【コロナ”三密”対策】“密閉空間”のウイルス接触感染のリスクを低減。新開発の抗菌・抗ウイルス光触媒を屋内で燻蒸し、安心・安全な空間づくり

世界初※、酸化チタン・銅・銀をかけあわせた抗菌・抗ウイルス光触媒による「カビウイルスホームクリーン」サービス開始

ハーツリッチ合同会社ハーツクリーン事業部と、株式会社ケミカルテクノロジーは、世界で初めて、酸化チタン・銅・銀を掛け合わせた抗菌・抗ウイルス光触媒「クリーンプロテクション®」を共同開発しました。本光触媒を屋内で燻蒸することにより、密閉空間のウイルス接触感染のリスクを低減し、安心・安全な屋内空間をつくります。
ハーツリッチ合同会社ハーツクリーン事業部(本社:神奈川県藤沢市、代表社員:穂苅英樹、以降ハーツクリーン)は、株式会社ケミカル・テクノロジー(本社:大阪府高石市、代表取締役:北村透、以降ケミカル・テクノロジー)と、酸化チタン・銅・銀を世界で初めて掛け合わせ、抗菌・抗ウイルス光触媒「クリーンプロテクション®-NFE2」(以降クリーンプロテクション®)を共同開発しました(特許出願中)。

ハーツクリーンは、本クリーンプロテクション®を屋内で燻蒸することにより、ウイルスやカビの接触感染のリスクを低減し、安心・安全な屋内空間をつくる、カビ・ウイルス感染対策サービス「カビウイルスホームクリーン」の提供を、2020年4月21日より開始いたします。本サービスは、ハーツクリーンカビウイルスホームクリーンサイト(https://haezclean.com/service/coating)にてお申込みいただけます。

“密閉空間”のウイルス感染のリスクを低減する、安心・安全な空間づくり
新型コロナウイルス対策には、【三密(密閉・密集・密接】という条件を回避することが重要といわれており、緊急事態宣言のもと、外出の自粛が要請されています。一方、病院の待合室や、高齢者の多い老人ホーム、妊婦や小さいお子様のいる家庭や保育園など、三密を完全に避けることが難しく、感染のリスクを下げることがより重要な空間もあります。
 
ハーツクリーンは、従来、4千軒以上の住宅・ホテル・老人ホーム・病院・学校・図書館・フィットネスクラブなどに抗菌施工サービスを提供してきました。
今回開発した、酸化チタン・銅・銀により抗菌・抗ウイルス効能が強化された光触媒「クリーンプロテクション®」を屋内で燻蒸する「カビウイルスホームクリーン」サービスにより、壁、天井、床、家具等に薬剤が浸透し、その効果は約1年間保持され、接触感染のリスクを低減することができます。

​これにより、【三密】を完全に回避することが難しい空間であっても、ウイルス感染のリスクを低減する、安心・安全な屋内空間づくりに貢献いたします。

世界初、酸化チタン・銅銀による、抗菌・抗ウイルス光触媒クリーンプロテクション®-NFE

「クリーンプロテクション®-NFE2」とは、両社が、特殊製法の酸化チタン(光触媒)・銅(抗菌触媒)・銀(抗菌触媒)等を掛け合わせ、世界初(※)の開発を実現した、真菌(カビ菌)およびウイルス感染対策の薬剤です(特許出願中)。光触媒とは、光の照射により、化学反応が促進される物質の総称で、代表的な物質が「酸化チタン」です。
物質の分解力が高い酸化チタンに、抗菌触媒である銅と銀を掛け合わせたことにより、当社比でカビ・ウイルスの抗菌力は10倍、分解力は5倍と、効能を大きく向上させ、かつ持続性・即時効果も実現することに成功しました。

■ウイルス処理・抗菌比較
方法・材料 クリーンプロテクション® アルコール オゾン/二酸化炭素
持続力 長く持続 瞬間 噴射中は有効
物体表面への効果 ある ある ない
処理可能ウイルス 多い 少ない 多い
処理可能細菌 ほぼすべて 少ない 多い
人体への安全性 高い 高い 低い

