大学スポーツ協会、『マイナビアスリートキャリア』と共同開発、運動部学生のキャリアを充実させるオンラインサービス「デュアルキャリアプログラム」を本日より先行公開

前サッカー女子日本代表監督 佐々木則夫氏、元ラグビー日本代表キャプテン 廣瀬俊朗氏、WBA世界ミドル級チャンピオン 村田諒太選手が人生のデュアルキャリアの重要性を語る‼

一般社団法人大学スポーツ協会(東京都千代田区、会長:鎌田薫、以下UNIVAS)は、株式会社マイナビ(東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行、以下マイナビ)が運営する『マイナビアスリートキャリア』と共同開発した7月下旬に開始を予定している大学運動部学生対象のデュアルキャリア形成支援オンラインサービス「デュアルキャリアプログラム」の一部コンテンツをUNIVASオフィシャルサイトにて7月1日から7月下旬まで限定公開いたします。

UNIVASは、運動部学生が大学における学業を通じた専門性の習得・学生生活での学びや運動部活動を通じて、自身のキャリアを豊かにするために様々なことを取り組む「デュアルキャリア」を形成することで、社会で活躍できる人材を輩出したいと考えています。

マイナビの協力の下、新入生に向けて3月31日に「デュアルキャリアプログラム」入学準備編を公開し、大学生活を送る上での知識や心構えをお伝えしました。今回、新たに在学中の運動部学生におけるデュアルキャリア形成支援を目的とした「デュアルキャリアプログラム」を7月下旬から提供を開始します。「デュアルキャリアプログラム」は、「オンラインセミナー」、「キャリア適性診断」、「キャリア相談窓口」の3つのサービスから構成されており、このオンラインセミナーは、経済産業省が定義する「人生100年時代の社会人基礎力」の3つの能力・12の能力要素をベースにした12のテーマで、1テーマ4カ月で年次別のテーマを実施してまいります。このシーズンは、「計画力」、「主体性」の2つのテーマに取り組みます。「計画力」とは、学生・競技生活、また卒業後の人生をより充実させるために、目標達成や課題解決に向けたプロセスを明らかにし準備する力のことです。一方、「主体性」とは、指示をされていないことやテーマに対して、自らの意思で決断し行動することです。

この2つのテーマの理解促進を図るために、前女子サッカー日本代表監督 佐々木則夫氏に登場していただき、学生時代の取り組みや経験談、また指導者、選手それぞれの立場での考えを語っていただきながら、キャリア(人生)をどのように作ってきたかをアドバイスいただきます。8月以降は、元ラグビー日本代表キャプテン 廣瀬俊朗氏やWBA世界ミドル級チャンピオン 村田諒太選手が登場する予定です。

UNIVASと『マイナビアスリートキャリア』は、学業、競技活動などを通じて自身のキャリアをより豊かにするためにスポーツだけでなく、さまざまなことに取り組む「デュアルキャリア」形成が当たり前の世界になり、多くの運動部学生が入学前~在学中~卒業後も充実したキャリアを実現するために活動していきます。

□「デュアルキャリアプログラム」サービスについて
大学スポーツに携わる運動部学生が、自身の競技力及び運動部活動の活性化・チーム力向上とともに、個々人の「スポーツで培った能力を社会で活かし活躍できる能力」を向上させることを目的としたデュアルキャリア形成支援サービスであり、大きく以下3つのサービスから構成されています。
URL:https://dualcareer.univas.jp/about 

◇オンラインセミナー
一つのテーマにおいて「動画視聴・ワーク・レポート提出・アクション・振り返り」を続けて実施する受講フローになっており、日々取り組んでいる部活動内で活かせるコンテンツを用意しています
 

1.動画視聴
各テーマの説明する動画をチェックしよう
2.ワーク
テーマに沿った内容を考え入力しよう
3.レポート提出
アクションシートを作成し、指導者、部員らと
共有する
4.アクション
作成したアクションシートに沿って実行しよう
5.振り返り
部活、学年単位で検証してみよう

