ撮影しかできませんでしたが、ナノルクスの「赤外線カラー暗視技術」は真っ暗闇でも被写体に当てた赤外線から得られる情報をもとに、可視光との相関関係から、カラー画像を再現可能にいたします。「赤外線カラー暗視技術」は特許取得済みです。

また、暗闇での撮影手法はこれまでのモノクロ撮影と同じなため、「赤外線カラー暗視技術」を実装したイメージセンサーを通常のカメラに組み込むだけで、暗闇でのカラー撮影が可能となります。このように「赤外線カラー暗視技術」を活用しやすくすることで、夜間の防犯や、介護施設/病院での入所者・患者の見守り、車載カメラなど様々な用途での活用を見込んでおり、安全・安心な社会構築に貢献していきます。

今回の資金調達を利用して、「赤外線カラー暗視技術」を実装したイメージセンサーの開発と量産体制の構築、および関連技術の開発と関連プロダクトの量産体制の確立を目指します。

■「赤外線カラー暗視技術」の特徴
赤外線カラー暗視技術は、モノクロ画像となってしまう従来の赤外線撮影とは異なり、カラー動画像でリアルタイムに撮影できる新たな撮影技術です。モノクロでは濃淡でしか表現できないため、赤丸の突起が指の一部かキャップの一部かを見分けることができませんが、カラー暗視では突起がキャップの一 部であることは一目瞭然です。このように、カラー映像は視認性を大幅に高めることができます。

「赤外線カラー暗視技術」の特徴「赤外線カラー暗視技術」の特徴


■ASUSTeK Computer Inc.会長 Jonney Shih (ジョニー・シー)氏コメント
「ナノルクス社への出資・提携は初めて会って90分で決めた。ナノルクス社のカラー暗視は、大変ユニークでASUSにとって大きな価値のある技術だ。そして、CEOの祖父江基史氏とそのチームは、新たな技術を人々のために役立てたいという正しいマインドセットをもっている。ナノルクス社は、創業者スピリットに溢れた経営効率の高い望ましい出資先だ。」

■株式会社ナノルクス代表取締役 祖父江基史コメント
「ASUS社は、今、最もスピード感のある技術重視の企業で、当社の技術をいち早く広めるための最適なパートナーと強く感じた。資金だけでなく、ASUS社の戦略的な強みを最大限活用できることは、当社にとって大きな武器となる。当社は、ASUS製品にいち早く赤外線カラー暗視技術を搭載できるよう最大限の努力をして、この技術を世界に広めたい」。
また、「筑波銀行は、活動初期の1年前から、当社の将来性について確信をもち、力強い言葉をかけてくれた。この言葉がなければ、苦しいときに悪条件での他から出資を受け入れていたかもしれない。これこそ生きたお金の使い方の好例です。心から感謝します」。

■ASUSTeK Computer Inc.について
フォーチュン誌の世界で最も賞賛される企業の1つであり、明日のスマートな生活のための製品の開発に専念しています。 ASUSの包括的なポートフォリオには、Zenbo、ZenFone、ZenBook、およびAR、VR、IoTとともにさまざまなIT機器およびコンポーネントが含まれます。また、 ASUSは、世界中で17,000人以上の従業員を擁し、5,500人以上の世界クラスのR&D人材を雇用しています。イノベーションによって推進され、品質にコミットしているASUSは、4,385の賞を受賞し、2016年に約133億米ドルの売上を得ました。
https://www.asus.com/jp/

■筑波銀行について
筑波銀行は、関東つくば銀行と茨城銀行が合併し2010年3月1日に誕生した地方銀行です。2017年3月時点で、茨城県を中心に、栃木県、千葉県、埼玉県、東京都の一都四県に147店舗を展開しています。本部機能があるつくば市は、約300に及ぶ研究機関が集積する研究学園都市としても広く知られています。主な営業基盤である茨城県は、豊かな自然と暮らしやすい気候風土に恵まれているほか、世界最先端の科学技術や高度なものづくり産業の集積に加え、全国第2位の産出額を誇る農業や着実に整備が進む陸・海・空の広域交通ネットワークなど、様々な魅力や高い発展可能性を有しております。筑波銀行はこの豊かな営業基盤を活用し地域に密着した金融サービスを地域で展開しています。
https://www.tsukubabank.co.jp/

■株式会社ナノルクスについて
茨城県つくば市で創業された、産総研技術移転ベンチャーです。暗闇でも赤外線のみで撮影を可能にする「赤外線カラー暗視技術」の商用利用を促進し、安心・安全な社会に貢献していきます。その用途は、防犯カメラ、車載カメラ、医療カメラ、スマホ、見守りカメラなど多岐にわたります。これまでのカメラ製品の構造をほとんど変える必要はないため、導入コストを最小限に抑えることができます。
今年2月に第一号機(「赤外線カラー暗視技術」が搭載されたカメラ)を完成し、社会インフラ設備を目的に実証実験を開始いたしました。現在も継続中です。
なお、ナノルクスは2016年3月にNEDOスタートアップイノベーターに採択されております。
http://www.nanolux.co.jp/index.html

■会社概要
社名:株式会社ナノルクス(nanolux co, ltd.)
称号:産総研技術移転ベンチャー
所在地:茨城県つくば市茨城県つくば市千現二丁目1番6号
代表者:祖父江 基史
設立:2010年1月20日
資本金:300万円
主な事業:暗視カメラ等の電子機器及び電子機器システムの開発、設計、製造及び販売業務
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ナノルクス >
  3. 【株式会社ナノルクス】 台湾トップメーカーASUS社と筑波銀行グループから総額1.3億円調達