トップフリーランスの力でビジネスの可能性を広げるプラットフォーム Sollective が千葉道場ファンドらより6,100万円の資金調達を実施

Sollective は即戦力となるトップフリーランスと企業をつなぎ、アジャイルなチーム作りを実現する完全審査制プラットフォームです。

「Freedom in Freelance」を掲げ、完全審査制のフリーランス プラットフォームを運営する株式会社ソレクティブ(本社:東京都品川区、代表取締役:Erika Iwai)は、千葉道場ファンド、他複数の投資家を引受先として、シードラウンドで6,100万円の資金調達を完了しました。今回調達した資金で、グローバルで多様なスキルを持つトップフリーランスのサポート体制を強化し、企業に対してはフリーランスを活用したアジャイルなチーム構築支援を行います。

 

Sollective は、即戦力となるトップフリーランスと企業を繋ぎ、アジャイルなチーム作りによってそれぞれの可能性を引き出す完全審査制プラットフォームです。フリーランスと企業がチームを組むことによって、優秀なフリーランスがビジネスを変えるようなインパクトを与えていく機会を作りだすことを目的としています。

欧米の巨大IT企業ではフリーランスをプロジェクト単位で採用することが一般的になっています。新たに正社員を獲得するよりも、採用の期間を一気に短縮できるため、企業の状況に応じて瞬時にチームを構築することが可能となっています。一方、日本においてはフリーランスの活用は一部に留まっており、欧米企業のようなスピード感を実現できているとは言い難い状況です。逆に言えば、フリーランスを活用することで、日本企業の競争力はより一層高められると私たちは考えています。


フリーランスの Sollective への登録は審査制なので、企業の採用担当者は技術レベルの選定に時間をかける必要はありません。サービス上で求めるスキル・経験を検索すれば、すぐに適切なフリーランスを見つけることができます。審査を経た高いスキルを持つフリーランスと、チームビルディングを重視する企業を結びつけ、複数の専門家を集めてより複雑で戦略的なプロジェクトを完成させます。

 

  • 資金調達の目的と今後の展開

Sollective が実現したいのは、フリーランスが活躍することで、企業がより早く、より強いチームを構築できるようにすることです。トップフリーランスの力で、ビジネスの可能性を広げるために、今回調達した資金は以下のことに投資する予定です。


①プロダクト開発のさらなる加速
Sollective はすでにリリースされていますが、今後も‍継続してプロダクト開発に力を入れていきます。フリーランスと企業の双方に最高の仕事体験・雇用を提供するために、人の力とAIを組み合わせた多くの機能開発を考えています。


②フリーランスコミュニティの活性化
私たちは、フリーランスが自由に交流し、スキルアップしていく場としてディスカッション・フォーラムを提供していますが、このコミュニティのさらなる活性化を図ります。これにより、フリーランス同士が繋がり、より安心して働けることを目指しています。

 

 

  • 投資家からのコメント

千葉道場ファンド 代表取締役ジェネラルパートナー 千葉 功太郎 氏

 

千葉道場ファンドより、Sollective に投資させていただきました!働き方改革、副業解禁、リモートワークの普及など、日本の労働環境は10年前と比べて劇的に変化しています。コロナ後も継続していくであろう働き方変革の中で、Sollective がチャレンジしている「フリーランスの活用」が企業の生産性を高める上で、今後欠かせないものになるのではないでしょうか。多国籍チームによる、意欲的なチャレンジを応援しています。

 

  • ファウンダーからのコメント

 

Co-founder / CEO Erika Iwai

私たちは今、ようやくスタートラインに立つことができました。このサービスを通して、フリーランスにはお互いに刺激しあいながら成長できる真のコミュニティを、企業にはグローバル市場で必要なスキルと優位性を提供したいと考えています。


