センター試験志願者数の2倍以上のデータを処理するODKソリューションズ    4月1日 組織変更を実施、教育部門のさらなる強化を目指す

文部科学省「教育改革」を背景に次世代入試をサポートするサービス提供に注力

 株式会社ODKソリューションズ(本社:大阪府大阪市 代表:西井生和 以下、ODK)は、2020年の「教育改革」に向け、教育部門のさらなる企画機能強化を目指し、3月27日の取締役会において4月1日より組織変更することを決議いたしましたのでお知らせします。
 現在、文部科学省は2020年の「教育改革」の一環として、「高大接続」・「大学入学共通テストの導入」等、様々な施策をすすめており、教育の現場ではそれらへの対応に追われております。特に大学においてはアクティブラーニング導入や大学入試センター試験廃止を背景とした入試制度の見直し等、大きな変革が進行しています。

 このような教育の現場での変化を踏まえODKは、次世代の教育関連サービス創出に向けて企画機能強化を図るため、教育部門に「企画課」を新設します。またこれにともない、「営業企画課」を「営業課」に、「東京営業企画課」を「東京営業課」に改称するとともに、営業力強化をすすめます。

 これまでODKは、機密性の高い大量データの処理に強みを持ち、半世紀以上にわたり、入試の「入口(受験生向け広報)から出口(入学手続)」に至るまで、『大学入試アウトソーシングサービス』としてワンストップで大学入試をサポートし続けてきました。また、日本初の大学横断型の「受験ポータルサイト『UCARO®』」や、日本初の大学入試向け動画面接サービス『Movie インタビュー for University』等、大学入試のIT化に資する様々なサービスを提供しています。今回の組織変更にともない、より一層、次世代入試を支える多彩なサービスの企画構想を推進してまいります。



 これからもODKは大学・受験生双方にとって最適な入試環境をサポートするサービスの提供を通じ、2020年の「教育改革」に向けたスムーズな対応に貢献していきます。

1 組織変更
(1) 教育部門(教育システム部)に「企画課」を新設。
(2) 「営業企画課」を「営業課」に、「東京営業企画課」を「東京営業課」にそれぞれ改称。

2 変更理由
2020年の「教育改革」を背景に、次世代の教育関連サービス創出に向けて企画機能強化を図るため。

3 実施日
2019年4月1日

4 組織図新旧表

【約120万人の志願者データを扱う、ODKの教育関連サービス】
ODKは、機密性の高い大量データの処理に強みを持ち、半世紀以上前から入試に関わる業務を一括受託する「入試アウトソーシングサービス」を提供し成長を続けています。当サービスでは、大学入試センター試験志願者数の2倍以上に相当する、120万人以上のデータを処理しています。

【株式会社ODKソリューションズ】
〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町一丁目6番7号
代表者  :西井 生和
設立   :1963年(昭和38年)4月1日
資本金  :6億3,720万円(2018年3月31日現在)
Tel     :06-6202-3700(代表)
Fax    :06-6202-0445
URL   :http://www.odk.co.jp/
事業内容 :教育・金融・医療関連の情報処理アウトソーシングサービス等を提供
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ODKソリューションズ >
  3. センター試験志願者数の2倍以上のデータを処理するODKソリューションズ    4月1日 組織変更を実施、教育部門のさらなる強化を目指す