Axess、スマホチケットでハンズフリー通過できる入場ゲートAX500 Smart Gate NG BLEを開発

チケット購入からゲート通過まで完全非接触でお客様と従業員の安全を確保

レジャー施設を中心とした様々な施設に入場ゲート、窓口・オンライン発券システムを提供するオーストリアのAxess AG(日本法人:Axess Japan株式会社、URL: https://www.teamaxess.com/jp、代表取締役:マティアス・オイットナー、本社:東京都千代田区)は、スマートフォンアプリに保存したチケットで、かざすことなくハンズフリーで通過できる入場ゲート「AX500 Smart Gate NG BLE」を開発しました。Bluetoothにより、スキー場やレジャー施設などにおける新型コロナウイルス感染拡大防止を支援しつつ、発券や入場管理の利便性も大幅に高める非接触型ソリューションを提供します。
本製品開発の背景

Axessは従来、主にICリフト券と組み合わせたリフト券改札システムの提供を行ってきました。しかし、物理的なICリフト券が来場者のもとに届くまでの手間や、リフト券の紛失や破損に伴う手続きなどを削減し、スキー場、利用者双方の利便性を高めるべく、Bluetoothを利用した新たなゲートシステムの開発に力を注いできました。オンライン購入後、スマートフォンに保存したリフト券をウェアに入れたままハンズフリーで利用するには、氷点下に及ぶ気温の中で検札すべきリフト券が保存されたスマートフォンを特定し、かつバッテリー消費を抑制することが課題となっていましたが、Axessは今回、これらの課題をクリアしました。また、発券から入場まで完全な非接触を実現、ウィズコロナ時代に即したオペレーションで、スキー場だけでなくレジャー施設をはじめとする様々な施設でご利用いただけます。

なお、新しいゲートは2020-21シーズンに欧州6ヶ所のスキー場でテスト導入され、来シーズン以降他の地域にも展開していく予定です。詳しくは下記プレスリリースをご覧ください。

スキー場にテクノロジー改革を巻き起こす完全非接触型スマホリフト券
https://www.teamaxess.com/jp/news/ax500smartgatengble
 

AX500 Smart Gate NG BLEAX500 Smart Gate NG BLE


 
Smart Gateとは

世界50カ国以上のレジャー施設やスタジアム、展示会場などに導入されている非接触型の入場ゲートです。紙やスマートフォンのQRコードチケットのほか、年間パスなどのICチケットを読み取り部分にかざすと、遮断バーが自動で開き、入場することが可能です。読み取り部分には7インチのカラーディスプレイが搭載されており、施設の案内やスポンサー広告(画像・動画)を表示することが可能です。

 

スタイリッシュな筐体で、遮断バーもターンスタイル、フラップ、透明ドアを取り揃えるほか、VIPエリア向けのバーなしタイプもご提供しています。

 

Axess Japan株式会社について

We customize solutions (お客様に最適なソリューションを)をモットーとし、入退場管理システムや窓口・オンライン発券システムなどを提供。

 

1998年にオーストリアで設立され、2015年に日本法人を開設、レジャー・文化・スポーツ施設にゲートや発券システムを軸としたトータルソリューションを提供しています。

 

参考URL: https://www.teamaxess.com/jp

 

会社名:Axess Japan株式会社

設立:2015年1月5日

所在地:東京都千代田区神田錦町4丁目1番地11 滝本ビル3階

代表取締役:マティアス・オイットナー

 

 
  1. プレスリリース >
  2. Axess Japan株式会社 >
  3. Axess、スマホチケットでハンズフリー通過できる入場ゲートAX500 Smart Gate NG BLEを開発