◇キャリア適性診断
「キャリア適性診断」(企業が採用や社内研修などに使う適性テストを、約7,000社に提供する日本エス・エイチ・エル[SHL社]から提供)を毎年1回受検することが可能です。今の自分を知るための自己分析と、今後自分が進んでいく方向を考えるための指針に関する情報を、さまざまな角度から得ることができます。

得られる評価内容
1.自分の特徴
2.強み・弱み
3.社会人基礎力
4.向いている業界、職種 

◇キャリア相談窓口
学生が将来の悩みや就職活動に関する相談をすることができる「キャリア相談」窓口を設置しました。「キャリア相談」では、UNIVASのパートナー企業であるマイナビアスリートキャリアの専門コンシェルジュが、無料で相談対応いたします。

キャリア相談窓口
https://athlete-career.mynavi.jp/contact_univas/

□UNIVAS運動部学生向け会員サービス「デュアルキャリアプログラム」先行公開
今回、7月下旬からの利用開始に先駆けて、運動部学生が視聴する各テーマの説明動画の一部をUNIVASのオフィシャルサイトにて先行公開いたします。
URL:https://www.univas.jp/article/14072/

*デュアルキャリアプログラムのすべてのサービスを受講するには、「UNIVAS ID」への登録が必要になります。「UNIVAS ID」は、UNIVASに加盟している大学もしくは競技団体に所属する運動部の部員並びに関係者が登録できるIDです。

◇ゲストアドバイザー
佐々木則夫

PROFILE
1958年05月生まれ、山形県尾花沢市出身。
現役時代は主にMFとしてプレー。学生時代には主要大会で好成績を収め、主将を務めるなど活躍。現役引退後は指導者としての才覚を発揮し、男女通じてアジア初のワールドカップ優勝、五輪銀メダルなど、歴史に残る戦績を積み重ねている。現在は古巣・大宮アルディージャでトータルアドバイザーとして活動している

廣瀬俊朗

PROFILE
1981年生まれ、大阪府吹田市出身。
高校、大学、社会人のチームの他、高校日本代表や日本代表でも主将を務める。日本代表キャップ数は28。現在はスポーツボランティア協会代表理事をはじめ、ラグビー普及やリーダー育成など精力的に活動している。

村田諒太

PROFILE
1986年1月生まれ、奈良県奈良市出身。
南京都高校( 現:京都廣学館高等学校)で、高校5冠を達成。2004年に東洋大学に進学し、全日本選手権で優勝。
2012年ロンドンオリンピック ボクシングミドル級 金メダルに輝く。
2017年5月初めての世界挑戦では惜しくも破れたが、同年10月リマッチを行い日本人では初めてとなるオリンピック金メダリストでの世界王者を獲得した。

【『マイナビアスリートキャリア』に関して】
URL:https://athlete-career.mynavi.jp/
概要:『マイナビアスリートキャリア』は、マイナビが運営するアスリート向けキャリア支援サービス で、2018 年 12 月にスタートしました。新卒/既卒、プロ/アマ問わずアスリートの育成と職業紹介 を行っており、競技を継続しながらビジネスの経験も積むデュアルキャリアでの就労や、現役・引 退アスリートにオリジナル育成プログラムを提供しながら就労支援を進めて企業とのマッチングを 行っています。マイナビは UNIVAS とパートナー契約を締結し、運動部学生のキャリア形成をサポ ートし、社会において求められる「自ら考え行動できる人材」の育成や就職活動支援を行います。

【『UNIVAS』に関して】
URL:https://www.univas.jp/
一般社団法人大学スポーツ協会は、文武両道の奨励の他、大学スポーツ界全体の統括と振興を 目的に 2019 年 3 月に発足。学修環境の充実、安全・安心して競技に取り組める環境整備と共 に、大学スポーツ全体の価値向上にむけて活動しています。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人大学スポーツ協会 >
  3. 大学スポーツ協会、『マイナビアスリートキャリア』と共同開発、運動部学生のキャリアを充実させるオンラインサービス「デュアルキャリアプログラム」を本日より先行公開