日本酒の蔵元が選ぶ、日本酒に最もあう“おつまみ”を決める「おつまみグランプリ」を初開催!

日本酒のプロフェッショナル達が、全国の隠れた名おつまみを発掘!

「SAKE COMPETITION(サケ コンペティション)」 実行委員会は、世界最多出品酒数を誇り世界一美味しい市販日本酒を決める品評会「SAKE COMPETITION 2019」を開催。今年度は新たに、日本酒のスペシャリストである日本酒の蔵元が選ぶ「おつまみグランプリ」を初開催します。

「おつまみグランプリ」は、日本酒と一緒にあわせて楽しめる“おつまみ”を、日本酒の蔵元が選ぶコンテストです。審査対象は、一般消費者が購入可能であること、常温保存かつ賞味期限が60日以上に該当するものです。乾き物や缶詰だけでなく、お菓子やドライフルーツなど幅広い商品が応募することができ、意外なおつまみが選ばれる可能性があります。

 

本グランプリは、5月15日(火)に東京都立産業貿易センター 台東館にて、全国の日本酒蔵元50人以上が実食を行い、投票形式で審査を実施。受賞おつまみは、6月10日(月) ザ・ペニンシュラ東京で開催する「SAKE COMPETITION 2019」の表彰式で発表します。

 

見事1位を獲得したおつまみは、販売サポートのみならず、プロジェクトメンバーの一人である中田英寿がナビゲートを務めるJ-WAVE(81.3FM) 「VOICES FROM NIHONMONO」でも紹介します。

 

《コンテスト概要》
イベント名: 蔵元が選ぶ日本酒にあう「おつまみグランプリ」


開催趣旨:
SAKE COMPETITION期間中に来場する日本酒の蔵元が審査するコンテスト。市販酒の品評会であるSAKE COMPETITIONでは、お米でできたお酒らしい香りや味わいから逸脱していないかを問う「清酒としての品格」、飲んで楽しむお酒として優れているかを問う「飲用酒としての適性」の2点を基準として総合的に評価しています。そんな、飲んで楽しむ日本酒にあうおつまみを蔵元の審査により選び、6月10日開催予定のSAKE COMPETITION 2019表彰式にて発表します。

 

開催日程: 5月15日(水)
開催場所: 東京都立産業貿易センター 台東館
審査方法: 実食審査

 《応募要件》
応募対象: 一般消費者が購入可能であること、常温保存かつ賞味期限が60日以上であること
出品料: 1点1,000円(お申し込み後に、ご請求させていただきます。)
出品点数: 複数出品可(10点まで)
出品申込み期間: 2019年4月1日(月)~4月30日(火)
出品商品受付期間: 申込み後随時〈最終受付は5月6日(月)到着分まで〉
審査用商品の送付: 約50人が試食し、審査を行なえる量を目安にお送り下さい。
出品方法: 下記連絡先までご連絡いただきましたら、出品申込み用紙をご案内します。
             株式会社はせがわ酒店 内 SAKE COMPETITION実行委員会   

                    TEL:03-6273-4929

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SAKE COMPETITION 2019 実行委員会 >
  3. 日本酒の蔵元が選ぶ、日本酒に最もあう“おつまみ”を決める「おつまみグランプリ」を初開催!