安達祐実 初のプロデュースコスメブランド『Upt(ウプト)』がこの秋、誕生

「化粧を意識しない、しなやかな日々が過ごせるように -本人の想いが込められた、スマートスキンケアを叶えるアイテムをプロデュース-

この度、俳優の安達祐実さんがプロデュースするコスメブランド『Upt(ウプト)』<発売元:株式会社mano mano (代表取締役: 野村諭史 所在地:東京都渋谷区)> をこの秋、発売いたします。『Upt』は、「化粧を意識しない、しなやかな日々が過ごせるように」「手間を減らし生活の一部として長く使っていただきたい」という、安達さんの想いが込められているブランドです。販売開始は9月中旬を予定しています。
●公式ブランドティザーサイト:https://uptofficial.com/

Upt(ウプト)Upt(ウプト)

■Brand Concept
化粧なんて、なんとなくでいい


歳を重ねていくのは素敵なことだ
泣きたい気持ちをを堪える日々や苦く悲しい思い出も
張り裂けそうな愛情や穏やかさに包まれた愛しい経験も
出会いや別れ 味わい深い出来事のひとつひとつがきっと顔に表れてくる


だから、化粧なんてなんとなくでいい


だけどなんとなくじゃ納得できないから日々が化粧に費やされてしまう
受け入れるしなやかな精神とそれを補うパートナーがほしい
毎日歯を磨くようにシャワーを浴びるように
手間を減らしてシンプルに なるだけナチュラルに生活の一部に


これは、そんなわたしの願いを込めた大切な贈り物

 

安達祐実安達祐実


●安達祐実さん 本人コメント

私がプロデュースするコスメブランド『Upt』が、約2年の開発期間を経て、ようやく発表の日を迎えました。
元々肌の悩みが多かった私が、本当に良いものを作りたい!という思いで立ち上げたプロジェクトです。
そして、本当に本当に素敵なものができあがりました。
皆さまのもとへUptが届く日を、ドキドキワクワク、楽しみにしています。

 

 

 

 

■安達祐実さん プロフィール

1981年9月14日生まれ。東京都出身。
2歳からキッズモデルとして活動を始め、94年の日本テレビ系ドラマ『家なき子』で本格的にブレイク。
同作品の台詞は、新語・流行語大賞にも選ばれるなど社会現象となった。
以降も幅広い役をこなす実力派俳優として数々のドラマ、映画に出演する他、ファッションブランドのプロデュース等、活動は多岐に渡る。

Instagram:@_yumi_adachi https://www.instagram.com/_yumi_adachi/



■株式会社mano mano 概要
会社名:株式会社mano mano  https://mano-mano.co.jp/
所在地 :東京都渋谷区神宮前5-46-1
事業内容:化粧品の企画、開発、販売

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社mano mano >
  3. 安達祐実 初のプロデュースコスメブランド『Upt(ウプト)』がこの秋、誕生