「光 風(kofu)」2008年度グッドデザイン賞(Gマーク)受賞のお知らせ

エス・バイ・エル「光 風(kofu)」
2008年度グッドデザイン賞(Gマーク)受賞のお知らせ
main image
エス・バイ・エル株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:松川敏夫、以下「エス・バイ・エル」といいます。)は、本格注文住宅「光風(kofu)」にて2008年度グッドデザイン賞(財団法人日本産業デザイン振興会主催)を受賞致しましたので、お知らせ致します。

この度、グッドデザイン賞の受賞にあたり、審査委員会からは、「光風」が、①強固な構造システムとともに、多様なライフスタイルと家族構成の変化にも対応できる長寿命の商品化住宅の提案である、②街並への配慮も行き届いており、現代の住まいに和風を取り入れようとしたシンプルなデザインにも注目した、等といった評価を頂きました。
まさに、「光風」の設計コンセプトが、わが国における今後の住宅設計の方向を指し示すモデルとして、住宅建築に造詣の深い審査委員会から高い評価を得たものと考えております。

かねてより当社は、日本の伝統・感性を継承し、気候・風土に最適な機能を備えた美しい住まいを提供することで、世代を超えて多くのお客様に安心・満足して頂ける住宅メーカーとして発展していくことを目指して参りました。「光風」は、当社の技術力・設計力・デザイン力を結集して開発した住宅商品であり、「新しい時代の文化と生活を創造する」というグッドデザイン賞の制定目的に合致し、その視点からも高く評価されたものと受け止めております。
今後も当社は、受賞を契機に、当社の誇る技術力・設計力・デザイン力をさらに研鑽し、より豊かで快適な暮らしを求めるお客様のご要望に応えられるよう、一層邁進して参ります。


=======================================================
2008年度 グッドデザイン賞受賞商品「光風」の概要
=======================================================

■暮らし継がれる住まい「光風」
「光風」は、当社の新ブランディング戦略にもとづく開発商品の第一弾として2008年4月に発表された本格注文住宅です。時の中で磨き上げられていく美しさと、常に家族の成長に応える快適さを備え、世代を超えて暮らし継がれる住まいです。
『世代をわたるここちよさ』をテーマに、①“多様な年齢世代”に受け入れられるデザインと性能・機能を備えていること、②“何世代”にもわたって住み継がれるための要素を兼ね備えていること、を商品コンセプトとして、創業58年来の理念と伝統に基づき、長年培ってきた独自の技術力・設計力・デザイン力を結集させた高性能・高機能住宅です。

■「光風」の開発コンセプト
《長期優良住宅の趣旨を先取りしたデザイン》
「光風」は、政府が提唱する長期優良住宅の趣旨を先取りし、世代を超えた利用に耐える強靱な構造と、美しいデザインを両立させた住宅です。そのために当社独自の壁体内換気システムや構造システムによる耐久性・安全性の面はもちろん、流行を追うのではなく、住まいの本質を極めることを考えて、飽きのこないシンプルなデザインを追及しました。また、家族構成・生活スタイルの変化に対応する間取りの可変性を有することで、何世代にも渡って住み継がれる、長寿命の住まいを目指しています。

《「和」をアクセントとしたシンプルでモダンなデザイン》
「光風」の開発にあたっては、日本人の感性にあったデザインを追及し、「和」をアクセントとすることで、日本人のだれもが親しみを感じる創り」を実現致しました。これにより、どの世代の日本人の感性にも調和し、美しさに溢れた日本の風景とも柔らかに調和する、街並への配慮を充分に行き届かせた住まいとなりました。
「光風」は、強さと美しさにこだわり、新しい「日本らしさ」を追求するエス・バイ・エルの「ジャパニーズ・モダン宣言」第一弾商品です。デザインの面にとどまらず、伝統的手法やアイテムを現代の素材や技術と融合させることにより、新しいモダンスタイルを実現しました。

《心地よい空間を目指したデザイン》
家族との時間を大切にできるよう、住まいをずっと照らしつづける太陽光を、ひとつの演出装置として考えました。大型サッシと吹き抜けによる陽だまりは、居心地が良く、家族が集うぬくもりのある空間を創造致します。
また、間仕切り収納家具、間仕切り建具で、空間の使い方に応じた変化対応を可能にし、親から子へ、子から子へと住み継いでいく中で、ずっと変わらない「ここちよさ」を作り上げています。

▽グッドデザイン賞(Gマーク)とは
「グッドデザイン賞(Gマーク)」は、1957年に通商産業省によって設立された「グッドデザイン選定制度」を継承し、1998年より財団法人日本産業デザイン振興会の主宰事業として運営される、日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨制度です。これまで50年以上にわたり、新しい時代の文化と生活を創造することを目的に「より豊かなライフスタイル」と「良いビジネス」を導く運動として展開され、のべ受賞件数は32,000以上にのぼり、今日では国内外の多くの企業や団体が参加しています。また、「グッドデザイン賞」受賞のシンボルである「Gマーク」はすぐれたデザインを示す特徴として広く一般に親しまれています。
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム >
  3. 「光 風(kofu)」2008年度グッドデザイン賞(Gマーク)受賞のお知らせ