また私たちのチームは、企業への所属とフリーランス両方の経験を持った、国際色豊かなメンバーで構成されています。そして多くの優秀なフリーランスに助けて頂いています。まさに Sollective のサービスが理想とする、フレキシブルで多様性のあるチームだからこそ実現できる、最高の体験を提供していきたいと考えています。

 

今後の最新情報などは Twitter でもお知らせしていく予定なので、こちらもぜひチェック頂ければ幸いです。 https://twitter.com/IwaiErika

 

Co-founder / CPO Allen Wong

私はこれまで、時間やリソース不足に悩まされている日本企業とたくさん出会ってきました。そんな時にいつも思い出すのが、フリーランスの存在です。海外で働いていた頃は、いつもたくさんのフリーランスから素晴らしい視点や考え方、専門知識を得ることができていました。この経験を、日本の働き方に生かすことはできないか。でなければ日本の機会損失はあまりにも大きい。それが Sollective を立ち上げた理由です。
当社のプラットフォームを活用することで、フリーランスは自分のライフスタイルに合ったプロジェクトに出会い、専門的な知識やスキルを必要としている企業でプロフェッショナルとして活躍することができます。
 

  • 「Sollective(ソレクティブ)」の特徴

 

日本初、完全審査制&日英対応のフリーランス プラットフォーム
Sollective への登録は完全審査制となっているため、即戦力になりうるフリーランスが集まっています。また日英対応にすることで近年ニーズが高まるバイリンガル人材や、世界中に居住している日本人、海外のフリーランスが集まるプラットフォームとなっており、国籍や居住地に縛られることのない人材が登録しています。現在 Sollective に登録するフリーランスのうち、約20%が海外に居住しており、グローバルな人材にアクセスできるプラットフォームになっています。

 

即戦力フリーランスと企業がプロジェクト単位でダイレクトに繋がる
Sollective は、専門的な知識・能力・経験を持ったフリーランスと優秀な人材を求める企業が繋がるプラットフォームとしても機能します。クラウドソーシングのように作業単位で依頼をする「タスク型」ではなく、企業の軸となるプロジェクトに一定期間、深く関わることができます。フリーランスがよりスケールの大きな仕事に携わり活躍することはもちろん、企業もまたフリーランスの持つスキルを効果的に活用する、これが Sollective が目指すアジャイルなチーム作りであり、働き方です。
 

フリーランス同士が交流し、成長していけるコミュニティ
Sollective はフリーランスが自由に交流し、スキルアップしていく場としてディスカッション・フォーラムを提供しています。最新技術やニュースなどの情報交換はもちろん、仕事の単価から働き方の相談まで、近い立場だからこそ分かり合えること、話せることもあります。組織に属していない分、孤独になりがちで成長機会が少ないという悩みを持つフリーランスが多くいる中、Sollective はそのような社会の課題を解決する場でありたいと思っています。
 

フリーランスの登録・利用は完全無料
フリーランスは完全無料でプラットフォームをご利用いただけます。フリーランス同士の交流や、企業と繋がり、仕事を請け負った場合も、手数料などは一切発生いたしません。
 

  • 法人向けプラン

フリーランスを採用したい企業向けに、いくつかのプランがございます。スカウトできるフリーランスの数や、管理用アカウント数などに応じて料金が変わってきます。無料でお試しいただるプランもございますので、詳細はWEBサイトの料金表(https://sollective.jp/pricing)をご確認ください。また、ご不明な点があれば、お気軽にご連絡ください。

 

  • 会社概要

名称  :株式会社ソレクティブ(英語名 : Sollective K.K.)
所在地 :東京都品川区上大崎
代表者 :Erika Iwai 
創業日 :2020年1月
事業内容:「Sollective」の企画・開発・運営・販売 
URL  :http://www.sollective.jp

 

  • お問合せ先

株式会社ソレクティブ 広報担当
連絡先:info@sollective.jp

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ソレクティブ >
  3. トップフリーランスの力でビジネスの可能性を広げるプラットフォーム Sollective が千葉道場ファンドらより6,100万円の資金調達を実施