 

■「カビウイルスホームクリーン」サービス、全国展開
ハーツクリーンは、本薬剤を利用した「カビウイルスホームクリーン」サービスを日本全国で提供開始します。燻蒸が終了したお客様には「カビウイルスクリーン感染予防コーティング」シールを無料で提供いたします。


カビウイルスホームクリーン」サービス概要
・サービス内容:「クリーンプロテクション®-NFE2」を利用し、専門のトレーニングを受けた作業員が屋内を燻蒸します。
・価格:施工料金:6万円、コーティング料金:1平米あたり2千円(税抜き) *交通費実費
*施工料金例:3LDK 70平米の場合約15万円 
・販売地域:日本全国   
・施工*3に必要時間:3LDKで、3~5時間(ご参考時間)
・お申し込み先:ハーツクリーンサイト(https://haezclean.com/service/coating) 

本薬剤の効果:光触媒と銅を組み合わせることにより、飛躍的に効果が向上
本薬剤の効果は、日本食品分析センターによる実証実験でも効果が実証*1されています。クリーンプロテクション®の共同開発者である、ブルネイ大学教授(専門:光触媒)・ケミカル・テクノロジーの北村社長は、その効果について、次のように述べています。
「本光触媒は、3年前に光触媒と銅を添加した特許出願中の技術を応用したもので、コロナウイルスよりも遥かに強い白癬菌等への効果の発揮も日本食品分析センターにより証明されています。また、米国立アレルギー感染症研究所などのチーム論文から、新型コロナウイルスは、銅の表面に付着した場合4時間程度の寿命であることが判明しました。光触媒と銅を組み合わせることで、分解力は格段に効果が高まることが確認されています」
 

■ハーツリッチ合同会社ハーツクリーン事業部会社概要 https://haezclean.com/

ハーツクリーンは、2014年創業以来、計4千軒以上の住宅・ホテル・老人ホーム・病院・学校・図書館・フィットネスクラブ等にカビ・ウイルス感染対策および抗菌施工サービス提供の実績をもつ、健康サポート空間施工No.1会社です。
〇代表社員 穂苅英樹(ほかり ひでき)プロフィール
大学院修了後、西松建設株式会社にて主に商業施設の施工管理に従事。その後大手不動産会社にてメンテナンス部門を経て、2014年5月にハーツリッチ合同会社を設立。父親をカビを原因とする難病の肺炎(間質性肺炎)から亡くしたことにより、ハーツクリーン事業創設。日本建築防黴協会専務理事。

株式会社ケミカル・テクノロジー会社概要 http://www.chemical-tech.net/
代表取締役社長:北村 透(きたむら とおる) ブルネイ大学教授(専門:光触媒)
〇北村 徹プロフィール
大阪大学大学院修了後大日本インキ株式会社(現DIC)フッ素樹脂塗料の研究に従事。その後独立し2000年「打ちっ放しコンクリートフッ素描画工法の開発」でNBK大賞受賞。2006年「フッ素樹脂光触媒の発明」Plunkett賞、発明大賞、りそな新技術賞等受賞。2015年ブルネイ大学教授(専門領域:光触媒)に就任。2017年ケミカル・テクノロジー設立。日本建築防黴協会理事長。

*1:日本食品分析センターによる「クリーンプロテクション®-NFE2」の実証実験による証明コード
第209071955-001号(インフルエンザ・ノロウイルス(ネコカシウイルス))
第18127262003-0101号(白癬菌)
*2:本サービスは、新型コロナウイルスをはじめとするウイルスに感染しないことを保証するものではありません。
*3:感染予防のため、作業員は防護服を着て施工を行います。

<お客様向けお問合せ先>
TEL:0120-510-689(平日9:00~18:00、土日祝休)
インターネットからのお問合せ窓口:https://haezclean.com/contact2
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ハーツリッチ合同会社 ハーツクリーン事業部 >
  3. 【コロナ”三密”対策】“密閉空間”のウイルス接触感染のリスクを低減。新開発の抗菌・抗ウイルス光触媒を屋内で燻蒸し、安心・安全な空間づくり