ALSI アシスト社が開催するプライベートセミナー「アシストフォーラム2017 in 東京」で海外拠点へのERP導入に関するお客様事例を発表

7月19日(水)東京・京王プラザホテルで講演

 アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:永倉 仁哉、以下ALSI〔アルシー〕)は、株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 辰男、以下 アシスト)が開催する「アシストフォーラム2017」において、「海外拠点にERPを“グローバルワンインスタンス”で導入、その安定運用をいかに実現したか」というテーマでお客様事例の発表をいたします。

 

イベント名 アシストフォーラム2017 in 東京  企業の情報活用をアシストする
主催会社 株式会社アシスト
開催日/会場 7月19日(水) 13:30~14:20 / 京王プラザホテル(東京都新宿区)
ALSI講演テーマ 海外拠点にERPを“グローバルワンインスタンス”で導入、その安定運用をいかに実現したか
講演者 アルプス システム インテグレーション株式会社
製造流通ソリューション事業部 東京ソリューション部
アプリケーションベーシス課 課長 菊地 淳


■講演概要
 
この度開催される「アシストフォーラム2017」は、「企業の情報活用をアシストする」をコンセプトに、全国4箇所で開催される事例の祭典です。ユーザ事例を中心としたビジネス課題を解決するための実践的なセッションが多数紹介され、大阪、名古屋、福岡で開催されました。

 この度ALSIは、7月12日(水)の名古屋会場を皮切りに、明日7月19日(水)の東京会場において、「海外拠点にERPを“グローバルワンインスタンス”で導入、その安定運用をいかに実現したか」をテーマとしたお客様事例を発表いたします。海外拠点へERPを導入するにあたり、複数タイムゾーンや24時間稼働の対応、2万を超えるジョブ、70万に及ぶ業務プロセスをいかに統合するか、ジョブ管理や障害監視でのJP1の具体的な活用方法を交え、その実現方法をご紹介します。


■ALSIの「基幹システムソリューション」、「データ統合ソリューション」について
 ALSIでは、業務支援システムのコンサルティングから構築、保守・運用まで、ITソリューションをグローバルで提供しております。企業運営の基幹となる業務支援システムの構築から保守・運用まで、製造業の業務特性、要件に精通したエンジニアが導入をサポートするなど、基幹業務周辺の各種業務改善ソューションを提供することで、お客様の業務効率化を支援しております。

 また、多くの導入プロジェクトを経験した知見に基づき、社内に散在する複数のシステムやマスターデータを統合し、連携を図る統合基盤システムソリューションも提供しており、提案からコンサルテーション、設計・構築~運用まで、お客様の環境に合わせて対応することが可能です。

 「アシストフォーラム2017」でお客様事例を紹介することにより、海外拠点におけるERPシステムの安定運用についてご理解いただき、さらなる導入支援の増加に繋げてまいります。

※掲載されている会社名及び商品名は各社の商標または登録商標です。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アルプス システム インテグレーション株式会社 >
  3. ALSI アシスト社が開催するプライベートセミナー「アシストフォーラム2017 in 東京」で海外拠点へのERP導入に関するお客様事例を発表